京都牝馬S(G3・京都芝1400m[外])攻略【2018】

京都牝馬Sの主な有力馬

京都牝馬S攻略【2018】

エスティタート 牝5(栗・松永幹)
ソルヴェイグ 牝5(栗・鮫島)
ミスエルテ 牝4(栗・福池江島)
ミスパンテール 牝4(栗・昆貢)
ワンスインナムーン 牝6(美・斎藤誠)

一昨年より1400mとなった京都牝馬Sですが、同じ外回りですしそこまで気にする必要はないのかなぁと個人的には思います(笑)。
今年はなかなかの好メンバーが集結。
結果次第では適性如何によっては高松宮記念に進む馬もいるでしょうし、春の大目標ヴィクトリアマイルに向かう馬もいることでしょう。
今年はどんなレースになるのか。

それでは、データを参考に京都牝馬Sをひも解いていきましょう。

過去10年のデータ

◆人気

1番人気 (4-3-1-2)
2番人気 (3-1-1-5)
3番人気 (0-0-2-8)
4番人気 (0-0-0-10)
5番人気 (1-0-2-7)
6番人気 (2-6-4-96)
以下

昨年も1番人気のレッツゴードンキが勝って7年連続で連対中です。
1番人気4勝2着3回3着1回。
2番人気も3勝していて上位人気はしています。
ただし、6番人気以下も2勝2着6回3着4回と波乱を演出。
牝馬限定戦でも、これだけ傾向がハッキリしていると予想もしやすいかもしれませんね。

◆枠順

1枠(0-0-1-14)
2枠(1-2-0-14)
3枠(3-0-2-15)
4枠(1-2-3-14)
5枠(2-2-1-15)
6枠(0-1-3-16)
7枠(3-2-0-18)
8枠(0-1-0-22)

◆馬番

1番(0-0-0-9)
2番(0-0-1-9)
3番(2-1-0-7)
4番(1-1-0-8)
5番(1-1-1-7)
6番(1-0-4-5)
7番(0-0-0-10)
8番(1-2-0-7)
9番(0-0-0-10)
10番(1-1-2-6)
11番(0-1-2-7)
12番(0-1-0-9)
13番(1-0-0-9)
14番(2-0-0-8)
15番(0-2-0-5)
16番(0-0-0-6)
17番(0-0-0-3)
18番(0-0-0-3)

マイル戦との違いはゲートの位置が1ハロン分だけ前に出ただけとなっています。
2コーナーの出口あたりからのスタート。
京都コースは向正面を登って行って、4コーナーの途中で一気に下のが特徴ですね。
この下り坂をいかに上手に下るかが肝になっています。
ただ、どの馬も勢いよく下っていくため、直線は馬群がバラけやすく、差しが決まりやすいのも特徴ですね。
上手にコーナーを回って内を狙う騎手の腕も重要になりそうです。なお、3コーナーの距離までが長く、枠順による有利不利はなさそうです。

◆所属別

美浦(2-4-3-38)
栗東(8-6-7-90)

関西馬が有利ですが割り合い敵には関東馬も頑張っています。
今年も関西馬有利には変わりありませんが関東馬の奮起に期待したいですね。

◆年齢別

4歳 (7-2-1-43)
5歳 (2-6-3-35)
6歳 (1-2-5-37)
7歳上(0-0-1-13)

4歳馬(アットザシーサイド、ナックビーナス、エテルナミノル)が圧倒的に好成績となっていますね。
5歳馬(アルビアーノ、スナッチマインド)も連対率で高い数字を残していてこの、両世代が中心になりそうですね。

◆前走別

G1(1-1-0-10)
G2(0-0-1-7)
G3(5-5-3-33)
OP特別(2-0-2-51)
条件戦(2-4-4-26)

条件戦からの参戦でも勝負にはなりそうですね。
注目は1000万下の馬。
ただ、好成績は前走愛知杯、京都金杯、ターコイズSを使ったG3組の馬となっていますね。
前走ターコイズSを勝ったミスパンテールは注目でしょう。

◆種牡馬別

ディープインパクト(14-13-7-8)
ダイワメジャー(8-10-9-58)
キングカメハメハ(7-5-3-34)
アドマイヤムーン(7-4-7-44)
マツリダゴッホ(4-2-1-13)
マンハッタンカフェ(3-6-3-26)
アドマイヤジャパン(3-1-0-12)
サクラバクシンオー(3-0-1-32)
スウェプトオーヴァーボード(3-0-1-22)
Frankel(3-0-0-1)

過去5年の京都芝1400m[外]の種牡馬成績になります。
ディープ産駒(サザナミ)はもちろんのことダイワメジャー産駒(ソルヴェイグ、ミスパンテール)、キングカメハメハ産駒(エンジェルフェイス)、アドマイヤムーン産駒(ワンスナイスムーン)も悪くはありませんね。
昨年2着のワンスナイスムーン、ソルヴェイグは狙い目十分。

◆騎手別

浜中(11-7-4-44)
武豊(10-6-4-27)
ルメール(10-3-3-18)
福永祐一(6-5-6-34)
秋山真一(5-1-4-27)
C.デムーロ(5-0-2-3)
川田将雅(4-7-9-2)
池添謙一(4-7-6-32)
和田竜二(4-6-9-42)
松山弘平(4-5-2-45)

過去5年の京都芝1400m[外]の騎手成績になります。
昨年3着だった浜中騎手(サザナミ)、武豊騎手(エスティタート)が好成績ですね。
今年に入って元気のないデムーロ騎手(ソルヴェイグ)は今週はどうでしょうか。

まとめ

まだまだ寒い時期でここを勝ってヴィクトリアマイルも勝負とは断言できませんが、ターコイズSを勝ったミスパンテールはここも勝つようであれば、完全本格化を断言できるでしょう。
昨春にはチューリップ賞でソウルスターリングの2着した馬ですし、結果次第では今後が楽しみになることは間違いありません。
ただ、流動的ではあるものの1400mに実績のあるソルヴェイグ。
引退間近の福島調教師が送るダイアナヘイロー。
香港帰りのワンスナイスムーン。
果たしてどの馬が勝つのか。

ちなみに、現段階で注目しているのは人気ブログランキングです。

それでは、上記データが皆様のお役に立つことができれば幸いです。

   

 - 寝ないで考えたレース見解 , , , , ,