安田記念(G1・東京芝1600m)攻略【2017】

安田記念の主な有力馬

安田記念攻略(2017)

エアスピネル 牡5(栗・笹田)
ステファノス 牡4(栗・藤原)
イスラボニータ 牡5(美・栗田)
レッドファルクス 牡5(美・尾関)
アンビシャス 牡4(栗・音無)

ダービーは終わってしまいましたが、競馬はまだまだ続きますね。
今週は春のマイル王決定戦安田記念が行われます。
今年は混戦混戦と言い続けてきましたが、こうして見るとなかなかのメンバーがそろったと言えそうですね。
しかも、日本馬に加えて、香港のチャンピオンズマイル1、2着馬が揃って参戦。
春の最強マイラーを決めるに相応しいメンバーが揃ったと言えそうです。
果たしてどの馬がナンバーワンマイラーの称号を手にするのか。

それでは、データを参考に安田記念をひも解いていきます。

過去10年のデータ

◆人気

1番人気 (4-1-0-5)
2番人気 (3-1-0-6)
3番人気 (0-3-1-6)
4番人気 (0-0-0-10)
5番人気 (0-2-1-7)
6番人気 (3-3-8-108)
以下

1番人気4勝、2番人気3勝と上位陣はなかなかの好成績となっていますね。
ただ、6番人気以下も3勝2着3勝3着8回でしかも、二桁人気6頭も馬券になっている波乱含みの一戦となっているのも特徴です。
あとは、4番人気が全く馬券になっていない点も。
さて、今年も大混戦が予想されますが、どのような結果になるのか全く想像がつきません。

◆年齢別

3歳 (1-0-0-2)
4歳 (2-2-1-28)
5歳 (3-4-3-46)
6歳 (4-2-5-37)
7歳上(0-2-1-29)

数字的には5歳(アンビシャス、グレーターロンドン、ヤングマンパワー、ロジチャリス)、6歳(イスラボニータ、エアスピネル、サトノアラジン、ステファノス、レッドファルカス)が好成績。
ただ、割合的には4歳馬(エアスピネル、デンコウアンジュ、ブラックスピネル)も負けてはいないので、どの世代を上位と見るかは判断が難しいところではあります。
果てして…

◆所属別
美浦(6-2-3-41)
栗東(4-7-7-82)
外国(0-1-0-19)

関東馬が6勝も関西馬が4勝2着7回3着7回と馬券に絡んでる回数ではリードしています。
ただ、割合的には関東馬が優勢で、イスラボニータ、グレーターロンドン、ロゴタイプ、ヤングマンパワーにとっては好材料でしょうね。

◆枠順

1枠(1-2-1-15)
2枠(2-1-3-13)
3枠(2-2-0-15)
4枠(0-0-1-18)
5枠(3-1-0-16)
6枠(0-2-2-16)
7枠(1-1-1-24)
8枠(1-1-2-25)

◆馬番

1番 (0-1-0-9)
2番 (1-1-1-7)
3番 (1-1-2-6)
4番 (1-0-1-8)
5番 (1-1-0-8)
6番 (2-1-0-7)
7番 (0-0-0-10)
8番 (0-1-1-8)
9番 (0-1-0-9)
10番(2-0-1-7)
11番(0-0-1-9)
12番(0-1-1-8)
13番(0-1-0-8)
14番(1-0-0-8)
15番(0-0-0-9)
16番(0-1-1-7)
17番(1-0-0-8)
18番(0-0-1-6)

特に枠順による有利不利はなさそうです。
東京のマイル戦は距離以上にスタミナを要し、タフさが求められるのが特徴ですね。
基本的には逃げ・先行馬よりも差し・追い込みが有利となっています。
ただ、昨年のロゴタイプのように、ノーマークの逃げ馬がまんまと逃げきってしまうことも少なくはありませんので要注意です。

◆前走別

重賞(7-7-10-94)
海外(2-2-0-22)
OP特別(1-0-0-12)
条件戦(0-0-0-1)

基本は重賞組なのは間違いありませんね。
さらに、前走で大敗していた馬の巻き返しがないのが特徴です。
OP特別組は10年にショウワモダンが勝っていますが、やはり割引きが必要でしょうね。

◆間隔別

連闘(0-0-0-1)
2週 (1-0-0-0)
3週 (3-3-2-50)
4週 (1-0-0-14)
5週~9週(3-6-8-59)
10週以上(2-0-0-18)

中3週は京王杯SCとヴィクトリアM組と中5週から中9週になるダービー卿CT、マイラーズCが好成績ですね。
今年も狙い目は十分でしょうね。
※今週はアンビシャス、ステファノス、ヤングマンパワーの追い切りが良かったです。

◆種牡馬別

ディープインパクト(59-50-33-267)
ダイワメジャー(31-18-26-184)
ハーツクライ(25-14-8-153)
ステイゴールド(16-10-21-119)
キングカメハメハ(15-22-12-184)
シンボリクリスエス(13-12-13-109)
ネオユニヴァース(10-11-15-121)
クロフネ(10-7-4-72)
フジキセキ(9-8-14-77)
ジャングルポケット(7-6-10-99)

過去5年の東京芝1600mの種牡馬成績になります。
この安田記念は傾向が特に顕著に表れていて、SS系×ノーザンダンサー系の組み合わせが断然の好成績となっていますね。
過去5年で上記組み合わせが馬券にならなかったのは12年だけ。
今年この組み合わせをもっているのはサトノアラジン、サンライズメジャー、ステファノス、ブラックスピネル、ロジチャリス。さらには、ノーザンダンサー系×SS系(ヤングマンパワー、ロゴタイプ)の組み合わせも押さえておいて損はないでしょうね。

◆騎手別

戸崎圭太(30-21-16-128)
横山典弘(30-16-15-146)
三浦皇成(26-18-7-123)
蛯名正義(26-17-20-153)
北村宏司(25-24-23-157)
内田博幸(20-17-18-156)
ルメール(15-10-7-31)
田辺裕信(13-18-33-150)
柴田善臣(13-12-8-146)
福永祐一(12-13-12-52)

過去5年の東京芝1600mの騎手成績になります。
注目はG14週連続勝利の懸かるルメール騎手(イスラボニータ)でしょうね。
東京マイルも好成績で勝率は2割、複勝率に至っては5割を越える驚異的な数字となっています。
今のルメール騎手の勢いであればアッサリと記録を更新してしまってもおかしくはないでしょうね。
そこに空気の読めない武豊騎手が記録をストップ!!なんて展開があっても面白そうですね(笑)

まとめ

いやぁ、それにしても先週のダービーは凄かったですね。
私もしっかりと馬券を的中させることができましたし、藤沢厩舎悲願のダービー制覇。
個人的にも非常に満足のいくダービーとなりました。
今週もしっかりと的中を手にしたいものです。
ただ、そうなると注目は間違いなくあの馬。
ではなく、あの騎手ですね。
01年にペリエ騎手が記録した3週連続GI勝利に並んだルメール騎手です。
4週連続のかかる今週はイスラボニータで記録に挑みます。
今勢いがありますし、アッサリと記録を達成しても驚けません。
そんな今年の安田記念。一体どんなレースとなるのか。
今週末のレースを楽しみに待つとしましょう。

それでは、上記データが皆様のお役に立つことができれば幸いです

      2017/06/05

 - 寝ないで考えたレース見解 , , , , ,