東海S(G2・中京ダ1800m)攻略【2017】

東海ステークスの主な有力馬

東海ステークス攻略(2017)

アスカノロマン 牡6(栗・川村)
グレンツェント 牡4(美・加藤征)
ピオネロ 牡6(栗・松永幹)
ラストインパクト 牡7(栗・角居)
ロワジャルダン 牡6(美・戸田)

東海Sの注目はなんといってもアスカノロマンが連覇を達成するかでしょうね。
しかし、立ちはだかるは4歳の実力馬グレンツェントに6歳馬ピオネロとロワジャルダン。
さらには、ダート初挑戦のラストインパクトも不気味な存在ですね。
どの馬が勝ってフェブラリーSに向かうのか。
それでは、データを参考に東海Sをひも解いていきましょう。

過去4年のデータ

◆人気

1番人気 (2-0-2-0)
2番人気 (0-1-0-3)
3番人気 (0-1-1-2)
4番人気 (2-0-0-2)
5番人気 (0-0-0-4)
6番人気 (0-2-1-35)
以下

中京競馬場で行われるようになって今年で5年目とデータは少ないですが、比較的上位人気では決まっていますね。
だからと言って伏兵馬も軽視は禁物。
人気の盲点となっているような実力馬が必ず1頭は食い込んできていることを忘れないでくださいね。

◆枠順

1枠(0-0-0-6)
2枠(0-0-1-5)
3枠(0-0-2-5)
4枠(1-0-0-6)
5枠(1-1-1-5)
6枠(0-1-0-7)
7枠(1-1-0-6)
8枠(1-1-0-6)

◆馬番

1番 (0-0-0-4)
2番 (0-0-0-4)
3番 (0-0-1-3)
4番 (0-0-1-3)
5番 (0-0-1-3)
6番 (2-0-1-1)
7番 (0-0-0-4)
8番 (0-0-0-4)
9番 (0-1-0-3)
10番(0-1-0-3)
11番(0-0-0-4)
12番(0-1-0-3)
13番(0-1-0-2)
14番(1-0-0-2)
15番(1-0-0-1)
16番(0-0-0-2)

直線は東京競馬場のダートコースに次ぐ長さで、しかもゴール前に勾配のきつい坂が待ち構えています。
しかし、中京ダート1800mは逃げ・先行馬が圧倒的に有利となっていますね。
直線が長くて、坂があっても前に行った馬が残ってしまうのがこの条件の特徴。
果たして今回は・・・

◆年齢別

4歳 (0-0-1-6)
5歳 (3-1-3-8)
6歳 (0-0-0-14)
7歳上(1-3-0-18)

5歳(タガノエスプレッソ、ミツバ)と7歳馬(インカンテーション、ドコフクカゼ、ラストインパクト)が好調ですね。
昨年は5歳馬が上位を独占し、4着も7歳馬が好走。
高齢馬の存在から目が離せなそうですね。

◆所属別

美浦(0-3-1-9)
栗東(4-1-3-37)

関西馬が4勝も、関東馬(グレンツェント、ロワジャルダン)も2着は3回と頑張っていますね
※今週はアスカノロマン、インカンテーション、タガノエスプレッソの追い切りが良かったです。

◆種牡馬別

シンボリクリスエス (14-10-15-119)
キングカメハメハ (12-14-13-124)
マンハッタンカフェ (11-9-4-59)
ゴールドアリュール (10-8-10-79)
クロフネ (9-7-5-87)
ゼンノロブロイ (8-4-7-72)
ハーツクライ (8-3-6-53)
ブライアンズタイム (7-10-4-42)
ディープインパクト (7-4-6-51)
ネオユニヴァース (6-7-7-71)

過去5年の中京ダ1800mの種牡馬成績になります。
キングカメハメハ(ロワジャルダン、トウショウフリーク)が成績上位で、昨年は同じミスタープロスペクター(アスカノロマン、カゼノコ)の血を持つ馬が上位を独占しています。
あとは初ダートのラストインパクトですが、SS系×ティンバーカントリーの組み合わせは一昨年のコパノリッキーと同じ血統構成。
あっと驚かせてもなんら不思議ではないでしょう。

◆騎手別

武豊 (11-4-3-28)
福永祐一 (9-7-7-24)
藤岡康太 (9-7-4-58)
松山弘平 (8-10-15-96)
松若風馬 (7-5-5-38)
太宰啓介 (7-3-3-58)
吉田隼人 (7-2-5-52)
川須栄彦 (6-8-6-68)
岩崎翼 (6-8-5-36)
古川吉洋 (6-6-5-37)

過去5年の中京ダ1800mの騎手成績になります。
福永騎手(インカンテーション)、藤岡康騎手(インカンテーション)が好成績となっていて、おもしろそうな存在になりそう。
馬券的にも妙味が見込めそうですしね。
逆にアスカノロマンの和田騎手はランク外となっていて、気になるデータではあります。

まとめ

フェブラリーSのステップレース東海S。
GIに向けて、ここは負けられない!!というのはアスカノロマン陣営が強く思うところでしょうね。
ただ、グレンツェントとピオネロも本番に向かうためにもここでしっかりと賞金を加算しておきたいはず。
なお、個人的には曲者横山典弘騎手が乗って2連勝のミツバがどんなレースをするのかに注目しています。

それでは、上記データが皆様のお役に立つことができれば幸いです。

   

 - 寝ないで考えたレース見解 , , , , ,