札幌記念(G2・札幌芝2000m)攻略【2018】

札幌記念の主な有力馬

札幌記念攻略【2018】

サングレーザー 牡4(栗・浅見)
ネオリアリズム 牡7(美・堀)
マカヒキ 牡5(栗・友道)
ミッキースワロー 牡4(美・菊沢)
モズカッチャン 牝4(栗・鮫島)

近年出走馬のレベルが非常に上がっていて、一部の関係者の間ではG1に昇格しても良いのではないかと声の上がっている札幌記念。
サマー2000シリーズの第4戦でもあります。
今年はG1馬ネオリアリズムとカマヒキ、牝馬モズカッチャンの争い。
秋のG1シーズンに向けて、どんなレースになるのでしょうか。

それでは、データを参考に札幌記念をひも解いていきましょう。

過去10年のデータ

◆人気別

1番人気 (2-5-1-2)
2番人気 (1-0-2-7)
3番人気 (0-0-2-8)
4番人気 (1-0-3-6)
5番人気 (4-2-0-4)
6番人気 (1-3-2-87)
以下

秋へのステップレースとして選択する有力馬が多く、実績馬の好走が非常に多くなっていますね。
ただ、1番人気は2勝2着5回3着1回と馬券の軸としては最適ですが、2着が多く、単勝は決してオススメできません。
逆に5番人気が4勝とこのあたりの人気馬を狙うのが馬券としてはおもしろそう。
6番人気以下の好走もあって、組み合わせによっては妙味のある馬券になる可能性も十分にありそうですね。

◆枠番別

1枠(2-0-1-11)
2枠(1-2-1-11)
3枠(1-2-5-9)
4枠(1-3-0-15)
5枠(2-1-1-15)
6枠(1-1-2-16)
7枠(1-0-0-19)
8枠(1-1-0-18)

◆馬番別

1番 (2-0-0-8)
2番 (0-2-1-7)
3番 (1-0-3-6)
4番 (0-2-2-6)
5番 (2-2-1-5)
6番 (1-0-0-9)
7番 (0-0-0-10)
8番 (1-1-1-7)
9番 (0-0-1-9)
10番(0-1-1-8)
11番(1-1-0-8)
12番(0-0-0-9)
13番(2-0-0-7)
14番(0-0-0-7)
15番(0-1-0-4)
16番(0-0-0-4)

1コーナーまでの距離が385mとある程度距離があるので、ペースは落ち着きやすくなっています。
さらには、近年は瞬発力勝負になりやすく決め手が必要。
ただ、枠順に関してはハッキリしていて、真ん中から内の枠が圧倒的に有利となっていますね。
外枠は結果が出ていませんし、割引が必要そうですね。

◆性別

牡・セ(7-9-8-101)
牝  (3-1-2-13)

数では牡馬が圧倒していますが、牝馬は14年ハープスター、12年フミノイマージン、07年フサイチパンドラが勝利していますね。レッドディザイアやブエナビスタといったG1馬の名前も。
モズカッチャンにとって後押しとなるデータとなっていますね。

◆所属別

美浦(3-5-3-41)
栗東(7-5-7-73)

関西馬有利となっていますが、連対率では5分5分となっていますね。
中心は関西馬となりそうですが、関東馬も押さえておく必要がありそうですね。

◆馬齢別

3歳 (1-1-1-7) 
4歳 (3-2-1-22)
5歳 (3-4-5-27)
6歳 (3-0-1-27)
7歳上(0-3-2-31)

どの世代からも勝ち馬が出ていて、特に大きな差はなさそう。
3歳馬も侮れませんね。
また、5歳馬は複勝率が高く、7歳以上の高齢馬も馬券に絡む活躍を見せてくれています。
ただ、馬券の中心となるのは、4歳馬で間違いなさそうですね。

◆前走別

G1(3-4-6-17)
G2(0-1-0-8)
G3(7-2-4-59)
OP特別(0-0-0-16)
条件戦(0-1-0-7)
地方・海外(0-2-0-7)
近年のレベルの高さからもG1を使っていた馬や重賞で実績のある馬が好成績となっていますね。
OP特別組、条件戦組(マイスタイル)は割り引きが必要でしょう。
また、過去の実績はもちろんですがコース実績も加味したほうが良さそうですね。
※モズカッチャン、サクラアンプルール、サングレーザーの追い切りが良かったです。

◆種牡馬別

ディープインパクト(15-12-12-69)
ステイゴールド(7-10-6-50)
ハーツクライ(6-4-4-44)
キングカメハメハ(5-8-6-54)
ハービンジャー(5-4-4-43)
ゼンノロブロイ(5-3-1-34)
マンハッタンカフェ(3-5-7-34)
シンボリクリスエス(3-1-4-27)
ネオユニヴァース(3-1-1-27)
ジャングルポケット(2-6-5-29)

過去5年の札幌芝2000mの種牡馬成績になります。
昨年はキンカメ産駒(サクラアンプルール、スズカデヴィアス)が上位独占でしたね。
ただ、過去にはパワー系のノーザンダンサー系を持つ馬が好走しています。
また、近年札幌競馬場も時計が出やすくなりつつあって、瞬発力と決め手のあるSS系の好走も増えてきていますね。
個人的に、アストラエンブレム、クロコスミア、サクラアンプルール、スティッフェリオ、ナイトオブナイツ 、ミッキースワローに注目しています。
多いですね(笑)。

◆騎手別

ルメール(12-8-4-13)
福永祐一(6-13-6-24)
四位洋文(5-3-6-31)
モレイラ(5-2-0-10)
三浦皇成(4-9-3-32)
柴山雄一(4-3-3-31)
菱田裕二(4-0-1-36)
池添謙一(3-5-4-27)
松岡正海(3-1-2-23)
勝浦正樹(2-3-3-42)

過去5年の札幌芝2000mの騎手成績になります。
先週5勝したルメール騎手(マカヒキ)と英のシャーガーカップでも活躍したモレイラ騎手(ネオリアリズム)、両者の争いに注目ですね。

まとめ

 

伝統のG2レースのひとつである札幌記念。
過去の勝ち馬を見るとそうそうたるメンバーの名前がズラリと並んでいますね。
個人的には97、98年に連覇したエアグルーヴが印象に残っています。
あとは、09年に結果次第で海外遠征を目論んでいたブエナビスタが2着に敗れたレースは非常にショックを受けたのを覚えています。
今年は、復活を期する16年ダービー馬マカヒキがどのようなレースを見せてくれるのでしょうか。
個人的には、もう終わってしまったのではないかなぁと思っていて、人気を吸い取ってくれるのであれば、嬉しいなぁなんて思っています(笑)。
果たしてどんなレースとなるのか。

ちなみに、現段階で注目しているのは人気ブログランキングです。

それでは、上記データが皆様のお役に立つことができれば幸いです。

   

 - 寝ないで考えたレース見解 , , , , ,