有馬記念(G1・中山芝2500m)攻略【2016】

有馬記念の主な有力馬

キタサンブラック 牡4(栗・清水久)
ゴールドアクター 牡5(美・中川)
サトノダイヤモンド 牡3(栗・池江)
マリアライト 牝6(美・久保田)
ミッキークイーン 牝4(栗・池江)

今年もいよいよ最後のGIグランプリ有馬記念が迫ってきましたね。
なお、有馬記念のファン投票上位は以下になります。

1キタサンブラック※出走
2サトノダイヤモンド※出走
3ゴールドアクター ※出走
4マカヒキ
5マリアライト※出走
6ディーマジェスティ
7モーリス
8リアルスティール
9サウンズオブアース※出走
10シュヴァルグラン※出走
11ラブリーデイ
12ルージュバック
13クイーンズリング
14エアスピネル
15ミッキークイーン ※出走
16レインボーライン
17ロゴタイプ
18メジャーエンブレム
19ヴィブロス
20ミッキーアイル

ファン投票上位3頭は揃って出走。
今年天皇賞春とJCを勝ったキタサンブラックと菊花賞馬サトノクラウンは見ものですね。
あと、昨年の勝ち馬ゴールドアクターと今年の宝塚記念勝ち馬マリアライトのグランプリホース対決にも注目。
勝てばいずれの馬が勝てば年度代表馬の座がグッと近づくことでしょう。
今年はどんなグランプリになるのか。
それでは、データを参考に有馬記念をひも解いていきましょう。

過去10年のデータ

1番人気 (5-2-1-2)
2番人気 (2-0-2-6)
3番人気 (0-0-1-9)
4番人気 (1-1-1-7)
5番人気 (0-2-0-8)
6番人気 (2-5-5-89)
以下

1番人気が5勝2着2回3着1回と高い信頼度を誇っていますね。
ただ、6番人気以下が2着5回3着5回と人気薄の伏兵馬の好走が波乱のグランプリを演出していると言えるでしょうね。
ただ、配当はそこまで極端にはならず、基本は1番人気からの馬券が賢明と言えるでしょうね。
それでも、2、3、4番人気が不振と言える成績なだけに、一筋縄で収まることはなさそうですね。

◆枠番別

1枠(1-2-0-14)
2枠(2-1-1-13)
3枠(2-2-1-13)
4枠(1-3-2-14)
5枠(1-1-2-15)
6枠(1-0-2-17)
7枠(1-0-2-17)
8枠(1-1-0-18)

◆馬番別

1番 (1-1-0-8)
2番 (0-1-0-9)
3番 (1-0-0-9)
4番 (2-1-1-5)
5番 (0-1-1-8)
6番 (1-2-2-4)
7番 (1-2-1-6)
8番 (0-0-0-10)
9番 (2-1-1-6)
10番(0-0-0-9)
11番(0-0-2-8)
12番(0-0-0-10)
13番(2-0-0-8)
14番(0-1-2-7)
15番(0-0-0-7)
16番(0-0-0-7)

スタートしてからすぐにコーナーがありますし、内回りでしかもコーナーを6度回るコースなので、小脚を上手に使える器用さが必要となってきますね。
さらには長く良い脚とゴール前の坂を乗り越えられる持続力が求められるのも特徴です。
しかも、この時季は馬場も荒れやすく、パワータイプの馬が好走しやすくもなっています。
基本的には内枠が有利。
外枠が不利となっていますね。
なお、過去10年で逃げて勝ったのはダイワスカーレットだけ。
果たして…。

◆年齢別

3歳 (3-3-2-27)
4歳 (4-4-2-28)
5歳 (3-2-3-35)
6歳 (0-0-1-18)
7歳上(0-1-2-13)

4歳馬が好成績となっていますね。
6歳馬は連対ゼロですが7歳馬が2着1回と頑張っています。
ただ、3、4、5歳馬と比較すると若干の割り引きが必要そうだというこえるでしょう。

◆性別

牡・セン(8-7-10-108)
牝馬 (2-3-0-13)

牝馬は数が少ないですが、データ的には決して侮れない数字となっています。
マリアライトとミッキークイーンも軽視は禁物です。

◆所属別

美浦(2-0-4-30)
栗東(8-10-6-87)

関西馬が有利ですね。
ただ、昨年は関東馬のゴールドアクターが勝利。
2年連続での関東馬の勝利はあるのでしょうか。

◆前走別

ジャパンC(3-4-4-53)
天皇賞秋(3-0-1-6)
菊花賞(2-1-1-7)
エリザベス女王杯(0-2-0-8)
金鯱賞(0-2-0-9)
アルゼンチン共和国杯(1-0-0-5)
ステイヤーズS(0-0-0-10)
福島記念(0-0-0-3)
凱旋門賞(1-0-1-1)
メルボルンC(0-1-0-1)
OP特別(0-0-0-1)
条件戦(0-0-0-1)

JC、天皇賞秋、菊花賞から勝ち馬が出ていますね。
昨年はゴールドアクターがアルゼンチン共和国杯から有馬記念も勝利しました。
エリザベス女王杯組は2着が2回。
金鯱賞も2着2回と決して侮れません。
ただステイヤーズSと福島記念、OP特別、条件戦からは1頭も馬券に絡んでいません。

◆間隔別

連闘(0-0-0-1)
2週 (0-0-1-4)
3週 (0-2-0-24)
4週 (3-4-4-54)
5週~9週(6-4-4-33)
10週以上(1-0-1-5)

中4週はJC。
中5~9週は天皇賞秋、菊花賞、アルゼンチン杯、エリザベス女王杯となっていて、このいずれかのローテーション間隔の馬が馬券になっていると言えそうですね。
そうなると有力馬のいずれもプラス材料。
ここから勝ち馬に結びついていくのではないでしょうか。

※今週はシュヴァルグラン、アドマイヤデウス、ミッキークイーン、ヤマカツエースの追い切りが良かったです。

◆種牡馬別

ステイゴールド(13-7-6-46)
ハーツクライ(4-6-1-22)
シンボリクリスエス(2-4-1-26)
ネオユニヴァース(2-3-3-13)
キングヘイロー(2-3-0-10)
キングカメハメハ(2-2-8-31)
ディープインパクト(2-2-4-27)
ニューイングランド(2-2-2-5)
オペラハウス(2-0-1-8)
ゼンノロブロイ(2-0-0-23)

過去5年の中山芝2500mの成績になります。

レース施行数自体が少ないのですが、ステイゴールドが飛びぬけた成績となっていますね。
ただ、今年は出走がゼロ。
長距離レースなので中距離で格段の成績を残しているディープインパクトに比べてステイヤー気質のハーツクライ(シュヴァルグラン)、ネオユニヴァース(サウンズオブアース)もこの条件では負けてはいませんね。

◆騎手別

蛯名正義(4-5-4-18)
戸崎圭太(4-4-0-13)
吉田豊(3-2-4-16)
柴田大知(3-2-1-16)
岩田康誠(3-2-1-5)
内田博幸(3-1-3-11)
北村宏司(2-2-4-18)
松岡正海(2-1-2-15)
吉田隼人(2-0-1-7)
杉原誠人(2-0-1-1)

過去5年の中山芝2500mの成績になります。

こちらもレース施行数自体が多くはないので、どの騎手もどっこいどっこいの成績と言うのが正直なところ。
それでもトップの成績を残している蛯名騎手(マリアライト)はさすがですね。
あとは、岩田騎手(アドマイヤデウス)、内田騎手(トーセンバジル)、吉田隼人(ゴールドアクター)も負けてはいないでしょう。
ここで、杉原騎手が出ていれば面白かったのですがね(笑)。

まとめ

ここを勝った馬が現役最強と言っていいくらいのメンバーが揃った今年の有馬記念。
1年を締め括るに相応しいメンバーが揃ったと言えます。
ここに、マカヒキやディーマジェスティ、モーリスなども出ていたらどうなっていたことでしょう。
果たして、JCに続く「祭」の大合唱はあるのでしょうか。
それとも…。

それでは、上記データが皆様のお役に立つことができれば幸いです。

   

 - 寝ないで考えたレース見解