札幌記念(G2・芝2000m)攻略【2016】

参考レース:札幌記念(2015)

◆主な有力馬

ヌーヴォレコルト 牝5(美・斉藤誠)
ハギノハイブリッド 牡5(栗・松田匡)
モーリス 牡5(美・堀)
ヤマカツエース 牡4(栗・池添)
ロジチャリス 牡4(美・国枝)

やはり注目はモーリスとヌーヴォレコルト2頭の走りでしょう。
モーリスは京都新聞杯以来となる2000mを超えるレースで、結果次第では今後の選択肢がさらに広がるはず。
一方、ヌーヴォレコルトですがこの秋は米GIレースに参戦予定。
遠征に向け、無様なレースは出来ないはずです。
他にも虎視眈々と上位を狙う馬がいて、非常に注目度の高いレースになるでしょう。
それでは、データを参考に札幌記念をひも解いていきます。

過去10年のデータ

1番人気 (3-4-0-3)
2番人気 (2-0-3-5)
3番人気 (0-0-2-8)
4番人気 (1-0-2-7)
5番人気 (3-2-0-5)
6番人気 (1-4-3-88)
以下

1番人気は3勝2着4回と非常に信頼が置けます。
それと同時に5番人気以下が4勝2着6回3着3回と好走しているのにも注目。
ただ、1番人気が馬券圏外になった3回は高配当でしたが、比較的堅いレースである事は間違いありませんね。

枠番・馬番別

◆枠番別

1枠 (1-0-0-12)
2枠 (1-1-1-11)
3枠 (1-2-4-8)
4枠 (1-4-1-11)
5枠 (2-1-1-13)
6枠 (2-1-2-13)
7枠 (0-0-0-18)
8枠 (1-0-0-17)

◆馬番別

1番 (1-0-0-8)
2番 (0-1-0-8)
3番 (1-0-2-6)
4番 (0-2-2-5)
5番 (2-2-1-3)
6番 (1-0-0-8)
7番 (0-1-0-8)
8番 (1-1-2-5)
9番 (0-0-1-8)
10番(0-1-1-7)
11番(2-1-0-6)
12番(0-0-0-8)
13番(1-0-0-7)
14番(0-0-0-7)
15番(0-0-0-5)
16番(0-0-0-4)

1コーナーまでの距離が385mと、ある程度距離があるので、ペースは落ち着きやすいです。
瞬発力勝負になりやすく決め手が必要。
ただ、枠順に関してはハッキリしていて、真ん中から内の枠が圧倒的に有利となっています。
外枠は結果が出ていませんし、割引が必要そうですね。

前走別

重賞 (10-9-10-94)
OP特別 (0-0-0-15)
条件戦 (0-1-0-6)

重賞を使ってきた馬が圧倒的に強いですが、近年は秋のGIレースや海外遠征前に使う馬も多く、GI級のメンバーが揃いやすくレベルの高い一戦になることが多いのも特徴。
GIを使ってきた馬はもちろんですが、函館記念、クイーンSを使ってきた馬が好成績となっています。

間隔別

連闘 (0-1-0-4)
2週 (0-0-0-9)
3週 (2-0-0-6)
4週 (1-1-2-27)
5週~9週 (3-4-4-33)
10週以上 (4-4-4-37)

涼しい北海道での調整が基本になりますし、休み明けでも結果は出ていますね。
間隔に関しては特に気にする必要はないでしょう。
ただ、海外遠征帰りとなるヌーヴォレコルトは状態の見極めが必要で、当日のパドック気配にも注目です。

まとめ

1番人気が予想されるモーリスは追い切りも順調で、仕上がりに関しては問題なさそう。
手綱を取るのは短期免許で来日中の香港ナンバー1ジョッキーJ.モレイラ騎手。
先週は土日で19鞍に騎乗して(5-5-4-5)といきなりの手腕を発揮しています。
距離の不安はありますが、ぜひ結果を出してもらって、秋には天皇賞に駒を進めてもらいたいものです。
それでは、上記データが皆さまのお役に立つことができれば幸いです。

   

 - 寝ないで考えたレース見解 , , , , ,