北九州記念(G3・小倉芝1200m)攻略【2018】

北九州記念の主な有力馬

北九州記念攻略【2018】

アサクサゲンキ  牡3(栗・音無)
ゴールドクイーン 牝3(栗・坂口正)
ダイアナヘイロー 牝5(栗・福島)
ダイメイプリンセス 牝5(栗・森田)
ラブカンプー 牝3(栗・森田)

サマースプリントシリーズの4戦目となる北九州記念。
ダイメイプリンセス11P。
アレスバレーズ10P。
ナガラフラワーとラブカンプー5P。
セカンドテーブルとナインテイルズ4P。
とここはCBC賞組とアイビスSD組の争いとなっていますね。
結果次第ではサマースプリントチャンピオンに近づくことは間違いありません。
はたして、どんなレースになるのか。

それでは、データを参考に北九州記念をひも解いていきましょう。

過去10年のデータ

◆人気別

1番人気 (1-2-2-5)
2番人気 (1-2-1-6)
3番人気 (1-2-1-6)
4番人気 (0-0-2-8)
5番人気 (1-1-0-8)
6番人気 (6-3-4-104 1)
以下

1番人気9連敗中と不振ですね。
夏競馬らしく波乱含みの一戦となっていて、昨年も3番人気→14番人気→15番人気の組み合わせで3連単は100万馬券。
6番人気以下が6勝2着3回3着4回と大波乱を演出しています。
今年はどういった結果となるのか。
難しい一戦になりそうですね。

◆枠番別

1枠(1-0-0-17)
2枠(3-0-1-15)
3枠(0-2-2-15)
4枠(1-4-1-14)
5枠(2-0-0-18)
6枠(1-1-2-16)
7枠(0-2-1-22)
8枠(2-1-3-20)

◆馬番別

1番 (1-0-0-9)
2番 (0-0-0-10)
3番 (1-0-0-9)
4番 (2-0-1-7)
5番 (0-2-0-8)
6番 (0-1-2-7)
7番 (1-1-1-7)
8番 (0-2-1-7)
9番 (3-0-0-7)
10番(0-0-0-9)
11番(0-0-1-9)
12番(0-1-0-9)
13番(0-2-1-7)
14番(0-0-1-8)
15番(1-0-0-8)
16番(1-0-0-7)
17番(0-0-0-6)
18番(0-1-2-3)

コースの最も高い位置からスタートして、下って行く形。
テンから激しいレースになりやすく、さらには3、4コーナーがスパイラルカーブで下り坂になっているため、スピードに乗りやすいコース形態となっているのが特徴ですね。
その為、スピードに乗った逃げ先行馬が有利になりますが、馬場が荒れたときには先行馬総崩れになる事も多々あります。
また、ロスの少ない真ん中から内の枠が好成績となっていますね。

◆年齢別

3歳 (0-2-1-15)
4歳 (4-5-4-19)
5歳 (3-3-2-41)
6歳 (2-0-2-36)
7歳上(1-0-1-26)

4歳馬が好成績となっていますが今年は出走がゼロ。
5歳馬(ダイアナヘイロー、ダイメイプリンセス)が3勝していて、今年はここが中心になるでしょう。
3歳馬(アサクサゲンキ、アンヴァル、ゴールドクイーン)は2着までとなっていますね。
逆に、6歳以上の高齢馬のデータは数字ほど過度の期待は禁物です。

◆性別

牡・セ(4-5-5-82)
牝馬 (6-5-5-55)

ベルカント、メリッサ、スリープレスナイトと牝馬の好走馬が多いのが特徴となっていますね。
今年もアンヴァル、ゴールドクイーン、ダイアナヘイロー、ダイメイプリンセス、ラブカンプーと快速牝馬が集結。
どんな走りを見せてくれるのか楽しみですね。

◆所属別

美浦(1-0-0-8)
栗東(9-10-10-129)

関西馬が断然の成績となっていますね。
16年にバクシンテイオーが勝っていますが、関西馬中心のレースで間違いなさそうです。

◆斤量別

50キロ以下(0-1-0-16)
51キロ  (0-0-1-8)
52キロ  (2-3-1-14)
53キロ  (2-2-2-27)
54キロ  (2-1-2-26)
55キロ  (3-2-0-16)
55.5キロ (0-0-1-0)
56キロ  (1-1-3-18)
56.5キロ (0-0-0-1)
57キロ以上(0-0-0-11)

52キロから55キロの馬(アクティブミノル、アサクサゲンキ、グレイトチャーター、ダイメイプリンセス、ツィンクルソード、ナインテイルズ、ナガラフラワー、ナリタスターワン、フミノムーン)が好成績となっていますね。

◆前走別

G1(0-0-1-5)
G2(0-0-0-2)
G3(4-2-6-78)
OP特別(4-1-1-27)
条件戦(2-7-2-25)

アイビスSD(アクティブミノル、ダイメイプリンセス、ナインテイルズ、ラブカンプー)組とOP特別(アンヴァル、ゴールドクイーン、ツィンクルソード、フミノムーン)、条件戦組が好成績となっていますね。
夏競馬ですから実績よりも調子や勢いを重視するのが良いでしょう。
※ナガラフラワー、ダイメイプリンセス、ナインテイルズの追い切りが良かったです。

◆種牡馬別

ダイワメジャー(19-26-21-188)
アドマイヤムーン(18-14-10-117)
サクラバクシンオー(18-14-6-113)
ヨハネスブルグ(13-5-9-79)
ディープインパクト(11-15-6-122)
マツリダゴッホ(10-6-6-67)
ゼンノロブロイ(9-3-2-75)
タイキシャトル(8-11-17-87)
キンシャサノキセキ(8-10-9-89)

過去5年の小倉芝1200mの種牡馬成績になります。
その年の芝の傾向によっても好走する種牡馬の傾向がまちまちですが、サクラバクシンオー産駒(グレイトチャーター、トウショウピスト)の相性が良いですね。
同馬の産駒であるショウナンカンプを父に持つナリタスターワン、ラブカンプーにとってはプラス材料になりそうですね。
あとは、アレスバローズ、カネトシブレス、ゴールドクイーンのナスルーラ系は見逃せませんね。

◆騎手別

幸英明(23-22-21-160)
松山弘平(23-18-19-196)
藤岡康太(21-9-7-116)
浜中俊(20-23-12-80)
和田竜二(16-17-8-113)
武豊(16-16-7-50)
川田将雅(14-16-9-66)
北村友一(13-20-22-155)
小牧太(12-10-12-82)

過去5年の小倉芝1200mの騎手成績になります。
先週土日で5勝と固め打ちした幸騎手(ナイルテイルズ)がトップで和田騎手(ラブカンプー)がランクインしています。
武豊騎手(ダイアナヘイロー)もランクインしていますが、先週は英で行われたシャーガーカップに参加してその際に左手首を負傷。
最近の騎乗を見ていても「流れが良くないのかな」とも思えるのでここでは強くは推せませんね(笑)。

まとめ

毎年毎年難しいレースになるのですが、ただ小倉と相性の良い血統の馬が好走しているイメージがありますね。
ただ、気づいても買えないんですよね。
昨年の2、3着馬は上記種牡馬別でもご紹介していたサクラバクシンオーとナスルーラ系の血を持つ馬。
だって、14番人気と15番人気の馬ですよ。
そんな馬が来るなんてふつうは思えませんよね。
やっぱ買うには勇気がいります。
ただし、データは嘘をつきません(笑)。
今年も大万馬券になるのか。

ちなみに、現段階で注目しているのは人気ブログランキングです。

それでは、上記データが皆様のお役に立つことができれば幸いです。

   

 - 寝ないで考えたレース見解 , , , , ,