桜花賞(G1・阪神芝1600m)攻略【2017】

桜花賞の主な有力馬

桜花賞攻略(2017)

アドマイヤミヤビ 牝3(栗・西浦)
ソウルスターリング 牝3(美・藤沢和)
リスグラシュー 牝3(栗・矢作)
カラクレナイ 牝3(栗・松下)
ミスエルテ 牝3(栗・川田)

今週は、牝馬のクラシック第一弾桜花賞が阪神競馬場で行われます。
注目は無敗のソウルスターリング。
欧州の無敗馬、フランケルを父に持つ同馬は、父同様に無敗のクラシック制覇の期待がかかります。
ここまでのレースぶりを見てもその可能性は十分あるといえるでしょうね。果たして、どんな結果が待っているのか。

それでは、データを参考に桜花賞をひも解いていきましょう。

過去10年のデータ

◆人気別

1番人気 (3-2-0-5)
2番人気 (2-4-0-4)
3番人気 (2-1-1-6)
4番人気 (0-1-1-8)
5番人気 (1-0-3-6)
6番人気 (2-2-5-120)
以下

1番人気3勝も馬券圏外が5回を多いと見るのか、少ないとみるのかは判断の分かれるところでしょうね。
ただ、今年は無敗のソウルスターリングが人気に。
2番人気も2着が4回と2桁人気馬の好走もありますが、基本的には上位人気から流す馬券が本線になりそうですね。

◆枠順

1枠(0-0-1-19)
2枠(0-0-1-19)
3枠(1-0-0-19)
4枠(2-2-0-15)
5枠(3-0-3-14)
6枠(0-2-2-16)
7枠(2-3-2-23)
8枠(2-3-1-24)

◆馬番

1番 (0-0-1-9)
2番 (0-0-0-10)
3番 (0-0-1-9)
4番 (0-0-0-10)
5番 (0-0-0-10)
6番 (1-0-0-9)
7番 (1-1-0-7)
8番 (1-1-0-8)
9番 (2-0-1-7)
10番(1-0-2-7)
11番(0-0-2-8)
12番(0-2-0-8)
13番(1-0-1-8)
14番(0-2-0-8)
15番(1-1-1-7)
16番(0-1-0-9)
17番(0-0-1-9)
18番(2-2-0-6)

外回りコースを使用し、474mの長い直線と1.8mのキツイ勾配の急坂が特徴となっています。
その為、差し・追い込みが断然有利となっていますね。
特に、06年に改装してからというもの、この阪神マイル戦は馬場の良い外側を選んで走れる外枠が好成績となっています。

◆所属別

美浦(2-2-4-63)
栗東(8-8-6-85)

関西馬が8勝と大きく勝ち越していますが、ただ、今年は関東馬のソウルスターリングが勝つか負けるかというのが焦点で、あとは関西馬がどこまで迫れるかといったところでしょうか。

◆前走別

重賞(9-9-9-116)
OP特別(1-1-1-30)
条件戦(0-0-0-1)

チューリップ賞組が断然で、ついでフラワーCとなっています。
今年は同レースを勝ったファンディーナは皐月賞参戦。
阪神JF(ミスエルテ)とクイーンC(アドマイヤミヤビ)は勝ち馬こそ出ていませんが、馬券圏内の好走は多く、抑えで狙うにはこのあたりかもしれませんね。
あとはOP特別のアネモネS組(ライジングリーズン、ディアドラ)はほとんど馬券になっておらず、割り引きが必要でしょう。

◆間隔別

連闘(0-0-0-2)
2週 (1-0-1-9)
3週 (2-1-0-30)
4週 (1-2-2-36)
5週~9週(0-2-3-28)
10週以上

5週から9週が断然で、間隔が詰まっているのはあまり良くありません。
休み明けも全くダメというわけではないですが、中心はチューリップ賞組の中5週になることは確かでしょうね。
※今週は、ソウルスターリング、サロニカ、ミスパンテールの追い切りが良かったです。

◆種牡馬別

ディープインパクト(57-43-36-219)
ダイワメジャー(15-17-20-132)
キングカメハメハ(12-11-17-146)
ハーツクライ(12-10-10-102)
ステイゴールド(11-13-10-88)
マンハッタンカフェ(11-6-6-65)
アドマイヤムーン(7-4-6-62)
ネオユニヴァース(6-11-6-100)
ゼンノロブロイ(6-8-11-70)
ハービンジャー(6-7-4-39)

過去5年の阪神芝1600mの種牡馬成績になります。
過去5年でディープ産駒は3勝2着4回3着1回と好成績となっています。
ただ、今年はディープ産駒が少なく、その傾向は度外視。
基本的にはSS系が本線であることは間違いありませんが、母系にノーザンダンサー系(アドマイヤミヤビ、カリビアンゴールド、カワキタエンカ、サロニカ、ハローユニコーン、ベルカプリ)とナスルーラ系(アロンザモナ、フェルトベルク、ミスエルテ)を持つ馬に注目しようと思っています。

◆騎手別

浜中俊(25-25-11-88)
川田将雅(24-9-17-82)
デムーロ(17-14-2-39)
福永祐一(16-11-17-69)
岩田康誠(11-13-16-73)
小牧太(11-7-6-80)
武豊(8-12-7-89)
池添謙一(8-11-5-82)
ルメール(8-7-4-25)
幸英明(7-6-6-123)

阪神芝1600mの騎手成績になります。
今週も上位人気馬の手綱を取るのはデムーロ騎手とルメール騎手となっています。
対する日本人騎手は成績上位の浜中騎手(サロニカ)、川田騎手(ミスエルテ)、武豊騎手(リスグラシュー)、福永騎手(ヴゼットジョリー)、池添騎手(レーヌミノル)、幸騎手(アロンザモナ)と揃って騎乗予定。
外国人騎手VS日本人騎手の様相が色濃くなっていると言えそうですね。

まとめ

ソウルスターリングは、ここまで無敗で来てるとなると、どんな勝ち方で連勝を伸ばすのかが注目になるでしょう。
実際、ここ2戦のレース内容からも、3歳牝馬女王に一番近い存在なのは確かですし、ここも無敗で勝つようであれば、牡馬との対戦などいろいろと選択肢も増えて、楽しみは増えていくばかりです。
ファンとしても期待は高まるばかりですね。今年の桜花賞はどんなレースになるのか。

ちなみに、現在注目しているのは人気ブログランキングです。

それでは、今週も上記データが皆様のお役に立つことができれば幸いです。

王様・田端到の「マジか! 」の血統馬券術

   

 - 寝ないで考えたレース見解 , , , , ,