根岸S(G3・東京ダ1400m)攻略【2017】

根岸ステークスの主な有力馬

根岸ステークス攻略(2017)

カフジテイク 牡5(栗・湯窪)
キングズガード 牡4(栗・寺島)
ニシケンモノノフ 牡6(栗・庄野)
ノボバカラ 牡5(美・天間)
ベストウォーリア 牡7(栗・石坂)

明け4歳馬の勢いはとどまることを知らず、先週も本領発揮しましたね。
グレンツェントが東海Sを勝ってフェブラリーSの優先出走権を確保しました。
今週も連勝中のベストマッチョが重賞初挑戦となります。
昨年はモーニンがここを勝ってフェブラリーSも勝ちましたが今年は果たしてどういったレースになるのでしょうか。
それでは、過去10年のデータを参考に根岸Sをひも解いていきましょう。

過去10年のデータ

◆人気

1番人気 (3-3-0-4)
2番人気 (1-1-0-8)
3番人気 (0-1-1-8)
4番人気 (3-0-1-6)
5番人気 (1-2-2-5)
6番人気 (2-3-6-99)
以下

1番人気は3勝2着3回も、4番人気3勝、6番人気以下が2勝2着3回3着6回と伏兵馬の好走が目立つレースとなっています。
そのためか近年は、波乱含みの一戦になっていて、今年も今一歩勝ち切れていないカフジテイクが人気になりそうで、波乱必至の一戦であるということが言えそうです。

◆枠順

1枠(1-0-2-17)
2枠(1-2-1-16)
3枠(2-2-0-16)
4枠(2-1-0-17)
5枠(2-2-0-16)
6枠(1-1-2-16)
7枠(0-1-5-14)
8枠(1-1-0-18)

◆馬番

1番 (1-0-0-9)
2番 (0-0-2-8)
3番 (0-0-1-9)
4番 (1-2-0-7)
5番 (0-2-0-8)
6番 (2-0-0-8)
7番 (1-0-0-9)
8番 (1-1-0-8)
9番 (1-2-0-7)
10番(1-0-0-9)
11番(1-0-2-7)
12番(0-1-0-9)
13番(0-1-1-8)
14番(0-0-4-6)
15番(1-0-0-9)
16番(0-1-0-9)

3コーナーのスパイラルカーブ(なおかつ下り坂でスピードが落ちにくい)と高低差2.4mの急坂と500mの直線が特徴の東京ダートコース。
そのため、逃げ・先行馬有利の短距離ダートにおいて、好位からの差しが決まりやすくなっています。
ただ、スムーズに単騎で行けそうな逃げ馬には要注意。
あと、最初のコーナーまで442mと長く、枠順による有利不利はありませんね。

◆年齢別

4歳 (2-1-1-13)11.8% 17.6% 23.5%
5歳 (3-5-2-23) 9.1% 24.2% 30.3%
6歳 (4-3-1-35) 9.3% 16.3% 18.6%
7歳上(1-1-6-59)

明け4歳馬(ベストマッチョ)の勝率が高くなっていますが、馬券になっているのは5歳馬(エイシンバッケン、カフジテイク)が多いですね。
7歳馬(ベストウォーリア)以上も馬券になっている馬はいますが3着までといったところでしょう。

◆所属別

美浦(1-0-1-33)
栗東(9-10-9-89)

関西馬断然で関東馬(ノボバカラ、ベストマッチョ)にとっては嫌なデータとなっています。

◆前走別

重賞(7-3-6-59)
OP特別(3-6-3-56)
条件戦(0-1-1-10)

◆間隔別

連闘(0-0-0-3)
2週 (0-3-1-10)
3週 (1-1-1-25)
4週 (0-1-2-16)
5週~9週(3-5-4-57)
10週以上(6-0-2-19)

武蔵野Sからの直行組(キングズガード)が好成績となっていて、間隔が開いていても結果が出ていますね。
使い詰めよりもリフレッシュしている馬が好成績なのでしょう。
※今週はニシケンモノノフ、キングズガード、ノボバカラの追い切りが良かったです。

◆種牡馬別

ゴールドアリュール(24-17-12-210)
ダイワメジャー(16-16-8-149)
クロフネ(14-21-13-213)
キングカメハメハ(14-13-17-128)
サウスヴィグラス(13-14-20-195)
スウェプトオーヴァーボード(13-6-6-124)
フレンチデピュティ(12-15-6-110)
ファスリエフ(10-9-14-117)
フジキセキ(10-7-10-113)
パイロ(10-5-10-73)

過去5年の東京ダ1400mの種牡馬成績になります。
ダートの雄キングカメハメハは勝率を落としてしまっていますね。
昨年はストームバード系(エイシンバッケン)とボールドルーラー系(キングズガード、タールタン、ベストウォーリア)が上位3頭を占めています。
ちなみに、昨年と一昨年はサンデーサイレンス系(ニシケンモノノフ、ノボバカラ、グレープブランデー、グレイスフルリープ、ブライトライン)が不振の結果となっています。

◆騎手別

内田博幸(36-34-31-169)
戸崎圭太(32-12-30-164)
蛯名正義(31-26-18-171)
横山典弘(28-31-15-144)
北村宏司(28-26-30-199)
柴田善臣(24-12-14-170)
田辺裕信(23-25-23-214)
三浦皇成(19-26-19-190)
吉田豊(15-19-17-227)
石橋脩(14-14-9-179)

過去5年の東京ダ1400mの騎手成績になります。
内田騎手(ノボバカラ)と戸崎騎手(モーニン)は地方でもリーディングを取っているように、ダートでは安定した成績を残していますね。
横山典弘騎手(ニシケンモノノフ)も4位にランクインしていて、関東のリーディング上位騎手は軒並み好成績を残しているのは見逃せませんね。

まとめ

実はこのレース昨秋の武蔵野Sの再戦の様相が色濃くなっていますね。
そのときの最上位が今回人気のカフジテイクで、キングズガードが4着となっています。
その時9着だったノボバカラもその後はしっかり立て直されてカペラSに勝利。
1ハロン延長が鍵となりそうですが、今回はどういった結果になるのか非常に楽しみです。結果はいかに。

それでは、上記データが皆様のお役に立つことができれば幸いです。

   

 - 寝ないで考えたレース見解 , , , , ,