小倉記念(G3・芝2000m)攻略【2017】

小倉記念ステークスの主な有力馬

小倉記念攻略(2017)

クランモンタナ 牡8(栗・音無)
ストロングタイタン 牡4(栗・池江)
タツゴウゲキ 牡4(栗・鮫島)
バンドワゴン 牡7(栗・石坂)
ベルーフ 牡5(栗・池江)

先週より始まった小倉開催ですが、2週目の今週はサマー2000シリーズの第3戦小倉記念が行われますね。
まだどの馬にもチャンピオンになる可能性は十分に残っている現状。
そのためにはまずはここを勝たなくてはなりません。
真夏の小倉で各馬がどんな熱いレースを繰り広げてくれるのか。

それでは、データを参照に小倉記念をひも解いていきましょう。

過去10年のデータ

◆人気

1番人気 (0-3-2-5)
2番人気 (1-1-1-7)
3番人気 (3-0-1-6)
4番人気 (1-2-0-7)
5番人気 (0-1-0-9)
6番人気 (5-3-6-86)
以下

00年よりハンデ戦になってからというものの、1番人気はなんと11連敗中です。
昨年も11番人気のクランモンタナが勝っていて、今年も一筋縄ではいかなそうですね。
6番人気以下が5勝2着3回3着6回と好成績。
今年も上位人気からではなく、伏兵馬を狙っていくのが良さそうですね。

◆枠番別

1枠(0-1-2-11)
2枠(2-0-2-12)
3枠(3-1-1-12)
4枠(0-1-0-16)
5枠(0-4-1-14)
6枠(1-2-0-17)
7枠(1-0-2-20)
8枠(3-1-2-18)

◆馬番別

1番 (0-1-2-7)
2番 (1-0-1-8)
3番 (2-0-1-7)
4番 (1-0-0-9)
5番 (1-3-0-6)
6番 (0-1-1-8)
7番 (0-0-0-10)
8番 (0-0-0-10)
9番 (1-2-2-4)
10番(1-1-0-8)
11番(0-1-1-8)
12番(0-0-0-10)
13番(0-1-0-6)
14番(0-0-2-5)
15番(1-0-0-5)
16番(0-0-0-4)
17番(1-0-0-3)
18番(1-0-0-2)

過去のデータを見ると追い込みがほとんど決まっておらず、前半のポジショニングがキーになりそうです。
特徴として、直線のポケット奥がスタートとなっていて、最初のコーナーまでが472mとかなり長くなっています。
その為、先行争いは激化しやすくなっているので、ロスなく好位を取りやすい内枠の方が有利にはなりそうです。

◆年齢別

3歳 (0-2-0-1)
4歳 (3-3-0-16)
5歳 (4-2-7-34)
6歳 (0-2-2-33)
7歳上(3-1-1-36)

4歳馬(ストロングタイタン、カフジプリンス、ヴォージュ)と5歳馬(サンマルティン、スピリッツミノル、タツゴウゲキ、ベルーフ)が好成績となっていますね。
あと、3勝しているとはいえ7歳馬以上(ケイティープライド、シャドウパーティー、クランモンタナ)は少し厳しそうですね。

◆ハンデ別

51キロ以下(0-0-0-4)
52キロ  (0-0-2-10)
53キロ  (2-1-2-20)
54キロ  (1-2-0-13)
55キロ  (3-1-1-28)
55.5キロ (0-0-0-0)
56キロ  (2-4-0-18)
56.5キロ (0-0-0-0)
57キロ  (2-2-2-15)
57.5キロ (0-0-1-3)
58キロ以上(0-0-2-4)

51キロ以下で馬券に絡んだ馬はゼロ。
さらには、57.5キロ以上も0勝ですが、当てはまる該当馬はいませんね。
今年は54キロから57キロで極端な軽い馬もいなければ、重い馬もいません。
どの馬にもチャンスがあると言えそうですね。

◆前走別
重賞(8-9-6-75)
OP特別 (0-0-2-24)
条件戦 (2-1-2-20)

重賞組でなおかつ、七夕賞もしくは新潟大賞典組が好成績。
ただし、条件戦からも勝ち馬は出ていますが、重賞で戦っていた馬と比べるとじゃっかんの割り引きが必要でしょうね。
前走障害未勝利戦を勝っている昨年の勝ち馬クランモンタナ。
今年はどんなレースを見せてくれるのでしょうか。

◆種牡馬別

ディープインパクト(27-23-6-124)
キングカメハメハ(12-6-7-87)
ハーツクライ(10-18-10-69)
ハービンジャー(10-8-6-44)
マンハッタンカフェ(7-7-7-62)
ステイゴールド(7-5-14-85)
ダイワメジャー(6-4-5-41)
シンボリクリスエス(6-4-3-51)
メイショウサムソン(6-3-1-29)
ジャングルポケット(5-4-10-79)

過去5年の小倉芝2000mの成績になります。
昨年穴をあけたクランモンタナのディープ×ナスルーラ系はこの小倉で好相性となっています。
今年もフェルメッツァが該当します。
さらには2年連続で2着のハービンジャーも小倉は好成績。
ベルーフの他にもサンマルティンがどんなレースを見せてくれるのか注目ですね。

◆騎手別

浜中俊(16-8-7-39)
川田将雅(13-12-12-24)
北村友一(9-9-8-60)
丸山元気(8-0-5-22)
小牧太(7-4-7-37)
川須栄彦(7-4-3-68)
バルジュー(6-7-2-26)
和田竜二(6-3-6-47)
藤岡康太(5-11-0-58)
幸英明(5-8-10-68)

過去5年の小倉芝2000mの成績になります。
トップの浜中騎手は堀厩舎のシャドウパーティに騎乗予定。
なんとも珍しい組み合わせではありますが、浜中騎手としても堀先生に絶好のアピールの場になりそうですね。
川田騎手(ストロングタイタン)と北村友一騎手(フェルメッツァ)も成績上位でここは上位争いを期待したいものですね。

まとめ

3連複8,510円が的中したクイーンS。
小回り札幌の軽斤量でノリ騎手アエロリットの単騎逃げ。
あれほど、安心して見れていたレースは最近ではなかったのではないでしょうか。
今週も皆様に良い情報をいたしますので、2週連続の的中を期待してくださいね。
ここだけの話しですが、先週のWIN5は2番人気→2番人気→8番人気→2番人気→4番人気の組み合わせで200万馬券となりました。
あ~勝っていれば取れていたのに…。

ちなみに、現段階で注目しているのは人気ブログランキングです。

それでは、上記データが皆様のお役に立つことができれば幸いです。

   

 - 寝ないで考えたレース見解 , , , , ,