毎日杯(G3・阪神芝1800m)攻略【2017】

毎日杯の主な有力馬

毎日杯攻略(2017)

サトノアーサー 牝3(栗・池江)
トラスト 牡3(栗・中村)
キセキ 牡3(栗・角居)
ガンサリュート 牡3(栗・安田隆)
クリアザトラック 牡3(栗・角居)

皐月賞に出るための最終東上便とでもいいましょうか、ここで賞金を加算してGIへと目論んでいる馬が多数出走を予定していますね。
サトノアーサーはもちろんのこと、岡田総帥自信のトラスト、一時はダービー候補とまで言われた角居厩舎のキセキに、同厩舎クリアザトラックとなかなか骨っぽいメンバーが揃ったのは間違いありません。
個人的には、トライアルレースの中で最も面白いメンバーが揃ったというのが正直な感想です。
どんなレースになるのか。

それでは、データを参考に毎日杯をひも解いていきましょう。

過去10年のデータ

1番人気 (5-1-2-2)
2番人気 (1-0-3-6)
3番人気 (1-3-1-5)
4番人気 (0-2-2-6)
5番人気 (1-1-0-8)
6番人気 (2-3-2-79)
以下

1番人気5勝で馬券圏外となったのも2回だけ。
非常に安定した結果を残していますね。
今年は8頭立てと頭数も少なく馬券の中心はここからでいいでしょう。
人気薄の好走もちょいちょいありますが、ほとんどが上位人気で決まってます。
今年も極端な穴狙いは避けた方がよさそうですね。

◆所属別
美浦(2-2-1-18)
栗東(8-8-9-88)

数では関西馬優勢ですが、少ない頭数ながらも割り合いでは5分と5分。
ただ、残念ながら今年は関東馬の出走はありませんね…。

◆枠番別

1枠(1-0-0-10)
2枠(1-3-0-8)
3枠(1-1-0-14)
4枠(1-1-4-12)
5枠(3-2-1-12)
6枠(1-1-0-17)
7枠(0-2-3-16)
8枠(2-0-2-17)

◆馬番別

1番 (1-0-0-9)
2番 (1-2-0-7)
3番 (0-1-0-9)
4番 (1-1-2-6)
5番 (0-1-2-7)
6番 (3-0-1-6)
7番 (0-1-0-8)
8番 (0-1-0-9)
9番 (1-0-1-8)
10番(2-0-0-8)
11番(0-1-1-7)
12番(0-1-0-7)
13番(0-0-0-8)
14番(1-0-2-3)
15番(0-0-1-1)
16番(0-0-0-1)
17番(0-0-0-1)
18番(0-0-0-1)

マイル戦からスタートを1ハロン後ろにずらしていて、2角奥のポケットからのスタートになります。
3コーナーまで600m以上と距離があってコーナーを2回しか回らないコースとなっています。
紛れが少なく、力のある馬が結果を出しているのが特徴。
前半はスローペースになりやすく、後半勝負の上がりの競馬になりやすくなっています。
あと、枠順による有利不利はありませんが、ロスのない内枠から真ん中枠の成績が良くなっています。
今年は8頭立てで枠は特に気にする必要はなさそうですね。

◆前走別

きさらぎ賞(2-1-0-4)
アーリントンC(2-2-0-11)
共同通信杯(4-0-1-3)
弥生賞(1-0-2-5)
シンザン記念(1-0-0-1)
OP特別(0-0-2-9)
500万下(0-5-4-46)
未勝利(0-0-1-13)
新馬(0-1-0-7)

重賞組(アルアイン、ガンサリュート、サトノアーサー)が中心となりそうですが、2着までであれば500万条件組(クリアザトラック、プラチナムバレッ)がトップの連対数となっています。
勝ち負けは重賞組で、馬券年圏内という考えであれば、500万条件組でも十分勝負になるということが言えますね。
3着までのOP特別(キセキ)は果たして…。

◆間隔別

連闘(0-0-0-1)
2週(0-3-1-15)
3週(1-1-4-21)
4週(2-2-1-22)
5週~9週(6-4-3-36)
10週~25週(1-0-0-11)
半年以上(0-0-1-0)

休み明けでも結果は出ていますし、中3週中4週でも勝利あり。
特にレース間隔は気にする必要はなさそうですね。
※サトノアーサー、クリアザトラック、アルアインの追い切りが良かったです。

◆種牡馬別

ディープインパクト(59-43-39-225)
キングカメハメハ(22-21-18-151)
ダイワメジャー(15-12-11-74)
ネオユニヴァース(13-4-7-82)
ハーツクライ(11-16-14-109)
アドマイヤムーン(9-5-6-55)
マンハッタンカフェ(9-3-11-85)
ハービンジャー(8-8-6-63)
ステイゴールド(7-7-3-89)
ブラックタイド(6-2-2-34)

過去5年の阪神芝1800mの種牡馬成績になります。
この条件は切れ味鋭いディープインパクト産駒(アルアイン、クリアザトラック、サトノアーサー)が圧倒的な成績を残しています。
ただ、この条件はパワーも必要とするためさらに母系にノーザンダンサー系の血を持っているクリアザトラックとサトノアーサーにとっては鬼に金棒でしょうね(笑)。
あと、エルコンドルパサーの血を持っているデュパルクカズマは要チェックです。

◆騎手別

福永祐一(22-19-3-68)
川田将雅(19-18-23-74)
浜中俊(15-18-14-90)
武豊(14-12-16-62)
デムーロ(14-7-7-34)
ルメール(13-3-6-28)
岩田康誠(12-16-11-86)
池添謙一(12-12-4-72)
和田竜二(8-13-10-116)
松山弘平(7-7-7-82)

過去5年の阪神芝1800mの騎手成績になります。
複勝率40%越えの川田騎手(サトノアーサー)は今度こそ勝ちたいところでしょうね。
あと数字には表れていませんが、キセキのシュタルケ騎手。
同騎手の腕は確かなのですが、日本競馬への適性という点ではデムーロ騎手やルメール騎手よりはやや下のように思えます。
結果が欲しいキセキではありますが…。

まとめ

ディープ産駒は4頭が出走を予定していてここ最近の3歳戦では最も多い頭数が揃いました。
今年は正直ディープ産駒不調の年。
それでも、この条件はディープの庭のようなものですから、ここで強い勝ち方を見せて、皐月賞でも良いレースをしてほしいものです。
逆にこの条件でディープ産駒が勝てないようであれば、今年のディープは全く期待できないということでしょう。
他の種牡馬が頑張っているからなのかは微妙なところではありますが…。
昨年のマカヒキやサトノクラウンのように強いディープ産駒がいてこそ、競馬も盛り上がるというものです。
だからこそ、この毎日杯に出走しているディープ産駒にはぜひ頑張ってもらいましょう。

ちなみに、現在注目しているのは人気ブログランキングです。

それでは、今週も上記データが皆様のお役に立つことができれば幸いです。

絶対軸馬 競馬を投資に変える、名古屋式『競馬ブック』スピード指数活用法 (競馬王新書)

<

   

 - 寝ないで考えたレース見解 , , , , ,