共同通信杯(G3・東京芝1800m)攻略【2018】

共同通信杯の主な有力馬

共同通信杯攻略【2018】

オウケンムーン  牡3(美・国枝)
グレイル  牡3(栗・野中)
ゴーフォザサミット 牡3(美・藤沢和)
サトノソルタス 牡3(美・堀)
ステイフーリッシュ 牡3(栗・矢作)

先週のきさらぎ賞に続き、今週は東京で共同通信杯が行われますね。
クラシックの登竜門。
強いてはこのレースに好走することはダービーへの近道でもあります。
このレースの過去の勝ち馬・好走馬はダービー馬になった馬やダービーで好走している馬が多数います。
だからこそ、このレースに出走することがダービーロードへの第一歩とも言えるはずです。
今年はどんなレースになるのでしょうか。

それでは、データを参考に共同通信杯をひも解いていきましょう。

過去10年のデータ

◆人気

1番人気 (2-2-2-4)
2番人気 (2-3-1-4)
3番人気 (3-1-2-4)
4番人気 (1-0-1-8)
5番人気 (0-2-1-7)
6番人気 (2-2-3-58)

以下

1番人気は2勝2着2回3着2回とこの数字をどう見るかは判断が分かれるところですね。
ただ、2番人気2勝2着3回3着1回、3番人気3勝2着1回3着2回と上位3頭が非常に高い数字となっています。
6番人気以下も2勝2着2回となっていますが7番人気以下で馬券になったのは3頭だけ。
上位人気の手堅い馬券で狙うのが良さそうですね。

◆所属別

美浦(6-5-5-60)
栗東(4-5-5-32)
地方(0-0-0-3)

数字的にはほぼ互角ですが割り合い敵には関西馬が上回っていますね。
今年の1番人気は関西馬のグレイルになりそう。
関東馬はゴーフォザサミットがどこまでやれるでしょうか。

◆枠番別

1枠(2-1-0-8)
2枠(1-3-0-8)
3枠(2-1-1-9)
4枠(1-0-4-10)
5枠(2-1-1-12)
6枠(1-1-1-15)
7枠(1-2-2-15)
8枠(0-1-1-18)

◆馬番別

1番 (2-1-0-7)
2番 (1-2-0-7)
3番 (1-2-0-7)
4番 (1-0-2-7)
5番 (1-0-3-6)
6番 (1-1-1-7)
7番 (1-1-0-8)
8番 (1-2-1-6)
9番 (0-1-1-8)
10番(0-0-1-9)
11番(1-0-0-7)
12番(0-0-0-6)
13番(0-0-1-4)
14番(0-0-0-3)
15番(0-0-0-2)
16番(0-0-0-1)

1、2コーナーのポケットからのスタートになります。
その為、向正面に向かって斜めに走っていくことになるので、他頭数の場合外枠が圧倒的に不利になります。
基本真ん中から内枠が好成績。
約530mの長い直線とラスト2Fにある急坂もあって、基本的には差し・追い込み馬が圧倒的に有利なのは間違いありません。
また、ある程度前につけた場合でも、最後まで長く良い脚が使える馬であれば、決して侮れないでしょう。
紛れのない力のある馬が試されるレースとなっていますね。
だからこそ、クラシックにも直結しやすいのだと思います。

◆前走別

G1(1-2-0-4)
G2(1-0-0-4)
G3(3-3-5-23)
OP特別(3-3-2-10)
条件戦(1-2-3-30)
未勝利(0-0-0-13)
新馬(1-0-0-4)

前走G3を使ってきた馬が好成績となっていますね。
OP特別も結果は出ていますが、昨年からホープフルSがG1に変わっていますのでそのあたりがどう変わってくるのか。
また、新馬・未勝利を勝ったばかりのキャリアの少ない馬は割り引きが必要ですね。
※今週はグレイル、ステイフーリッシュ、カフジバンガードの追い切りが良かったです。

◆種牡馬別

ディープインパクト(55-41-48-249)
ハーツクライ(20-24-15-168)
キングカメハメハ(19-14-15-133)
ステイゴールド(18-14-20-217)
マンハッタンカフェ(15-9-7-105)
ハービンジャー(11-7-9-83)
ダイワメジャー(10-14-4-93)
ゼンノロブロイ(9-9-9-99)
ジャングルポケット(8-8-6-72)
フジキセキ(8-2-3-30)

過去5年の東京芝1800mの成績になります。
SS系が5年連続で勝利していますね。
組み合わせとしてはこれといった絶対的な組み合わせはありませんがノーザンダンサー系との相性が良さそう。
特にスタミナが豊富なブラゾンダムールやヴァイスリージェントの血があるフィニフティがおもしろそうですね。

◆騎手別

戸崎圭太(29-22-25-111)
北村宏司(24-16-15-119)
蛯名正義(21-13-19-102)
横山典弘(18-13-7-90)
ルメール(13-13-13-28)
田辺裕信(12-16-11-122)
内田博幸(12-13-14-141)
デムーロ(12-9-3-22)
福永祐一(11-8-5-45)
柴田大知(9-16-21-153)

過去5年の東京芝1800mの成績になります。
成績上位の武豊(グレイル)はもちろんですが、中谷騎手に注目しています。
今年プチブレイクしているフルキチ騎手こと古川騎手同様に、常にリーディング上位を争うような騎手ではありませんが、個人的には技術に関しては全く問題なし。
むしろ上手いと思っています。
中谷騎手にはもっと頑張ってもらいたいものです。
また、横山典弘騎手と松永調教師の競馬学校同期コンビに期待します(笑)。

まとめ

今年の牡馬戦線は非常にレベル高いと言われていますね。
2歳王者ダノンプレミアムにタイムフライヤー。
デイリー杯2歳Sジャンダルムに京王杯2歳Sタワーオブロンドン、京都2歳Sグレイルと、
昨年重賞を勝ったメンバーはG1でも好走している馬が多く、今年のクラシック路線での活躍がかなり期待できるでしょう。
ただ、先週のきさらぎ賞は新馬戦を勝ったばかりのサトノフェイバーが勝利。
今週の共同通信杯も結果次第では新たなスター候補が誕生しそう気もします。
個人的には、昨年末のホープフルSを勝ったタイムフライヤーを子供扱いしているグレイルがここでどんなレースを見せてくれるのか。
非常に注目の一戦になりそうですね。
期待してレースを待ちましょう。

ちなみに、現段階で注目しているのは人気ブログランキングです。

それでは、上記データが皆様のお役に立つことができれば幸いです。

   

 - 寝ないで考えたレース見解 , , , , ,