新潟大賞典(G3・新潟芝2200m)攻略【2018】

新潟大賞典の主な有力馬

新潟大賞典攻略【2018】

スズカデヴィアス 牡7(美・橋田)
ステファノス 牡7(美・藤原英)
トリオンフ セ4(栗・須貝)
ハクサンルドルフ 牡5(栗・西園)
マイスタイル 牡4(栗・昆)

今週、NHKマイルCの裏番組として新潟競馬場で行われる新潟大賞典は1番人気が過去10年で未勝利。
なんと1勝もしていません。
ローカルの重賞らしく非常に荒れるレースとなっているのが特徴ですね。
昨年こそ3連単は8万馬券(それでも高配当に違いはないのですが…)となっていて、3連単は10万越えとなるのでしょうか。

それでは、データを参考に新潟大賞典をひも解いていきます。

過去10年のデータ

◆人気別

1番人気 (0-1-2-7)
2番人気 (2-1-1-6)
3番人気 (3-2-0-5)
4番人気 (0-0-2-8)
5番人気 (3-0-0-7)
6番人気 (2-6-5-95)
以下

冒頭でもお伝えしましたが1番人気はなんと0勝。
2番人気2勝、3番人気3勝、5番人気3勝とその他の人気馬はが好成績となっていますね。
ただし、4番人気は3着が2度あるだけで1番人気同様に不振となっています。
あとは6番人気以下は2勝2着6回3着5回で二桁人気馬も馬券に絡むこと6回。
とにかく、高配当必至なレースということは間違いないでしょうね。

◆年齢別

4歳 (2-3-2-24)
5歳 (3-1-4-26)
6歳 (3-4-2-27)
7歳上(2-2-2-51)

年齢的な差はほとんどありませんね。
ただし、7歳以上(スズカデヴィアス、ステイインシアトル、ステファノス、トーセンマタコイヤ)の高齢馬も多く馬券に絡んでいて軽視は禁物ですね。

◆枠順

1枠(2-0-1-17)
2枠(0-3-2-15)
3枠(3-4-1-12)
4枠(0-1-1-17)
5枠(3-1-1-15)
6枠(1-0-2-16)
7枠(0-0-1-19)
8枠(1-1-1-17)

◆馬番

1番 (1-0-0-9)
2番 (1-0-1-8)
3番 (0-1-0-9)
4番 (0-2-2-6)
5番 (2-2-1-5)
6番 (1-2-0-7)
7番 (0-1-0-9)
8番 (0-0-1-8)
9番 (2-1-0-7)
10番(1-0-1-8)
11番(1-0-1-7)
12番(0-0-1-9)
13番(0-0-1-9)
14番(0-0-0-10)
15番(0-0-0-10)
16番(1-1-1-7)

2、3歳戦は内回りコースですが、古馬混合レースでは外回りコースで行われていますね。
さらには、日本で唯一のコーナーが2つしかない2000mのレースになっています。
最初のコーナーまで1000m近くあって、内外の有利不利はありませんが、テンの入りがかなり早くなるのが特徴です。
直線距離も659mと長く、瞬発力のある馬が上位に来る傾向となっていますね。

◆所属別

美浦(4-4-5-50)
栗東(6-6-5-78)

数では関西馬が優勢ですが、データ的には関東馬も全くヒケを取りません。
上位人気は関西馬に集中していますが、関東馬の食い込みがあってもなんら驚けませんね。

◆斤量別

53キロ以下(0-0-0-19)
54キロ  (0-2-0-17)
55キロ  (2-2-1-34)
56キロ  (5-3-7-21)
56.5キロ (0-0-2-1)
57キロ  (3-2-0-25)
57.5キロ (0-1-0-4)
58kgキロ (0-0-0-6)
58.5キロ以上(0-0-0-1)

軽量とはいえ、53キロ以下(ウインテンダネス、ハッピーユニバンス、ロッカフラベイビー)の連対はなく強くは推せませんね。
55キロ(ナスノセイカン、ハクサンルドルフ、マイスタイル)が2勝も56キロ(ケントオー、シャイニープリンス)が5勝2着3回3着7回と好成績。
また57キロ(ステイインシアトル、トリオンフ)も3勝とまずまずとなっていますね。
ただし、57.5キロ以上は2着が1度あるだけで割り引きが必要でしょう。
ステファノス、レーヴミストラルは果たして…。

◆前走別

G1(1-0-0-2)
G2(2-4-1-29)
G3(2-3-4-47)
OP特別(5-2-4-40)
条件戦(0-1-1-10)

OP特別組、特に福島民報杯(ケントオー、シャイニープリンス、マイスタイル、ラインルーフ)が好成績となっています。
あとは重賞組で中山金杯(アウトライアーズ、トーセンマタコイヤ)、小倉大賞典(スズカデヴィアス、ハッピーユニバンス)、産経大阪杯(トリオンフ)が馬券になっています。
※今週はサンデーウィザード、ジュンヴァルカン、フルーキーの追い切りが良かったです。

◆種牡馬別

ディープインパクト(17-14-14-74)
キングカメハメハ(7-3-5-35)
ゼンノロブロイ(5-3-4-29)
シンボリクリスエス(5-2-5-32)
ハーツクライ(4-5-5-48)
マンハッタンカフェ(4-2-2-28)
メイショウサムソン(3-2-0-16)
ネオユニヴァース(3-1-1-17)
ダイワメジャー(3-1-1-17)
ステイゴールド(2-8-4-53)

過去5年の新潟芝2200mの成績になります。
直線長く、決め手のあるSS系(アウトライアーズ、カレンラストショー、ケントオー、ステイインシアトル、ステファノス、トーセンマタコイヤ、ナスノセイカン、マイスタイル)が好成績で過去5年で5勝していますね。
中でもSS系×ロベルト(カレンラストショー)とSS系×ミスプロ系(マイスタイル)は特に狙ってみても良さそうですね。

◆騎手別

戸崎圭太(4-1-3-13)
柴田大知(4-1-1-14)
津村明秀(3-3-1-17)
デムーロ(3-2-0-2)
北村宏司(3-1-3-11)
吉田隼人(3-1-2-17)
柴田善臣(3-1-1-13)
菱田裕二(2-2-1-4)
蛯名正義(2-1-2-11)
吉田豊(2-1-1-13)

過去5年の新潟芝2200mの成績になります。
今回、個人的に注目しているのは前福島開催で絶好調だった津村騎手(ナイトオブナイツ)と丸山騎手(ナスノセイカン)の二人ですね。
特に丸山騎手のナスノセイカンはデータ的にも狙ってみて損はないはず。
また、柴田善騎手(トーセンマタコイヤ)と田中勝騎手(マイスタイル)の両ベテランの手綱さばきにも注目しましょう。

まとめ

この新潟大賞典が荒れる要因にハンデ戦であるということが上げられそうです。
ただし、今回1番人気が予想されるトリオンフは57キロ。
今年の小倉大賞典で重賞初制覇したとはいえ、前走の産経大阪杯では実績では格上の馬たちを相手に積極果敢な競馬で見せ場十分。
それであれば、この57キロは恵まれたと言えるのではないでしょうか。
対して、昨年末の香港カップ4着以来となるステファノスは58キロ。
G1レースで3度の2着が評価されてのものでしょう。
どのデータに重きを置くかで軸にする馬は決まってくるはずです。
非常に難しいレースではありますが、データを参考にぜひ高配当をゲットしましょうね。

ちなみに、現段階で注目しているのは人気ブログランキングです。

それでは、上記データが皆様のお役に立つことができれば幸いです。

   

 - 寝ないで考えたレース見解