天皇賞春(G1・京都芝3200m)攻略【2018】

天皇賞春の主な有力馬

天皇賞春攻略【2018】

アルバート 牡7(美・堀)
ガンコ 牡5(栗・松元茂)
クリンチャー 牡4(栗・宮本)
シュヴァルグラン 牡5(栗・友道)
レインボーライン 牡5(栗・浅見)

昨年の天皇賞春はキタサンブラックが人気に応えて見事勝利を飾りました。
ただ、今年のメンバーを見渡すと昨年に比べるとやや物足りない印象は否めませんね。
伝統の長距離G1ではありますが、今年は春の最大目標を産経大阪杯に置いている馬、さらには香港や安田記念に行く馬がいることもあって、こういった状況となってしまったのでしょうね。
それでも天皇賞の栄誉を手にすることが名誉なことにかわりはありません。
スタミナ自慢の馬たちが淀の3200mで勝利を目指します。
果たして今年はどの馬が盾を勝ち取ることができるのか。

それでは、データを参考に天皇賞春をひも解いていきましょう。

過去10年のデータ

◆人気別

1番人気 (1-0-1-8)
2番人気 (4-1-2-3)
3番人気 (1-4-1-4)
4番人気 (1-3-0-6)
5番人気 (0-0-2-8)
6番人気 (3-2-4-115)
以下

なんと1番人気で勝ったのは昨年のキタサンブラックだけ。
ただし、2番人気が4勝2着1回3着2回。
3番人気が1勝2着4回と好成績となっているのは対照的ですね。
さらには、2桁人気馬6頭が馬券圏内に好走していて波乱を演出しています。
今年のメンバーからも難解な一戦になりそうと言えそうですね。

◆枠番別

1枠(5-1-1-12)
2枠(1-2-2-14)
3枠(1-1-1-17)
4枠(1-0-1-18)
5枠(0-1-0-19)
6枠(1-1-2-16)
7枠(0-2-1-24)
8枠(1-2-2-24)

◆馬番別

1番 (3-1-0-6)
2番 (2-0-1-7)
3番 (1-1-1-7)
4番 (0-1-1-8)
5番 (0-0-0-10)
6番 (1-1-1-7)
7番 (1-0-0-9)
8番 (0-1-1-8)
9番 (0-0-0-10)
10番(0-0-0-10)
11番(0-0-1-9)
12番(1-1-1-7)
13番(0-0-2-8)
14番(1-1-0-8)
15番(0-1-1-7)
16番(0-2-0-7)
17番(0-0-0-9)
18番(0-0-0-7)

3200mの長距離レースで枠順による有利不利はないでしょうね。
ただ、データでは内枠から真ん中の枠が好成績。
外枠は不振となっています。
そして、やはりキモとなるのは2度下る3、4コーナーの中間にある淀の坂。
ここをいかにスタミナをロスせずに上手に下ることかができるかが重要でしょう。
それだけに、騎手の腕がものをいうところ。
デムーロ騎手、ルメール騎手、岩田騎手、福永騎手ら名手の手綱捌きにも注目でしょう。

◆年齢別

4歳 (3-1-5-35)
5歳 (4-5-1-39)
6歳 (3-2-2-26)
7歳上(0-2-2-44)

各世代から勝ち馬が出ていますが、中でも5歳馬が4勝2着5回3着1回と好成績になっていますね。

7歳以上の高齢馬は勝ち馬が出ておらず割り引きが必要でしょうね。

◆所属別

美浦(4-2-1-36)
栗東(6-8-8-105)

関西馬が優勢ですが、勝率は関東馬が上回っていますね。
ただし、馬券の中心は関西馬で間違いはないでしょう。
関東馬のアルバートはどこまで上位に食い込めるでしょうか。

◆前走別

G1(1-0-0-1)
G2(9-9-8-105)
G3(0-1-0-15)
OP特別(0-0-1-15)
条件戦(0-0-0-5)
海外(0-0-1-3)

阪神大賞典(アルバート、カレンミロティック、クリンチャー、サトノクロニクル、シホウ、チェスナットコート、トミケンスラーヴァ、レインボーライン)、日経賞(ガンコ、ソールインパクト、トーセンバジル)が中心になるでしょう。
今年の出走馬は上記のいずれかがほとんどで、別路線となる産経大阪杯を使ったシュヴァルグランとスマートレイアーがどこまでやれるかといったところでしょうか
※今週はアルバート、カレンミロティック、レインボーラインの追い切りが良かったです。

◆種牡馬別

ステイゴールド(3-0-1-12)
ブラックタイド(2-0-0-0)
ジャングルポケット(1-1-0-6)
チーフベアハート(1-1-0-2)
マンハッタンカフェ(1-0-1-4)
ミスキャスト(1-0-0-1)
フレンチデピュティ(1-0-0-1)
ハーツクライ(0-4-3-9)
ディープインパクト(0-1-1-11)
アドマイヤベガ(0-1-0-1)

過去5年の京都芝3200mの成績になります。
レース施行数自体がこの天皇賞春だけですので、参考程度に参照いただければと思います。
過去5年で3勝のステイゴールド産駒レインボーラインと長距離実績抜群のハーツ産駒のシュヴァルグランに注目しています。

◆騎手別

武豊(2-2-1-4)
蛯名正義(2-1-1-3)
岩田康誠(1-1-0-7)
松岡正海(1-1-0-3)
横山典弘(1-0-0-5)
藤田伸二(1-0-0-5)
石橋脩(1-0-0-1)
福永祐一(0-1-1-6)
池添謙一(0-1-1-4)
内田博幸(0-1-0-5)

過去5年の京都芝3200mの成績になります。
レース施行数自体がこの天皇賞春だけですので、参考程度に参照いただければと思います。
クリンチャーに騎乗予定だった武豊騎手は本当に残念です。
代打となる三浦皇成騎手にはぜひとも頑張ってもらいたいのですが…。
先週好調だった岩田騎手(レインボーライン)とルメール騎手、デムーロ騎手、ボウマン騎手の外国人騎手に注目です。

まとめ

先日もひそかに話題になっていたオジュウチョウサンが天皇賞春に参戦すれば勝ち負けは可能かという話題(笑)。
僕個人としては今年のメンバーであれば、可能だったんじゃないかと思っています。
根拠としては、中山大障害と中山グランドジャンプで見せてくれた最後の直線の走りです。
正直言って、3、4000mの障害レースを走ってきた馬の動きではないですね。
正直、今の充実ぶりであれば平地のレースでも十分通じるではないかというスピードを見せていました。
この馬のチーターのような走りは障害というよりもむしろ平地でこそと思わせるだけのものが十分にあります。
ちなみに、過去障害で活躍した馬が平地G1を走った馬でポレールがいますね。
やはりスタミナ自慢の馬でしたので斤量等を考え、平地のG1天皇賞春を使ったものと思われます。
競馬にタラレバは禁物ですが、もしも今年の天皇賞春オジュウチョウサンが出ていたらどんなレースを見せてくれたでしょうかね。

ちなみに、現段階で注目しているのは人気ブログランキングです。

それでは、上記データが皆様のお役に立つことができれば幸いです。

      2018/05/02

 - 寝ないで考えたレース見解 , , , , ,