弥生賞(G2・中山芝2000m)攻略【2017】

弥生賞の主な有力馬

弥生賞攻略(2017)

カデナ  牡3(栗・中竹)
グローブシアター 牡3(栗・角居)
コマノインパルス 牡3(美・菊川)
ダイワギャグニー 牡3(美・菊沢)
ダンビュライト 牡3(栗・音無)

昨年の東スポ杯2歳Sの勝ち馬ブレスジャーニーは体調が整わず回避。
共同通信杯に続いての回避となりましたが、この選択が吉と出るのか凶と出るのか今後の動向に注目です。
さて、弥生賞が皐月賞に向けての最有力ステップになることは間違いありませんね。
2頭のステークスウィナーを筆頭に素質馬が終結しました。
ディープ産駒の重賞未勝利はさておき、ここからクラシックで活躍するであろう馬が出現することは間違いありません。
はてして、どの馬が皐月賞の切符を手にするのか。

それでは、データを参考に弥生賞をひも解いていきましょう。

過去10年のデータ

1番人気 (5-2-0-3)
2番人気 (3-1-3-3)
3番人気 (0-1-1-8)
4番人気 (0-2-0-8)
5番人気 (0-1-2-7)
6番人気 (2-3-4-68)
以下

1番人気が5勝。
2番人気も3勝と1、2番人気が大活躍していますね。
1、2番人気が揃って馬券圏外になったのは1度だけ。
それだけ、堅い決着となっているのが特徴です。
クラシックに向けて人気になるような馬が集まるのですから、走って当たり前!!とは言い過ぎではないでしょうね。

◆所属別
美浦(5-3-6-44)
栗東(5-7-4-50)
地方(0-0-0-3)

ほぼ互角の結果で、このレースでは東西の格差はあまり見られませんね。
今年も人気は東西で分け合っていますし、今年もその傾向は変わらなそうです。

◆枠番別

1枠(1-0-1-9)
2枠(1-2-2-7)
3枠(2-2-3-6)
4枠(1-1-2-11)
5枠(0-2-2-13)
6枠(2-0-0-17)
7枠(1-3-0-16)
8枠(2-0-0-18)

◆馬番別

1番 (1-0-0-9)
2番 (0-2-3-5)
3番 (1-2-2-5)
4番 (2-1-3-4)
5番 (1-1-1-7)
6番 (1-0-0-9)
7番 (0-0-1-9)
8番 (1-1-0-8)
9番 (0-0-0-10)
10番(2-1-0-7)
11番(1-1-0-7)
12番(0-0-0-7)
13番(0-1-0-4)
14番(0-0-0-3)
15番(0-0-0-2)
16番(0-0-0-1)

スタートは4角入口あたりから、すぐに直線の急坂があるため非常にタフなコースとなっています。
ただ、内回りでスピードのある前に行った馬が圧倒的に有利。
逆に、コーナー4つで終始外々を回される外枠は圧倒的に不利となっています。
器用さのあるタイプの馬が総じて好走する確率が高くなっています。

◆前走別

重賞(7-6-9-40)
OP特別(2-1-0-10)
500万下(1-1-1-33)
未勝利(0-1-0-6)
新馬(0-1-0-3)

前走重賞組が中心になっていますね。
新馬・未勝利組は2着まで。
条件戦からでも好走している馬が出ていますが、格は重視した方が良いでしょう。

◆間隔別

連闘(0-0-0-1)
2週 (0-0-0-9)
3週 (1-3-1-17)
4週 (0-0-1-16)
5週~9週(5-1-4-33)
10週~25週(4-5-4-21)
半年以上(0-1-0-0)

間隔が詰まっている馬は良くありません。
逆に、休み明けの方が結果は出ていますね。
今週の追い切りはしっかりとチェックして、状態の良し悪しを見極める必要があると言えますね。
※グローブシアター、ダイワキャグニー、コマノインパルスの追い切りが良かったです。

◆種牡馬別

ディープインパクト(33-24-25-134)
キングカメハメハ(20-18-22-128)
ステイゴールド(16-16-20-179)
ゼンノロブロイ(16-9-9-93)
ハーツクライ(13-17-20-108)
シンボリクリスエス(12-9-10-94)
ハービンジャー(10-10-4-66)
メイショウサムソン(8-7-7-46)
ダイワメジャー(6-8-8-60)
マンハッタンカフェ(6-5-2-80)

過去5年の中山芝2000mの成績になります。
パワー寄りのキングカメハメハ(グローブシアター、ダイワキャグニー)やミスプロ系(ディアシューター、マイスタイル)の血を持つ馬が好成績となっていますね
。あと、ディープ産駒(カデナ、サトノマックス)は昨年や13年に勝っていますが、抜けた成績ではないということは頭に入れておいて下さい。

◆騎手別

戸崎圭太(21-14-12-80)
蛯名正義(20-18-11-96)
内田博幸(16-8-9-90)
田辺裕信(14-15-13-102)
吉田豊(14-6-4-97)
田中勝春(10-8-9-81)
三浦皇成(10-7-6-99)
柴山雄一(10-6-8-62)
北村宏司(9-17-21-94)
ルメール(9-5-4-14)

過去5年の中山芝2000mの成績になります。
戸崎騎手はさすがですが、重賞ではルメール騎手(ダンビュライト)、デムーロ騎手の勢いにやや押され気味な印象も否めません。
決して勝負弱い騎手ではないのですが…。
ここは今年絶好調の田辺騎手(コマノインパルス)に注目です。

まとめ

どうも最近各レースに出走する馬たちの評価が辛口になりつつあるような気がしてしょうがないんですよね。
この弥生賞も例年と比べると小粒の印象なんですよ…。
ただ、レースが終わってみれば、ガラッと評価が変わるなんていうのはよくあることなので、良い意味で私の予想を裏切ってもらいたいものですね。

ちなみに、先週は中山記念で3着に好走した7番人気のロゴタイプを軸に3連複ズバリ的中!!
5万2870円と好配当を手にすることができました。
3連単で購入していれば、30万馬券だったわけですがそこまで贅沢は言いません(笑)。
今週もしっかりと的中を収めたいと思っていますので、ぜひ期待して下さい。

ちなみに、現在注目しているのは人気ブログランキングです。

それでは、今週も上記データが皆様のお役に立つことができれば幸いです。

本当に1億円的中した! 双馬式【馬場・コース】ガイド

   

 - 寝ないで考えたレース見解 , , , , ,