日経賞(G2・中山芝2500m)攻略【2017】

日経賞の主な有力馬

日経賞攻略(2017)

シャケトラ 牡4(栗・角居)
アドマイヤデウス 牡6(栗・梅田)
ゴールドアクター 牡6(美・中川)
ディーマジェスティ 牡4(美・二ノ宮)
レインボーライン 牡4(栗・浅見)

阪神大賞典はサトノダイヤモンドが横綱相撲で完勝。
天皇賞春に向けて好スタートを切ったことは間違いないでしょうね。
今週は昨年の皐月賞馬ディーマジェスティと一昨年のグランプリホース、ゴールドアクターが相まみえます。
こちらも天皇賞春に向けて負けられないレースになることは確かでしょう。
ただ、他にも虎視眈々と上位を狙っている馬もいますし、メンバー構成的にも配当妙味も十分。
阪神大賞典よりも面白そうなレースになりそうですね。
個人的にも密かに狙っている馬がいますし、今からどんなレースになるのか週末が楽しみです。

それでは、データを参考に日経賞をひも解いていきましょう。

過去10年のデータ

◆人気

1番人気 (4-1-2-3)
2番人気 (1-3-1-5)
3番人気 (1-1-3-5)
4番人気 (2-1-1-6)
5番人気 (0-1-0-9)
6番人気 (2-3-3-72)
以下

1番人気が4勝2着1回3着2回。
2番人気も1勝2着3回。
3番人気1勝。
4番人気2勝と上位人気がしっかりと結果を出していますね。
今年も上位人気馬は力のある馬がそろっていますし、この上位人気の中から勝ち馬は出てきそうですね。

◆枠番別

1枠(1-2-0-6)
2枠(0-0-2-9)
3枠(0-1-0-14)
4枠(1-1-3-11)
5枠(2-3-0-12)
6枠(3-1-0-13)
7枠(0-1-3-13)
8枠(2-0-1-15)

◆馬番別

1番 (1-2-0-6)
2番 (0-0-2-7)
3番 (0-1-0-8)
4番 (0-1-1-7)
5番 (0-0-2-7)
6番 (2-0-0-7)
7番 (0-2-0-7)
8番 (1-1-0-7)
9番 (2-0-0-7)
10番(2-0-0-6)
11番(0-2-0-6)
12番(0-0-2-6)
13番(0-0-2-5)
14番(1-0-0-5)
15番(0-0-0-2)
16番(0-0-0-0)

スタートしてすぐにコーナーとなっていて、内回りでしかもコーナーを6度も回るコースとなっています。
そのため、小脚を上手に使える器用さが必要となってきます。
さらには長く良い脚とゴール前の急坂を乗り越えられる持続力が求められるのも特徴です。
パワータイプの馬が好走しやすく、基本的には内枠が有利。逆に外枠は割り引きが必要でしょうね。

◆年齢別

4歳 (4-3-4-23)
5歳 (3-1-3-18)
6歳 (2-3-1-21)
7歳上(1-2-2-21)

明け4歳馬(シャケトラ、ディーマジェスティ、レインボーライン)と5歳馬(モンドインテロ、ヤマカツライデン)が好成績ですね。
4歳馬の複勝率は30%を越えていて、馬券の中心はこの世代になりそう。
あと、7歳以上でも勝っている馬はいますが、割り引きが必要でしょうね。

◆所属別

美浦(6-6-4-49)
栗東(4-4-6-47)

出走頭数は5分と5分ですが、関東馬がやや優勢となっています。
今年は、ディーマジェスティ、ゴールドアクターと関東のGIホースが揃い踏み。
関西馬の頑張りにも期待ですね。

◆前走別

有馬記念(3-4-1-5)
京都記念(1-4-0-7)
アメリカJCC(2-1-2-13)
日経新春杯(1-0-2-5)
ジャパンC(1-1-0-0)
中山記念(0-0-1-7)
ステイヤーズS(0-0-1-2)
ダイヤモンドS(1-0-2-14)
OP特別(1-0-0-9)
条件戦(0-0-0-11)

年明けのAJCC、日経新春杯、京都記念を使った馬と有馬記念組の争いになりそうですね。
ただ、JC組も数は少ないですが、好走馬が出ているので、ディーマジェスティにとってはプラス材料となりそうです。
ただ、この馬の場合、追い切りの動きがそのままレースに直結する傾向にあるので、今週の追い切りは要チェックですね。

◆間隔別

連闘(0-0-0-0)
2週 (0-0-0-10)
3週 (0-0-0-7)
4週 (0-0-1-9)
5週~9週(5-5-5-42)
10週以上(5-5-4-32)

年明け初戦、もしくは2戦目となる有力馬が多く、間隔が空いている馬の方が成績がいいですね。
それでも、この中間の調整はしっかりと見極める必要があるでしょう。
※今週はシャケトラ、アドマイヤデウス、ツクバアズマオーの追い切りが良かったです。

◆種牡馬別

ステイゴールド(14-6-8-51)
ハーツクライ(4-8-1-30)
ディープインパクト(4-2-5-34)
キングカメハメハ(3-4-6-39)
キングヘイロー(3-4-0-10)
ネオユニヴァース(2-4-2-12)
オペラハウス(2-0-1-8)
ハービンジャー(2-0-1-5)
スクリーンヒーロー(2-0-1-1)
シンボリクリスエス(1-4-0-20)

過去5年の中山芝2500mの成績になります。
レース施行数自体が少ないのですが、ステイゴールド(ツクバアズマオー、ショウナンバッハ、マイネルバッハ、レインボーライン)が飛びぬけた成績となっていますね。
長距離レースなので中距離で格段の成績を残しているディープインパクト(ディーマジェスティ、フェルメッツァ、モンドインテロ)に比べてステイヤー気質のハーツクライ(ナスノセイカン)、ネオユニヴァース(ジュンヴァルカン)もこの条件では負けてはいませんね。
スクリーンヒーロー(ゴールドアクター)も悪くはありませんね。

◆騎手別

戸崎圭太(6-7-0-14)
蛯名正義(4-3-6-19)
岩田康誠(4-2-1-7)
吉田豊(3-2-3-18)
内田博幸(3-1-3-13)
吉田隼人(3-0-2-9)
柴山雄一(3-0-0-8)
北村宏司(2-2-4-20)
柴田大知(2-2-2-19)
松岡正海(2-1-2-21)

過去5年の中山芝2500mの成績になります。
こちらもレース施行数自体が多くはないので、どの騎手もどっこいどっこいの成績と言うのが正直なところ。
ただ、トップの戸崎騎手は単勝回収率でも高い数字を残していて人気にかかわらず結果を残しているのはさすがですね。
あとは、関西の騎手でランクインした岩田騎手(アドマイヤデウス)。長距離レースで結果を出しているのは彼の実力があってこそでしょう。

まとめ

ディーマジェスティは菊花賞、JCの結果がいまいちで、サトノクラウンとの差は少し開いてしまった印象があります。
その為にも、皐月賞馬としてここは何がなんでも負けられないところ。
意地を見せてもらいたいものです。
一方、ゴールドアクターもJC、有馬記念の敗戦で現4歳、5歳世代との勝負付けが済んでしまった感もあるだけに、ここでは復権を果たしたいところでしょう。
両馬ともにそれだけの力がある馬ですから、なんとか結果を出してもらいたいものです。

ちなみに、現在注目しているのは人気ブログランキングです。

それでは、今週も上記データが皆様のお役に立つことができれば幸いです。

中央・地方・海外競馬 258コース攻略大百科

   

 - 寝ないで考えたレース見解 , , , , ,