京都新聞杯(G2・京都芝2200m)攻略【2018】

京都新聞杯の主な有力馬

京都新聞杯攻略【2018】

グローリーヴェイズ 牡3(美・尾関)
ケイティクレバー 牡3(栗・安田翔)
ステイフーリッシュ 牡3(栗・矢作)
タニノフランケル 牡3(栗・角居)
フランツ 牡3(栗・音無)

昔からよく言われている、ダービー最終東上便、京都新聞杯。
優先出走権があるわけではありませんが、ここを勝つかもしくは2着で賞金を加算して、ダービーに出走できるだけの賞金を獲得できることからそう言われています。
ただ、近年は出走できる獲得賞金のボーダーラインが上がって来ていて、ダービー出走を確実なものにするには、勝利しかないでしょうね。
はたして、今年はどの馬がその切符を手にすることができるのか。

それでは、データを参考に京都新聞杯をひも解いていきます。

過去10年のデータ

◆人気別

1番人気 (3-2-2-3)
2番人気 (3-3-0-4)
3番人気 (3-1-0-6)
4番人気 (0-0-2-8)
5番人気 (1-0-1-8)
6番人気 (0-4-4-123)
以下

1番人気3勝2着2回3着2回とまずまず。
2、3番人気もそれぞれ3勝ずつしていて、勝つには上位人気になることが必須と言えるでしょう。
4、5番人気は不振。
6番人気は勝利こそありませんが2着4回3着4回と好配当を狙うのであれば、このあたりを馬券に絡めるのが良さそうですね。
ただし、極端な穴狙いは禁物です。

◆枠順

1枠(0-1-1-14)
2枠(4-0-2-11)
3枠(2-3-2-11)
4枠(1-2-0-16)
5枠(0-0-1-19)
6枠(2-2-3-13)
7枠(0-2-0-19)
8枠(1-0-1-20)

◆馬番

1番 (0-0-1-9)
2番 (2-1-1-6)
3番 (1-1-0-8)
4番 (1-0-1-8)
5番 (2-2-1-5)
6番 (0-0-2-8)
7番 (0-0-0-10)
8番 (1-2-0-7)
9番 (0-0-1-9)
10番(0-1-1-8)
11番(3-3-0-4)
12番(0-0-1-9)
13番(0-0-0-9)
14番(0-0-0-8)
15番(0-0-1-6)
16番(0-0-0-6)
17番(0-0-0-2)
18番(0-0-0-1)

4角と直線入り口が交差するポケットあたりからのスタートになりますね。
最初のコーナーまでが600mと非常に長く、特に枠順による有利不利はなさそうです。
しかし、成績は内枠が圧倒的に有利。12番枠以降は勝利もありませんし、外枠は圧倒的に割り引きでしょうね。
逆に、ロスなく乗れる内枠に入った馬は積極的に狙ってみても良いでしょう。

◆前走別

G1(2-1-1-7)
G2(0-0-1-8)
G3(2-1-2-7)
OP特別(0-2-1-7)
条件戦(6-6-4-57)
新馬・未勝利(0-0-1-35)

好成績なのは6勝2着6回3着4回の500万下組(アドマイヤアルバ、アルムフォルツァ、タニノフランケル、フランツ、リシュブール、レイエスプランドル、ロードアクシス)となっています。
軸にするのであれば、上記の人気馬を狙うのが良さそうですね。
また、毎日杯(シャルドネゴールド、ユーキャンスマイル)と皐月賞組(ケイティクレバー、ダブルシャープ)も押さえが必要。
逆にOP特別組(メイショウテッコン)と新馬未勝利(イペルラーニオ、インターセクション、サトノシリウス、ドラセナ)を勝った馬は割り引きが必要そうでしょうね。
※今週はインヴィクタ、ミッキースワロー、プラチナムバレットの追い切りが良かったです。

◆種牡馬別

ディープインパクト(16-12-15-68)
キングカメハメハ(7-8-6-52)
ハービンジャー(7-5-2-36)
マンハッタンカフェ(6-2-2-40)
ジャングルポケット(5-2-2-23)
ステイゴールド(4-7-7-45)
ダイワメジャー(3-0-0-15)
ハーツクライ(2-12-3-61)
Marju(2-0-0-0)
Hussonet(2-0-0-0)

過去5年の京都芝2200mの成績になります。
この条件は傾向がハッキリとしていて、長く良い脚を使える馬を狙うに間違いありません。
特に、SS系もしくはノーザンダンサー系を持っている馬は好成績となっています。
今年であれば、アドマイヤアルバ、アルムフォルツァ、イペルラーニオ、グローリーヴェイズ、ケイティクレバー、サトノシリウス、シャルドネゴールド、フランツ、リシュブール、レイエスプランドル、レノヴァールとなっています。
少し頭数は多いですが、この中から絞って軸馬を選定すると良いかもしれませんね。
個人的にはアドマイヤアルバとフランツに注目しています。

◆騎手別

ルメール(7-2-2-16)
浜中俊(6-5-9-22)
福永祐一(6-5-5-22)
武豊(6-5-4-23)
デムーロ(6-4-1-8)
岩田康誠(5-8-5-23)
川田将雅(4-6-7-28)
藤岡佑介(4-4-3-12)
和田竜二(3-6-3-38)
秋山真一(3-1-2-15)

過去5年の京都芝2200mの成績になります。
最近リズムに乗れていないですがここは好成績を収めている浜中騎手(グローリーヴェイズ)と先週菊花賞を勝って波に乗ってきそうない岩田騎手(アドマイヤアルバ)の手綱さばきに注目します。
あとはデムーロ騎手がどの馬を選ぶのかにも注目しています。

まとめ

名牝ウオッカの子供が4頭目にしていよいよ重賞に挑戦となりましたね。
現役時代ライバルだったダイワスカーレットよりもひと足早く重賞に出走するわけですが、ここで勝利することができればダービーに出走する可能性も十分にあると言えそうですね。
500万を勝ったばかりで、例年差し追い込み馬の活躍が目立つだけに、逃げ馬の同馬にとって越えるべきハードルは非常に高そうです。
ただ、それらを乗り越えたときには…。
やはり、競馬は血統の織り成すロマンと言わざるを得ないですね(笑)
果たしてどんな結末が待っているのでしょう。
週末のレースを楽しみにしていましょう。

ちなみに、現段階で注目しているのは人気ブログランキングです。

それでは、上記データが皆様のお役に立つことができれば幸いです。

   

 - 寝ないで考えたレース見解 , , , , ,