函館SS(G3・函館芝1200m)攻略【2018】

函館SSの主な有力馬

函館SS攻略【2018】

キングハート 牡6(美・星野)
セイウンコウセイ  牡6(美・尾関)
ダイアナヘイロー 牝5(栗・大根田)
ナックビーナス 牝5(美・杉浦)
ワンスインナムーン 牝5(栗美・斎藤誠)

いよいよ北海道シリーズも始まって2歳戦も本格化してきますね。
今週は函館開催がスタートとなり、サマースプリントシリーズの第一戦でもある函館SSが行われます。
夏のスプリント王になるためにもここは何としても勝っておきたいところ。
そしてその先には、秋のG1スプリンターズSへと続いていくことになるはずです。
各陣営の様々な思惑が入り混じる函館SS。
今年はどんなレースになるのか。

それでは、データを参考に函館SSをひも解いていきましょう。

◆過去10年のデータ

1番人気 (2-2-0-6)
2番人気 (2-1-1-6)
3番人気 (2-1-1-6)
4番人気 (1-1-3-5)
5番人気 (0-2-1-7)
6番人気 (3-3-4-85)
以下

昨年はセイウンコウセイが1番人気で4着に敗れているように過去10年で勝ったのは2頭だけ。
あのロードカナロアも2着に敗れているんですね。
ただし、1、2、3番人気で6勝。
人気馬はまずまず好走していますね。
また6番人気以下が3勝2着3回3着4回と波乱を演出しています。
どの馬を軸にするのかハッキリと見定めて、上手く伏兵馬を絡ませる馬券が良さそうですね。

◆枠番別

1枠(2-2-3-8)
2枠(2-2-0-12)
3枠(2-3-1-11)
4枠(0-0-2-16)
5枠(1-0-0-18)
6枠(1-1-1-17)
7枠(1-1-1-17)
8枠(1-1-2-16)

◆馬番別

1番 (1-2-3-4)
2番 (3-0-0-7)
3番 (1-3-0-6)
4番 (0-1-1-8)
5番 (0-1-1-8)
6番 (1-0-0-9)
7番 (0-0-0-10)
8番 (1-0-1-8)
9番 (1-0-1-8)
10番(0-1-1-8)
11番(0-0-0-10)
12番(0-0-0-9)
13番(0-1-1-6)
14番(1-0-0-6)
15番(0-0-0-6)
16番(1-1-1-2)

夏の北海道シリーズの特徴と言えば洋芝ですね。パワーを要するため、時計がかかりやすくなっている点に注目です。
ただし、ここ最近は馬場の改良もあって、パワーだけでなくスピード競馬にも対応できる必要があるでしょう。
さらには、この函館競馬場は、直線が260mと日本一短いことでも有名です。
平坦小回りコースということもあって、勝負の行方は枠順と位置取りに大きく左右される点に注目です。
ロスの少ない内枠が圧倒的に有利となっていますね。
逆に、外枠や極端な追い込み馬は割り引きが必要でしょう。

◆年齢別

3歳 (2-3-2-18)
4歳 (2-3-3-9)
5歳 (3-1-2-34)
6歳 (2-3-3-26)
7歳上(1-1-0-28)

どの世代からも勝ち馬は出ていますが、特に斤量の軽い3歳馬(今年はゼロ)と4歳馬(ジューヌエコール)が好成績となっていますね。
ジューヌエコールはひとつ年を取ってどうでしょうか。
昨年は9歳馬のエポワスが3着に好走。
今年も出走を予定していますが10歳となりどこまでやれるのでしょうか。
ただし、年齢はあまり気にしなくてもいいのかもしれませんね。

◆性別

牡・セ(5-8-5-83)
牝馬 (5-2-5-32)

昨年もジューヌエコールが勝利していますが牝馬の好走が目立っていますね。
今年も、ジューヌエコール、タマモブリリアン、ダイアナヘイロー、ナックビーナス、ライトフェアリー、ワンスインナムーンが出走を予定していますが、ダイアナ、ナック、ワンスは上位人気に押されそうで、牝馬でワンツースリーの可能性も十分にありえるでしょう。
結果は果たして…。

◆所属別

美浦(2-3-7-44)  
栗東(8-7-3-70)

関西馬が優勢となっていますね。
ただし、昨年は2着から5着までが関東馬。
今年は関東馬が半数を締めていますし、軽視は禁物でしょうね。

◆前走別

G1(4-4-4-27)
G2(2-0-1-6)
G3(2-1-2-17)
OP特別(1-4-2-57)
条件戦(1-1-1-6)

様々なローテーションから好走馬が出ていますが高松宮記念に注目。
最先着のナックビーナスはもちろんのこと、キングハート、ジューヌエコール、ダイアナヘイローの巻き返しにも期待ですね。
また、前走好走していたティーハーフ、ノットフォーマルにも注目します。
※ナックビーナス、キングハート、ライトフェアリーの追い切りが良かったです。

◆種牡馬別

ダイワメジャー(13-11-18-103)
ヨハネスブルグ(11-5-4-29)
アドマイヤコジーン(8-2-0-27)
ディープインパクト(7-9-5-56)
タイキシャトル(7-6-9-59)
マンハッタンカフェ(7-4-3-48)
デュランダル(7-3-3-34)
キンシャサノキセキ(6-10-4-38)
アドマイヤムーン(6-10-3-7)
フジキセキ(6-3-7-33)

過去5年の函館芝1200mの種牡馬成績になります。
ノーザンダンサー系のパワーとナスルーラ系のスピードのいずれかを持っている馬(アドマイヤゴッド、ジューヌエコール、エポワス、ダイアナヘイロー、タマモブリリアン、ティーハーフ、ノボバカラ、ラインスピリット)が好成績となっていますね。
ただ、ナスルーラ系を持っているセイウンコウセイは昨年がいまいちだっただけに、適性面で疑問が残ると言わざるを得ないでしょうね。
果たして…。

◆騎手別

岩田康誠(20-23-21-74)
三浦皇成(16-18-15-72)
吉田隼人(15-10-11-112)
丸山元気(12-5-13-84)
勝浦正樹(11-20-17-99)
丹内祐次(10-14-9-81)
四位洋文(10-9-3-66)
柴山雄一(8-12-6-84)
池添謙一(8-9-7-38)
古川吉洋(7-8-1-87)

過去5年の函館芝1200mの騎手成績になります。
今年好調の岩田騎手(アドマイヤゴッド)。
昨年復帰した三浦皇成騎手(ナックビーナス)。
上位2人の手綱さばきに注目したいですね。
また、蛯名騎手(エポワス)と武豊騎手(ダイアナヘイロー)の同期対決にも注目しましょう。

◆まとめ 

昨年は高松宮記念を勝った1番人気のセイウンコウセイがまさかの敗戦。
今年もメンバーを見てもわかるとおり、なかなかの混戦模様となっていますね。
ただ、近年好走を見せている3歳馬が1頭もいない点に注目します。
斤量面で恩恵があり、それが波乱を演出する要因にもなっていただけに、あまり大きくない斤量差の中でどういったレース展開になるのか。
各ジョッキーの出方次第でレース展開が大きく変わってきそうですね。
そういった
ジョッキー心理を解いていくのも、このレース的中への鍵となるのかもしれません。
結果はいかに。日曜日を楽しみに待ちましょう。

それでは、上記データが皆様のお役に立つことができれば幸いです。

   

 - 寝ないで考えたレース見解 , , , , ,