日経新春杯(G2・京都芝2400m)攻略【2017】

日経新春杯の主な有力馬

日経新春杯攻略(2017)

カフジプリンス 牡4(栗・矢作)
シャケトラ 牡4(栗・角居)
ミッキーロケット 牡4(栗・音無)
モンドインテロ 牡5(美・手塚)
レッドエルディスト 牡4(栗・笹田)

今年の日経新春杯は、昨年の菊花賞に出走した明け4歳馬が中心となりそうですね。
近年は、ルーラーシップ、トゥザグローリー、サトノノブレス、アドマイヤデウスといったGIでも好走する力のある馬が勝ち馬に名を連ねているだけに、ここから産経大阪杯、天皇賞や宝塚記念を虎視眈々と狙っている馬も多数いることでしょう。
充実期となる4歳馬だけに魅力たっぷりの馬が揃ったと言っても過言ではないでしょう。
それでは、データを参考に日経新春杯をひも解いていきます。

過去10年のデータ

◆人気別

1番人気 (1-4-1-4)
2番人気 (4-1-0-5)
3番人気 (1-3-0-6)
4番人気 (0-1-4-5)
5番人気 (1-0-0-9)
6番人気 (3-1-5-84)
以下

過去にはテイエムプリキュアが二桁人気で激走しましたが、この時季にしては比較的人気馬が安定した走りを見せているのが特徴ですね。
人気を集めそうなミッキーロケットは神戸新聞杯2着で菊花賞でも5着に好走。
ここは信頼の人気となることができるでしょうか。

◆年齢別

4歳 (5-4-3-20)
5歳 (3-4-4-23)
6歳 (1-1-3-23)
7歳上(1-1-0-47)

4歳馬(カフジプリンス、シャケトラ、ミッキーロケット、レッドエルディスト)が断然ですが、5歳馬(モンドインテロ、ヤマカツライデン)も負けてはいませんね。
6歳以上はまったくダメという訳ではありませんが割り引きが必要でしょう。

◆枠順

1枠(4-1-0-10)
2枠(1-0-2-12)
3枠(2-1-1-11)
4枠(0-2-2-12)
5枠(1-0-1-18)
6枠(1-4-0-15)
7枠(0-1-3-17)
8枠(1-1-1-18)

◆馬番

1番 (2-1-0-7)
2番 (2-0-0-8)
3番 (2-0-1-7)
4番 (1-0-1-8)
5番 (0-1-2-7)
6番 (0-0-1-9)
7番 (0-1-1-8)
8番 (1-4-0-5)
9番 (0-0-2-8)
10番(1-0-1-8)
11番(0-2-0-8)
12番(1-1-0-8)
13番(0-0-0-6)
14番(0-0-0-5)
15番(0-0-1-4)
16番(0-0-0-5)
17番(0-0-0-1)
18番(0-0-0-1)

4角と直線入り口が交差するポケットあたりからのスタートになりますね。
最初のコーナーまでが600mと非常に長く、特に枠順による有利不利はなさそうです。
しかし、成績は内枠が圧倒的に有利。
いかにロスなく乗れるかがカギとなりそうですね。

◆前走別

重賞(7-5-5-61)
OP特別(1-1-3-28)
条件戦(2-4-2-23)

◆間隔別

連闘(0-0-1-4)
2週 (1-1-1-12)
3週 (2-0-1-17)
4週 (3-2-2-15)
5週~9週(1-6-4-47)
10週以上(3-1-1-18)

特に気にする必要はなさそうですね。
休み明けでも結果は出ていますし、間隔が詰まっていてもオーケー。
それだけに、最終追い切りやパドックの様子は重要になるでしょうね。
※今週はカフジプリンス、モンドインテロ、ヤマカツライデンの追い切りが良かったです。

◆種牡馬別

ディープインパクト (17-13-8-42)
キングカメハメハ (10-5-5-46)
ハーツクライ (6-7-8-37)
ダンスインザダーク (4-0-3-22)
ネオユニヴァース (3-3-1-19)
フジキセキ (3-3-0-8)
クロフネ (3-1-0-12)
アドマイヤドン (3-0-2-1)
シンボリクリスエス (2-4-3-33)
ゴールドアリュール (2-3-4-10)

過去5年の京都芝2400mの成績になります。
平坦芝コースで上がりの競馬になりやすいので、ディープインパクト産駒(モンドインテロ)は絶好の舞台。
もちろん、SS系が多く結果を残しています。
ただ、このレースは母系にグレイソヴリン系(アドマイヤフライト、テイエムナナヒカリ、レーヴミストラル、レッドエルディスト)の血を持っている馬が結果を残していて、注意が必要でしょう。

◆騎手別

川田将雅(10-1-4-18)
岩田康誠(7-6-4-21)
浜中俊(5-6-5-21)
武豊(5-3-6-14)
福永祐一(5-2-4-19)
ルメール(4-1-1-5)
松山弘平(4-0-2-11)
和田竜二(3-6-5-35)
小牧太(3-5-5-23)
池添謙一(3-5-2-23)

過去5年の京都芝2400mの成績になります。
岩田騎手、浜中騎手(シャケトラ)、福永騎手(カフジプリンス)が好成績となっていますね。
あと非常に高い数字のルメール騎手も乗り馬がいるようであれば軽視はできないでしょう。
果たしてどうなるのか…。

まとめ

なかなか骨っぽいというか、これからの中長距離路線で活躍するであろう馬が揃った一戦になりました。
昨年の菊花賞でも注目された馬もいますし、このレースの結果次第では今年からGIになる産経大阪杯や天皇賞春でも楽しみになるのではないでしょうか。

それでは、上記データが皆様のお役に立つことができれば幸いです。

   

 - 寝ないで考えたレース見解