新潟2歳S(G3・新潟芝1600m)攻略【2018】

新潟2歳Sの主な有力馬

新潟2歳S攻略【2018】

ウインガニオン 牡6(栗・西園)
エイシンティンクル 牝5(栗・坂口正)
フロンティア 牡3(栗・中内田)
プリモシーン 牝3(美・木村哲)
リライアブルエース 牡5(栗・矢作)

サマーマイルシリーズの2戦目となる関屋記念が今週の新潟競馬場で行われます。
昨年2着だったウインガニオンを始め、中京記念で上位だったリライアブルエース、フロンティア、ワントゥワンといった馬に、昇り馬エイシンティンクル、3歳牝馬プリモシーンたちの争いになりそうですね。
秋のマイル戦線に向けて注目の一戦になりそう。
個人的にはウインガニオンの巻き返しに注目しています。
どんなレースとなるのか。

それでは、データを参照に関屋記念をひも解いていきましょう。

過去10年のデータ

◆人気別

1番人気 (2-3-1-4)
2番人気 (2-2-0-6)
3番人気 (1-0-2-7)
4番人気 (3-1-0-6)
5番人気 (0-2-1-7)
6番人気 (2-2-6-98)
以下

1番人気は2勝2着3回3着1回とまずまず。
2番人気2勝、3番人気1勝、4番人気3勝と上位人気が好成績となっていますね。
また6番人気以下も2勝2着2回3着6回と好配当演出の立役者となっていると言えます。
伏兵馬の台頭も侮れませんね。

◆枠番別

1枠(1-0-1-15)
2枠(1-1-1-14)
3枠(0-0-0-17)
4枠(0-2-1-14)
5枠(0-1-4-15)
6枠(0-2-0-18)
7枠(4-0-2-19)
8枠(4-4-1-16)

◆馬番別

1番 (1-0-1-8)
2番 (0-0-0-10)
3番 (1-1-1-7)
4番 (0-1-0-9)
5番 (0-0-1-9)
6番 (0-0-1-9)
7番 (0-1-1-8)
8番 (0-0-0-10)
9番 (1-1-1-7)
10番(0-0-2-8)
11番(0-1-0-9)
12番(2-3-0-5)
13番(2-0-0-5)
14番(1-0-1-5)
15番(0-1-0-6)
16番(1-1-0-4)
17番(1-0-1-4)
18番(0-0-0-5)

日本一長い直線は659mもあります。
コーナーでペースが緩んで上がりの競馬になりやすいのが特徴。
そうなると、必然的に差し馬が有利になるので、逃げ切るのはよっぽど展開に恵まれない限りは厳しそうですね。
さらに、過去新潟コースで実績のある馬は注意が必要。
また、直線競馬もそうでしたが、馬場の良い外側を走れる外枠が圧倒的に有利となっています。

◆年齢別

3歳 (0-0-2-6)
4歳 (3-4-1-12)
5歳 (5-5-4-48)
6歳 (1-1-1-37)
7歳上(1-0-2-25)

4歳馬と5歳馬が好成績となっていますね。
ちなみに4歳馬はジョーストリクトリだけ。
5歳馬(エイシンティンクル、ショウナンアンセム、チェッキーノ、リライアブルエース、ロードクエスト、ワントゥワン)が中心で良さそうですね。
逆に6歳馬以上(ウインガニオン、チャンピオンルパン、ベルキャニオン、ヤングマンパワー、ロッカフラベイビー)は割り引きが必要でしょう。
あとは3歳馬の取捨をどうするか…。

◆所属別

美浦(5-2-7-57)
栗東(5-8-3-71)

勝ち数は5分となっていますが勝率、連対率で関西馬がリードしていますね。
今年は関西馬の層が厚くなっています。

◆性別

牡・セ(9-9-8-110)
牝  (1-1-2-18) 

牡馬有利となっていますね。
牝馬唯一の勝ち馬はジェンティルドンナの全姉であるドナウブルーとなっています。

◆前走別
G1(2-1-2-17)
G2(0-0-0-5)
G3(5-7-3-61)
OP特別(1-1-4-34)
条件戦(2-1-1-11)

重賞組が圧倒的に有利となっていますね。
また、前走条件戦(エイシンティンクル)を勝って臨む昇り馬の勢いも侮れません。
中心となるのは中京記念組(ウインガニオン、フロンティア、リライアブルエース、ワントゥワン)になりそうですが結果は果たして…。

◆種牡馬別

ディープインパクト(13-27-17-108)
ハーツクライ(12-10-6-81)
ダイワメジャー(10-7-10-80)
ステイゴールド(8-10-8-81)
キングカメハメハ(7-9-5-63)
ゼンノロブロイ(5-4-4-52)
シンボリクリスエス(4-3-5-53)
ネオユニヴァース(4-3-1-48)
フジキセキ(4-3-0-20)
アドマイヤムーン(4-1-2-33)

過去5年の新潟芝1600mの種牡馬成績になります。
直線が長く、切れ味勝負になりやすいディープ産駒(エイシンティンクル、プリモシーン、ベルキャニオン、リライアブルエース、ワントゥワン)とハーツ産駒(チャンピオンルパン)が好成績となっていますね。
勝率ではハーツで複勝率ではディープと、両馬の産駒が高い確率で成績を残しているのが特徴ですね。
また、短距離に実績のあるダイワメジャー産駒(スターオブペルシャ、フロンティア)も侮れません。

◆騎手別

田辺裕信(16-5-5-38)
戸崎圭太(10-10-4-38)
蛯名正義(9-8-6-42)
北村宏司(8-8-12-45)
吉田隼人(8-6-1-45)
デムーロ(7-4-2-12)
柴田善臣(7-2-3-53)
石橋脩(6-1-4-65)
柴田大知(4-5-7-60)
松田大作(4-4-1-11)

過去5年の新潟芝1600mの騎手成績になります。
成績トップの田辺騎手は騎乗がありませんが戸崎騎手がリライアブルエースに騎乗。
北村宏司騎手が3歳馬プリモシーンに騎乗しますが、どういった手綱さばきを見せてくれるのか注目します。
また、新潟と好相性の石橋脩騎手(ベルキャニオン)が馬券に絡むようだと、波乱となる可能性は十分にあり得そうですね。

まとめ

 

昇り馬エイシンティンクルはあの稀代の逃げ馬エインヒンヒカリの妹になります。
デビュー当初はお兄さん同様にかなりの癖馬で、非常に気難しい性格をしていたようです。
ただ、関係者の方が大事に育てたこともあって、逃げることしか出来なかったティンクル号が前走の豊明Sでは好意4番手からの競馬を見せて差し切り勝ち。
同馬の成長をうかがうには十分の走りで今後が非常に楽しみな勝利となったことは間違いないでしょうね。
ただし、ここが試金石の一戦。
どんな走りを見せてくれるのか。
注目しましょうね。

ちなみに、現段階で注目しているのは人気ブログランキングです。

それでは、上記データが皆様のお役に立つことができれば幸いです。

   

 - 寝ないで考えたレース見解 , , , , ,