平安S(G3・ダ1900m)攻略【2018】

平安Sの主な有力馬

平安S攻略【2018】

グレイトパール 牡5(栗・中内田)
サンライズソア 牡4(栗・河内)
テイエムジンソク 牡6(栗・木原)
ハイランドピーク 牡4(美・土田)
ミツバ 牡6(栗・加用)

オークスが行われる前日の京都競馬場ではダート重賞の平安Sが行われますね。
なんといっても注目は骨折休養を挟んで重賞2連勝で、ダート戦6連勝中のグレイトパールが出走を予定しています。
ただここには昨年のチャンピオンズC2着のテイエムジンソクが出走を予定しており、グレイトパールが実績馬を相手にどんなレースを見せてくれるのか、非常に楽しみな一戦になりそうです。
果たしてどんなレースとなるのか。

それでは、データを参考に平安Sをひも解いていきましょう。

過去5年のデータ

◆人気

1番人気 (3-0-0-2)
2番人気 (0-0-0-5)
3番人気 (0-2-0-3)
4番人気 (1-0-2-2)
5番人気 (0-0-2-3)
6番人気 (1-3-1-46)
以下

12年までは年明けに行われていましたが、13年からは東海Sと入れ替わってこの時期となりました。
対象はこの時期で行われるようになった過去5年。
1、2番人気が3勝も、14年には3連単140万馬券が出ていて、人気で決まった年と大荒れで決まった年と結果は極端ですね。
ただ、比較的人気馬が好走している印象があります。
今年は果たして…。

◆枠順

1枠(2-0-1-6)
2枠(0-1-0-9)
3枠(0-1-1-8)
4枠(0-1-1-8)
5枠(2-0-0-8)
6枠(0-2-1-7)
7枠(0-0-0-10)
8枠(1-0-1-8)

◆馬番

1番 (2-0-1-2)
2番 (0-0-0-5)
3番 (0-0-0-5)
4番 (0-1-0-4)
5番 (0-0-0-5)
6番 (0-1-2-2)
7番 (0-1-0-4)
8番 (0-0-0-5)
9番 (1-0-0-4)
10番(1-0-0-4)
11番(0-2-0-3)
12番(0-0-1-4)
13番(0-0-0-5)
14番(1-0-0-4)
15番(0-0-0-5)
16番(0-0-1-3)

最初のコーナーまで平坦385mで最後の直線も坂のない平坦コース。
そのため、逃げ先行馬が有利となっているのが特徴ですね。
内枠の逃げ・先行馬は積極的に狙ってみるのも良いかもしれません。
また、基本的に内枠有利となっていますが、枠順による有利不利はあまりありませんね。

◆所属別

美浦(0-0-0-16)
栗東(5-5-5-48)

馬券になったのは全て関西馬。
今年も上位人気は関西馬ばかりですが、唯一の関東馬ハイランドピークに頑張ってもらいましょう。

◆年齢別

4歳 (2-1-0-19)
5歳 (2-1-1-16)
6歳 (1-2-1-14)
7歳上(0-1-3-15)

年齢的な差はあまりなさそうですね。
特に気にする必要はないでしょう。

◆前走別

G1(1-0-0-0)
G2(0-0-0-3)
G3(3-4-2-28)
OP特別(1-0-2-13)
条件戦(0-0-0-12)
地方(0-1-1-7)

重賞はアンタレスSが断然の好成績となっていますね。
他には仁川SやマーチS、ダイオライト記念といった3月ごろのレースを使った馬が馬券となっています。
※今週はクイーンマンボ、グレイトパール、ジュンヴァルカンの追い切りが良かったです。

◆種牡馬別

キングカメハメハ(13-12-6-84)
ゴールドアリュール(7-14-7-38)
ゼンノロブロイ(7-4-4-34)
ネオユニヴァース(6-1-6-32)
ディープスカイ(4-1-1-15)
キンシャサノキセキ(4-1-1-5)
クロフネ(3-4-4-33)
アグネスデジタル(3-2-2-20)
スクリーンヒーロー(3-2-1-4)
シニスターミニスター(3-0-2-8)

過去5年の京都ダ1900mの種牡馬成績になります。
キングカメハメハが頭ひとつ抜けていますが、ゴールドアリュール産駒も負けてはいませんね。
ただ、今回は成績を残している産駒は出走はほとんどありません。
そこで、私が注目したのは16、17年で連続2着しているアドマイヤボス産駒のクリノスターオー。
コース適性もありますし、コースがあってもおかしくはなさそうですね。

◆騎手別

福永祐一(12-2-3-19)
川田将雅(8-8-8-25)
小牧太(7-8-0-38)
松山弘平(7-5-6-36)
和田竜二(7-3-6-55)
ルメール(7-1-3-16)
幸英明(5-7-5-56)
武豊(4-8-1-19)
浜中俊(3-3-7-28)
池添謙一(3-3-0-17)

過去5年の京都ダ1900mの種牡馬成績になります。
複勝率で高い数字を残している川田騎手(グレイトパール)、福永騎手(ナムラアラシ)、武豊騎手(ハイランドピーク)に注目します。
馬の力的にもここは勝ち負けしてなんら不思議ではないでしょうね。
彼らの手綱さばきにも注目しましょう。

まとめ

実は一度ほとんど書き上げていた平安Sのデータ。
最後のまとめ部分を書いているところで消えました(笑)。
正直、まったく同じようには文章を書き直すことはできませんでしたが、近い形にはなっております。
皆さんもマークシートの書き間違えには十分注意しましょうね(笑)。
とにもかくにもこの平安Sはグレイトパールがどんなレースを見せてくれるかですね。
ここを勝つようであれば帝王賞が見えてくると言っても過言ではありません。
それだけに、川田騎手もきっと負けられないはずです。
まずは無事に。
そして良いレースを見せてもらいたいものです。

ちなみに、現段階で注目しているのは人気ブログランキングです。

それでは、上記データが皆様のお役に立つことができれば幸いです。

   

 - 寝ないで考えたレース見解 , , , , ,