産経大阪杯(G1・阪神芝2000m)攻略【2017】

産経大阪杯の主な有力馬

産経大阪杯攻略(2017) 牡5(栗・池添兼)

今年からGIレースに昇格となった産経大阪杯。
昨年の年度代表馬キタサンブラック。
昨年の香港ヴァーズを勝ったサトノクラウン。
昨年のダービー馬マカヒキ。昨年のこのレース勝ち馬アンビシャス。
悲願のGI制覇に燃えるヤマカツエースと春の中距離王を決めるのに相応しい好メンバーの揃った一戦と言えるでしょうね。
一体どんなレースになるのか。

それでは、データを参考に産経大阪杯をひも解いていきましょう。

過去10年のデータ

◆人気

1番人気 (4-3-2-1)
2番人気 (2-2-1-5)
3番人気 (1-0-1-8)
4番人気 (1-0-3-6)
5番人気 (0-1-1-8)
6番人気 (2-4-2-62)
以下

1番人気4勝で馬券圏外となったのも1回だけ。
G2時代から実力馬の集まるレースで人気馬が大きく崩れることが少ないレースではあります。
10番人気以下の2桁人気が一度も馬券圏内の好走がないのも特徴ですね。
配当的にも比較的当てやすいレースであることが言えそうです。G1になる今年もその傾向はあまり変わらないと言えそうですね。

◆枠番別

1枠(0-0-0-10)
2枠(0-0-2-9)
3枠(2-2-1-8)
4枠(1-0-1-11)
5枠(1-3-1-11)
6枠(1-1-3-14)
7枠(3-2-1-13)
8枠(2-2-1-14)

◆馬番別

1番 (0-0-0-10)
2番 (0-0-2-8)
3番 (2-2-0-6)
4番 (0-0-2-8)
5番 (1-0-0-9)
6番 (0-2-2-6)
7番 (1-2-1-6)
8番 (2-1-2-5)
9番 (2-0-0-7)
10番(0-1-0-8)
11番(2-1-0-6)
12番(0-0-0-6)
13番(0-1-0-2)
14番(0-0-0-3)
15番(0-0-1-0)
16番(0-0-0-0)

このコース形態は06年の改装前となんら変わりがありません。
内回りコースで行われ、コーナーを4回も回る小回りコースとなっていますね。
前半はスローペースになりやすく、後半勝負の上がりの競馬になりやすくなっています。
あと、枠順による有利不利はありませんが、ロスのない内枠から真ん中枠の成績が良くなっています。

◆所属別
美浦(0-4-0-19)
栗東(10-6-10-70)

関西馬断然で、今年は関東馬サトノクラウンがどこまでやれるかと言ったところでしょう。

◆馬齢別

4歳 (6-3-3-15)
5歳 (3-4-2-21)
6歳 (1-2-5-25)
7歳上(0-1-0-29)

4、5歳馬が好成績で、馬券の中心になることは間違いないでしょうね。
高齢馬はディサイファだけですが、6歳馬以上は勝率がかなり低く、割り引きが必要になるでしょうね。

◆前走別

中山記念(3-2-1-11)
有馬記念(3-1-3-10)
京都記念(1-2-2-5)
小倉大賞典(0-0-0-5)
海外G1(1-0-0-1)
OP特別(1-0-0-18)
条件戦(0-1-0-3)

有馬記念組とひと叩きされた中山記念組が好成績となっていますね。
今年からGIとなり各陣営もここに全力投球の仕上げになるはず。
ですので、休み明けよりはひと叩きされている方がプラスになるでしょう。
ただ、鉄砲実績のあるキタサンブラックはそこまで割り引き材料にはならなそうですね。

◆間隔別

連闘(0-0-0-2)
2週 (0-0-0-0)
3週 (0-1-0-17)
4週 (1-0-0-16)
5週~9週(4-6-3-27)
10週以上(5-3-7-28)

間隔が空いている方が良いですが、今年からG1になってその傾向がどう変わるのか注目ですね。
今週の追い切りも要チェックでしょう。
※ミッキーロケット、キタサンブラック、サクラアンプルールの追い切りが良かったです。

◆種牡馬別

ディープインパクト (34-21-21-110)
キングカメハメハ (18-10-12-94)
ハーツクライ (10-18-13-78)
ステイゴールド (9-15-8-72)
ハービンジャー (9-8-11-42)
マンハッタンカフェ (8-14-10-71)
ジャングルポケット (7-4-6-59)
ネオユニヴァース (6-7-4-53)
シンボリクリスエス (6-4-8-51)
ゼンノロブロイ (6-3-11-51)

過去5年の阪神芝2000mの種牡馬成績になります。
ディープ産駒が好成績。
特に、この産経大阪杯は、母系にノーザンダンサー系を持つ馬(アングライフェン、ステファノス、マカヒキ、ロードヴァンドール)が好走しています。
昨年のダービー馬マカヒキにとっては間違いなく京都記念以上の条件となるでしょうね。
あと、昨年1、2着したアンビシャスとキタサンブラックも条件としては悪くはないでしょうね。
ただ、このレースに限っては、過去10年であまり結果の出ていないキンカメ産駒(サンクラアンプルール、スズカデヴィアス、ミッキーロケット、ヤマカツエース)は割り引いたほうがよさそうですね。

◆騎手別

川田将雅 (22-14-10-52)
デムーロ (14-6-4-27)
ルメール (12-5-1-15)
岩田康誠 (11-13-7-47)
浜中俊 (11-9-11-59)
和田竜二 (10-10-12-69)
福永祐一 (9-8-7-52)
幸英明 (7-7-9-80)
太宰啓介 (7-2-3-43)
武豊 (6-11-8-48)

過去5年の阪神芝2000mの騎手成績になります。
川田騎手(ステファノス)、デムーロ騎手(サトノアクラウン)、ルメール騎手(マカヒキ)が成績上位となっていますね。
武豊騎手(キタサンブラック)も連対率では上位の騎手と遜色はありません。
基本的に成績上位の騎手はみんな上手いです。
そういった意味でもGIに相応しい馬と騎手が揃っていると言えるでしょうね。
ただ、その中で池添騎手(ヤマカツエース)はランクインしておらず、割り引きが必要でしょうね。

まとめ

天皇賞春に向かうサトノダイヤモンドがいないのは残念ですが、サトノクラウンがこちらに矛先を向けてきたことで、クラウンでも勝負になるという算段が馬主サイドにはあるのでしょう。
ドバイという選択肢もあったはずですから、自信がなければこの選択にはならないでしょうからね。
ただ、迎え撃つ昨年の年度代表馬キタサンブラック、ダービー馬マカヒキもただではだまっていないはず。
正直、このレースの勝ち馬が現時点での現役最強馬といっても過言ではないでしょうから、どんなレースになるのか今から非常に楽しみで仕方がありません。

ちなみに、現在注目しているのは人気ブログランキングです。

それでは、今週も上記データが皆様のお役に立つことができれば幸いです。

王様・田端到の「マジか! 」の血統馬券術

   

 - 寝ないで考えたレース見解 , , , , ,