京王杯スプリングC(G2・芝1400m)攻略【2018】

京王杯スプリングCの主な有力馬

京王杯スプリングC攻略【2018】

ウインガニオン 牡6(栗・西園)
キャンベルジュニア 牡6(栗・戸田)
グレーターロンドン 牡6(栗・池江)
サトノアレス 牡4(美・藤沢和)
ダンスディレクター 牡8(栗・笹田)

京王杯SCは安田記念の前哨戦となっていますね。
しかも、今年は産経大阪杯を勝ったスワーヴリチャードがすでに安田記念に参戦決定。
それだけに、本番の安田記念に向けてどの馬も負けられないはずです。
果たしてどの馬が勝つのか。

それでは、データを参考に京王杯スプリングCをひも解いていきましょう。

過去10年のデータ

◆人気別

1番人気 (1-0-1-8)
2番人気 (2-2-3-3)
3番人気 (1-2-1-6)
4番人気 (2-0-1-7)
5番人気 (1-2-0-7)
6番人気 (3-4-4-103)
以下

人気は正直言ってあてになっていませんね。
上位人気から下位人気いずれでも勝利があります。
ただ、上位人気の中では2番人気がまずまず安定して結果を出していますね。

◆枠順

1枠(0-1-1-15)
2枠(0-1-2-16)
3枠(1-2-1-15)
4枠(0-0-3-17)
5枠(2-1-0-17)
6枠(3-2-1-14)
7枠(4-2-2-15)
8枠(0-1-0-25)

◆馬番

1番 (0-0-1-9)
2番 (0-1-0-9)
3番 (0-1-0-9)
4番 (0-1-2-7)
5番 (1-0-1-8)
6番 (0-1-0-9)
7番 (0-0-2-8)
8番 (0-0-1-9)
9番 (1-1-1-7)
10番(2-1-0-7)
11番(2-1-0-7)
12番(2-1-0-7)
13番(0-1-2-7)
14番(0-0-0-8)
15番(2-1-0-6)
16番(0-0-0-7)
17番(0-0-0-6)
18番(0-0-0-4)

スタートすると緩やかな上り坂があって、すぐに3コーナーに到達します。
その為、ハイペースになりにくく、平均ペースもしくはスローペースになりやすいのが特徴ですね。
決め手重視の上がり勝負の競馬で、決め手のある馬が差し切るレースになりやすくなっています。あとは、内枠が有利ではありますが、外枠が極端に不利になるかというとそうではないので、外に入ったからといって極端に評価を下げる必要はあまりなさそうです。

◆所属別

美浦(5-1-5-62)
栗東(5-9-5-72)

勝ち数は五分五分ですが、連対率、複勝率で関西馬が圧倒していますね。

◆性別

牡・セ(9-9-10-121)
牝 (1-1-0-13)

牝馬の出走自体が少なく、牡馬が圧倒していますね。

◆年齢別

4歳 (2-0-3-42)
5歳 (5-3-4-30)
6歳 (1-3-3-36)
7歳上(2-4-0-26)

5歳馬が好成績となっていますね。
逆に4歳馬は古馬の壁に跳ね返されている印象でしょうか。
また、6歳以上の高齢馬は穴で積極的に狙ってみたいですね。

◆前走別

G1(4-1-3-24)
G2(1-3-2-24)
G3(3-4-2-35)
OP特別(0-1-2-38)
条件戦(2-1-1-9)

前走、高松宮記念組(レッドファルクス、トーキングドラム)が好成績となっていますね。
基本的には重賞を使ってきた馬が中心となるのですが、条件戦(トーセンデューク)を勝った昇り馬の勢いも侮れませんね。
※今週はダンスディレクター、サトノアレス、グレーターロンドンの追い切りが良かったです。

◆種牡馬別

ダイワメジャー(36-28-18-197)
ディープインパクト(23-17-20-137)
フジキセキ(10-4-10-62)
ゼンノロブロイ(9-9-8-79)
キングカメハメハ(7-14-13-91)
マツリダゴッホ(7-8-10-72)
アドマイヤムーン(7-7-12-102)
キンシャサノキセキ(7-5-13-84)
マンハッタンカフェ(6-12-3-64)
ステイゴールド(6-10-6-53)

過去5年の東京芝1400mの種牡馬成績になります。
NHKマイルC同様に、パワータイプの馬が好成績となっていますね。
やはり、ここでも狙うのはSS系×ノーザンダンサー系(ウインガニオン、サトノアレス、リライアブルエース)の血を持つ馬。
過去5年のうち3勝はこの組み合わせで、全部で9頭が馬券に絡む活躍を見せています。
ここは積極的に狙っていっても良いかもしれませんね。

◆騎手別

戸崎圭太(28-23-18-119)
ルメール(20-9-6-31)
田辺裕信(18-19-21-133)
蛯名正義(16-12-14-118)
内田博幸(14-14-16-136)
横山典弘(13-15-6-103)
吉田豊(13-13-5-133)
北村宏司(12-13-15-138)
田中勝春(12-4-10-115)
柴田善臣(11-11-11-126)

過去5年の東京芝1400mの騎手成績になります。
成績上位の戸崎騎手がブラックスピネル。
ルメール騎手がムーンクエイク。
田辺騎手がグレーターロンドン。
蛯名騎手がサトノアレスとなっていますね。
ここで注目はグレーターロンドンと田辺騎手のコンビ。
陣営としては勝って賞金を加算したかっただけに、前走の敗戦はかなり痛かったはず。
ここは鞍上ともども汚名返上といきたいところでしょう。
どんな手綱さばきを見せてくれるのか。
注目したいと思います。

まとめ

昨年はレッドファルクスが高松宮記念3着の雪辱をはたし見事勝利しましたね。
データでは前走高松宮記念を使っていた馬は
(4-1-3-23)
と、まずまずの成績。
今年はセイウンコウセイとダンスディレクターが同じローテーションとなりますが、両馬はここで結果をだすことができるのでしょうか。
また、個人的には例年と比べるとやや小粒なメンバー構成にも思えるだけに、本番の安田記念で結果をだすためには、ここでは負けられないと言ったところでしょう。
果たしてどんなレースになるのか。

ちなみに、現段階で注目しているのは人気ブログランキングです。

それでは、上記データが皆様のお役に立つことができれば幸いです。

※注目は昨年のスプリンターズS勝ち馬レッドファルクス。GI馬がどんなレースを見せてくれるのか気になるところ。さらに、高松宮記念で差のない競馬をしたトーキングドラムも侮れないでしょう。

   

 - 寝ないで考えたレース見解 , , , , ,