桜花賞(G1・阪神芝1600m)攻略【2018】

桜花賞の主な有力馬

桜花賞攻略【2018】

アーモンドアイ 牝3(美・国枝)
プリモシーン 牝3(美・木村哲)
マウレア 牝3(美・手塚)
ラッキーライラック 牝3(栗・松永幹)
リリーノーブル 牝3(栗・藤岡健)

今週は、いよいよ3歳クラシックが開幕しますね。
第一弾は3歳牝馬による桜花賞が阪神競馬場で行われます。
昨年は無敗の2歳女王ソウルスターリングが3着に敗れる波乱となりましたが、今年も昨年同様にラッキーライラックが無敗で桜花賞戴冠にチャレンジしますね。
果たして今年のラッキーライラックはどういう走りを見せてくれるのか。
無敗の女王は誕生するのか。

それでは、データを参考に桜花賞をひも解いていきましょう。

過去10年のデータ

◆人気別

1番人気 (3-1-1-5)
2番人気 (2-4-0-4)
3番人気 (1-2-1-6)
4番人気 (0-1-1-8)
5番人気 (1-0-3-6)
6番人気 (3-2-4-119)
以下

1番人気3勝2着1回3着1回。
2番人気2勝2着4回。
3番人気1勝2着2回3着1回と上位人気はまずまずの成績となっています。
ただし、1番人気の馬券圏外が5回、2番人気の馬券圏外が4回と安定感という点では多少の物足りなさが残っています。
波乱の多い3歳乙女。
今年はどうなることでしょうか。

◆枠順

1枠(0-0-1-19)
2枠(0-0-1-19)
3枠(1-0-0-19)
4枠(2-2-0-15)
5枠(3-0-3-14)
6枠(0-2-2-16)
7枠(2-3-2-23)
8枠(2-3-1-24)

◆馬番

1番 (0-0-1-9)
2番 (0-0-0-10)
3番 (0-0-1-9)
4番 (0-0-0-10)
5番 (0-0-0-10)
6番 (1-0-0-9)
7番 (1-1-0-7)
8番 (1-1-0-8)
9番 (2-0-1-7)
10番(1-0-2-7)
11番(0-0-2-8)
12番(0-2-0-8)
13番(1-0-1-8)
14番(0-2-0-8)
15番(1-1-1-7)
16番(0-1-0-9)
17番(0-0-1-9)
18番(2-2-0-6)

外回りコースを使用し、474mの長い直線と1.8mのキツイ勾配の急坂が特徴となっています。
その為、差し・追い込みが断然有利となっていますね。
特に、06年に改装してからというもの、この阪神マイル戦は馬場の良い外側を選んで走れる外枠が好成績となっています。

◆所属別

美浦(2-2-4-59)
栗東(8-8-6-89)

関西馬が8勝と大きく勝ち越していますね。
今年の関東馬はアーモンドアイ、トーセンブレス、プリモシーン、マウレア、レッドレグナントが出走を予定。
どこまで上位に食い込めるでしょうか。

◆前走別

G1(0-1-0-3)
G2(2-0-2-52)
G3(7-8-7-60)
OP特別(1-1-1-30)
条件戦(0-0-0-2)

チューリップ賞組が(7-4-6-27)で断然の成績となっていますね。
このレースからの馬がほとんど馬券になっているといえます。
今年のチューリップ賞もかなりレベルが高かったですから、別路線組がどこまでやれるかといったところですかね。
また、OP特別のアネモネS組(ハーレムライン、レッドレグナント)はほとんど馬券になっておらず、割り引きが必要でしょう。
※今週はフィニフティ、プリモシーン、リバティハイツの追い切りが良かったです。

◆種牡馬別

ディープインパクト(55-49-39-247)
ダイワメジャー(16-18-18-136)
キングカメハメハ( 13-13-14-137)
ステイゴールド(12-9-12-103)
ハーツクライ(9-11-11-103)
マンハッタンカフェ(8-8-7-68)
アドマイヤムーン(8-4-5-51)
ゼンノロブロイ(7-9-11-75)
ハービンジャー(7-7-5-54)
クロフネ(4-3-4-59)

過去5年の阪神芝1600mの種牡馬成績になります。
基本的にはSS系が本線であることは間違いありませんが、毎年のように馬券になっているディープ産駒(アンコールプリュ、トーセンブレス、フィニフティ、プリモシーン、マウレア、レッドサクヤ)は外せないでしょうね。
また、母系にノーザンダンサー系(アマルフィコースト、アンヴァル、トーセンブレス、フィニフティ、プリモシーン、マウレア、リリーノーブル、レッドサクヤ、レッドレグナント)やナスルーラ系(アンコールプリュ、ファストライフ、モルトアレグロ)を持つ馬に注目でしょう。
昨年の新種牡馬オルフェーヴル産駒(ラッキーライラック)とロードカナロア産駒(アーモンドアイ、アンヴァル、レッドレグナント)の争いにも注目です。

◆騎手別

川田将雅(24-13-16-77)
浜中俊(23-18-12-81)
デムーロ(20-16-5-44)
福永祐一(16-10-22-71)
ルメール(14-13-8-29)
小牧太(10-5-7-73)
武豊(9-14-8-90)
岩田康誠(8-13-10-74)
池添謙一(7-15-6-86)
和田竜二(7-12-14-118)

阪神芝1600mの騎手成績になります。
1番人気馬の手綱を取るのは石橋脩騎手(ラッキーライラック)です。
外国人騎手全盛のこのご時世に日本人騎手が断然の1番人気の馬に乗るのは珍しいですね。
ここはぜひ勝ってもらいたいものです。
頑張ってください。
ただし、成績上位の川田騎手(リリーノーブル)、浜中騎手(アマルフィコースト)、武豊騎手マウレア)、福永騎手(フィニフティ)、池添騎手(デルニエオール)も力のある馬に騎乗予定で、白熱した争いが見られそうですね。

まとめ

やはり注目はラッキーライラックがここでも無類の強さを見せてくれるのか。
注目はその一点に尽きると思います。
ここを勝てば無傷の5連勝。
ただし、チューリップ賞を見る限りでは、昨年のソウルスターリングよりもその可能性は高いように思えます。
リリーノーブル、マウレアは2度負かして勝負付けは済んだ印象がありますので、楽しみなのはまだラッキーライラックと対戦していない組ではないでしょうか。
例年、一筋縄で収まらないだけに、今年もひと波乱もふた波乱もありそうで仕方がありません。

ちなみに、現段階で注目しているのは人気ブログランキングです。

それでは、上記データが皆様のお役に立つことができれば幸いです。

   

 - 寝ないで考えたレース見解