京都記念(G2・京都芝2200m)攻略【2018】

京都記念の主な有力馬

京都新聞杯攻略【2018】

アルアイン 牡4(栗・池江)
クリンチャー 牡4(栗・宮本)
クロコスミア 牝5(栗・西浦)
モズカッチャン 牝4・(栗・鮫島)
レイデオロ 牡4(美・藤沢和)

天皇賞春へと続く、古馬重賞戦線。
今週の京都記念には昨年のダービー馬レイデオロが出走を予定しています。
さらには昨年の皐月賞馬アルアイン、エリザベス女王杯馬モズカッチャン。
昨年牡牝のクラシック戦線で活躍した馬が出走を予定しています。
頭数は少ないですが、なかなか面白いレースになりそうですね。
果てしてどんなレースになるのか。

それでは、データを参考に京都記念をひも解いていきます。

過去10年のデータ

◆人気別

1番人気 (3-2-1-4)
2番人気 (0-1-4-5)
3番人気 (3-3-1-3)
4番人気 (0-2-2-6)
5番人気 (1-2-0-7)
6番人気 (3-0-2-66)
以下

今年は昨年クラシックで活躍した実績馬が多数出走を予定していて好メンバーが揃いましたね。
この時期で頭数が揃うこともあまりなく、過去10年で二桁人気の馬が激走したのはたった1頭だけ。
2番人気が2着1回3着4回だけと不振ですが、それ以外の上位人気馬は安定して結果を出しています。
仮に穴で狙うのであれば3勝している6番人気の馬ですかね。
ここは素直に人気馬からの馬券が賢明かもしれません。

◆年齢別

4歳 (4-3-2-24)
5歳 (5-1-6-20)
6歳 (1-5-1-24)
7歳上(0-1-1-23)

4歳馬(アルアイン、クリンチャー、ディアドラ、モズカッチャン、レイデオロ)と5歳馬(クロスコミア、モズカッチャン)が非常に強いレースとなっていますね。
メンバーを見ても今年もこの両世代の争いになるでしょうね。

◆所属別

美浦(2-2-0-21)
栗東(8-8-10-70)

関西馬が優勢ですが、出走馬の少ない関東馬も結果は出しています。
今年はレイデオロが関東馬の意地を見せてくれるのではないでしょうか。

◆枠順

1枠(0-2-0-9)
2枠(1-0-1-10)
3枠(1-0-1-10)
4枠(1-2-2-9)
5枠(1-1-1-12)
6枠(3-0-0-15)
7枠(0-4-1-14)
8枠(3-1-4-12)

◆馬番

1番 (0-2-0-8)
2番 (1-0-1-8)
3番 (1-0-1-8)
4番 (0-1-1-8)
5番 (0-1-0-9)
6番 (2-1-0-6)
7番 (1-0-1-8)
8番 (0-0-1-9)
9番 (1-1-2-6)
10番(1-1-1-6)
11番(2-1-0-5)
12番(0-1-2-3)
13番(1-0-0-3)
14番(0-1-0-1)
15番(0-0-0-2)
16番(0-0-0-1)

4角と直線入り口が交差するポケットあたりからのスタートになりますね。
最初のコーナーまでが600mと非常に長く、特に枠順による有利不利はなさそうです。
しかし、成績は内枠が圧倒的に有利。
いかにロスなく乗れるかがカギとなりそうですね。
ただ、今今年も頭数が少なく、そこまで気にすることもなさそうです。

◆性別

牡・セン(9-7-10-77)
牝馬  (1-3-0-14)

牡馬有利も昨年はスマートレイアーが好走しました。
今年は牝馬の出走が多く、実績面からもかなり期待できるのではないでしょうか。
斤量の恩恵もありますし、食い込みはたまた逆転があってもおかしくはないでしょうね。

◆前走別

G1(5-4-1-6)
G2(0-1-2-38)
G3(3-3-1-18)
OP特別(0-1-0-11)
条件戦(0-0-0-7)
海外(2-1-1-0)

出走メンバーの大半が前走G1出走組。
ここは完全に実績重視となるでしょうね。
※今週はレイドロ、クロスコミア、ディアドラの追い切りが良かったです。

◆種牡馬別

ディープインパクト(16-12-15-68)
キングカメハメハ(7-8-6-52)
ハービンジャー(7-5-2-36)
マンハッタンカフェ(6-2-2-40)
ジャングルポケット(5-2-2-23)
ステイゴールド(4-7-7-45)
ダイワメジャー(3-0-0-15)
ハーツクライ(2-12-3-61)
Marju(2-0-0-0)
Hussonet(2-0-0-0)

過去5年の京都芝2200mの成績になります。
注目は昨秋の京都で大活躍したハービンジャー産駒のディアドラとモズカッチャンの2頭。
キンカメ×SS系の組み合わせで結果の出ているレイデオロも心配はないでしょう。
逆に、ディープ産駒(アルアイン)がこのレースに限っては、あまり勝ち切れていない印象があります。
果たして…。

◆騎手別

ルメール(7-2-2-16)
浜中俊(6-5-9-22)
福永祐一(6-5-5-22)
武豊(6-5-4-23)
デムーロ(6-4-1-8)
岩田康誠(5-8-5-23)
川田将雅(4-6-7-28)
藤岡佑介(4-4-3-12)
和田竜二(3-6-3-38)
秋山真一(3-1-2-15)

過去5年の京都芝2200mの成績になります。
今回から手綱を取るアルアインの川田騎手がどんな手綱さばきを見せてくれるのか。
レイデオロのバルジュー騎手は実績も十分ですし心配はないでしょうね。
あとは岩田騎手(クロスコミア)の得意のイン差しがはまるかどうか。
注目です。

まとめ

本来であればここでレイデオロの手綱を取るはずだったルメール騎手は騎乗停止中。
昨年末の騎乗停止から短期間で2度目ということでもう少し気を締めてもらいたいものですね。
その際のパトロールビデオを見ると、ルメール騎手の腕であれば、簡単に御すことができそうに見えたのですが…。
なお今回手綱を取るバルジュー騎手は日本での実績もさることながら、15年と16年に日本への移籍を目指してJRAの騎手試験も受けていました。
代打騎乗にはなりますが、ぜひとも結果を出したいところでしょうね。
少し話しは逸れましたが、なんにせよ昨年のダービー馬の始動戦。
どんなレースを見せてくれるのか、楽しみにしましょうね。

ちなみに、現段階で注目しているのは人気ブログランキングです。

それでは、上記データが皆様のお役に立つことができれば幸いです。

   

 - 寝ないで考えたレース見解 , , , , ,