新潟2歳S(G3・新潟芝1600m)攻略【2018】

新潟2歳Sの主な有力馬

新潟2歳S攻略【2018】

アンブロークン 牡2(美・手塚)
エイカイキャロル 牝2(栗・藤原英)
エイシンゾーン 牝2(栗・松元)
ケイデンスコール 牡2(栗・安田隆)
ロードアクア 牡2(栗・浅見)

今週行われる2歳重賞、新潟2歳Sには新種牡馬ジャスタウェイの産駒が出走しますね。
昨年のロードカナロアの活躍もそうでしたが、今年のジャスタウェイ産駒の活躍もまさに飛ぶ鳥落とす勢いと言えるでしょう。
2歳リーディングサイアーランキングでも現時点でトップ。
ここで産駒初重賞制覇を飾ることはできるのか。

それでは、データを参照に新潟2歳Sをひも解いていきましょう。

過去10年のデータ

◆人気別

1番人気 (4-2-0-4)
2番人気 (0-0-3-7)
3番人気 (4-0-0-6)
4番人気 (1-1-1-7)
5番人気 (0-1-1-8)
6番人気 (1-6-5-108)
以下

1番人気は4勝2着2回と好成績となっていますね。
また、3番人気が4勝と好成績を残しています。
逆に2番人気は3着が3回あるだけで不振傾向。
あとは、6番人気以下が1勝2着6回3着5回とかなりの頭数が馬券に絡んでいて、波乱を演出しています。
1、3番人気から伏兵馬に流す馬券が良さそうですね。

◆枠番別

1枠(1-1-2-13)
2枠(1-1-2-16)
3枠(1-1-0-18)
4枠(0-2-3-15)
5枠(3-0-0-16)
6枠(1-1-1-17)
7枠(0-3-1-23)
8枠(3-1-1-22)

◆馬番別

1番 (0-1-1-8)
2番 (1-0-1-8)
3番 (0-1-2-7)
4番 (1-1-0-8)
5番 (0-0-0-10)
6番 (1-0-1-8)
7番 (0-2-1-7)
8番 (2-0-1-7)
9番 (0-0-0-9)
10番(2-0-0-8)
11番(0-1-0-9)
12番(0-1-1-8)
13番(0-1-0-9)
14番(0-0-1-9)
15番(0-2-0-8)
16番(2-0-0-5)
17番(1-0-0-6)
18番(0-0-1-6)

日本一長い直線は659mもあります。
コーナーでペースが緩んで上がりの競馬になりやすくなるのが特徴ですね。
そうなると、必然的に差し馬が有利になるので、逃げ切るのはよっぽど展開に恵まれない限りは厳しそう。
また、直線競馬もそうでしたが、馬場の良い外側を走れる真ん中から外枠が有利となっています。

◆所属別

美浦(5-8-6-90)
栗東(5-2-4-50)

勝利数こそ5分となっていますが連対率・複勝率では関東馬が優勢となっていますね。
なお、栗東の中内田厩舎が同一重賞2連覇。
残念ながら今年の出走馬はいませんが、関西馬の3連覇の可能性は十分にありそうですね。

◆性別

牡・セ(6-8-7-81)
牝馬 (4-2-3-59)

牡馬優勢ですが、13年のハープスターのように牝馬も活躍していますね。
ここでも「夏の牝馬」の格言が当てはまりそう。
藤原厩舎のエイカイキャロルに定年間近の松元厩舎のエイシンゾーン、オーパキャマラード、ジョディー、スティルネスとスタンバイ。
どういった走りを見せてくれるのか注目しましょう。

◆前走別

函館2歳S(0-0-1-0)
OP特別(1-1-1-30)
新馬(7-5-7-79)
未勝利(2-4-1-30)

新馬勝ちした馬が圧倒的多数となっています。
キャリアの浅い2歳馬ですし、格よりも素質や適性面を重視した方が良さそうですね。
※エイカイキャロル、エンパイアシュアー、エルモンストロの追い切りが良かったです。

◆種牡馬別

ディープインパクト(13-27-17-108)
ハーツクライ(12-10-6-81)
ダイワメジャー(10-7-10-80)
ステイゴールド(8-10-8-81)
キングカメハメハ(7-9-5-63)
ゼンノロブロイ(5-4-4-52)
シンボリクリスエス(4-3-5-53)
ネオユニヴァース(4-3-1-48)
フジキセキ(4-3-0-20)
アドマイヤムーン(4-1-2-33)

過去5年の新潟芝1600mの種牡馬成績になります。
成績上位はSS系(アンブロークン、エイシンゾーン、ジョディー、スティルネス、ピュアヒカリ)ばかりとなっていますね。
直線が長く、切れ味勝負になりやすいこともあってSS系が好成績なのでしょう。
また、ノーザンテースト(エイカイキャロル、エルモンストロ、エンパイアシュアー、ケイデンスコール、ジョディー、スティルネス、ピュアヒカリ、ヤサカリベルテ、ロードアクア)やヴァイスリージェント(エイシンゾーン)の血を持つ馬が良く走っていますね。
あとは好走歴のあるキンカメ産駒(今年は出走がないのでロードカナロア産駒のエイカイキャロル、ケイデンスコール、ロードアクアに注目)とナスルーラ系(エンパイアシュアー)の血を持つ馬は押さえておく必要がありそうですね。

◆騎手別

田辺裕信(16-5-5-38)
戸崎圭太(10-10-4-38)
蛯名正義(9-8-6-42)
北村宏司(8-8-12-45)
吉田隼人(8-6-1-45)
デムーロ(7-4-2-12)
柴田善臣(7-2-3-53)
石橋脩(6-1-4-65)
柴田大知(4-5-7-60)
松田大作(4-4-1-11)

過去5年の新潟芝1600mの騎手成績になります。
今週は札幌競馬場でWASJが行われますね。
関東からは戸崎騎手、田辺騎手、内田騎手の3名が出場予定。
ぜひ頑張ってもらいましょう。
その他の上位騎手は蛯名騎手(エルモンストロ)、北村宏司騎手(エイカイキャロル)、柴田善騎手(ピュアヒカリ)、石橋脩騎手(ケイデンスコール)がランクインしています。
どんな手綱さばきを見せてくれるのか注目ですね。
また、三浦皇成騎手(スティルネス)は勝ち切れない印象こそありますが人気に関係なく上位争いも多く、押さえておいて損のない騎手と言えそうですね。

まとめ

冒頭にもお伝えした11年のジャスタウェイは勝ったモンストールにわずかに及ばず2着に敗れています。
しかし、繰り出した上がり3F32秒6の末脚はその後の活躍を予感させるには十分の内容だったと言えるでしょう。
正直、個人的にはあそこま強くなるとは思っていませんでしたが(笑)。
やはり1200mで行われていた仕上がり早のローカル重賞というイメージがこの新潟2歳Sに残っているからなのかもしれません。
しかし、それも新潟競馬場の改装とともに薄れてきているのも確か。
13年のハープスターとイスラボニータのように後のG1馬の競演が見れてもおかしくはないでしょうね。
今年は12頭と頭数は少な目ですが、これからの活躍が楽しみな素質たちの争いを楽しみにしましょう。
今年はどんなレースとなるのか。

ちなみに、現段階で注目しているのは人気ブログランキングです。

それでは、上記データが皆様のお役に立つことができれば幸いです。

   

 - 寝ないで考えたレース見解 , , , , ,