皐月賞(G1・中山芝2000m)攻略【2017】

皐月賞の主な有力馬

皐月賞攻略(2017)

カデナ  牡3(栗・中竹)
ウインブライト 牡3(美・畠山)
サトノアレス 牡3(美・藤沢)
スワーヴリチャード 牡3(栗・庄野)
レイデオロ 牡3(美・藤沢)
ファンディーナ 牝3(美・大竹)

今年はなんといっても紅一点のファンディーナが参戦することに尽きるでしょう。
今年は牡馬不作の年なんて言う関係者も少なくありませんが、ファンディーナ陣営も今年は勝負になる!!との目算があるのでしょう。
一体どんなレースになるのか。

それでは、データを参考に皐月賞をひも解いていきましょう。

過去10年のデータ

◆人気

1番人気 (2-2-2-4)
2番人気 (1-3-1-5)
3番人気 (2-1-2-5)
4番人気 (2-0-2-6)
5番人気 (0-0-0-10)
6番人気 (3-4-3-117)
以下

昔は紛れのあるレースで荒れるイメージもありましたが近年は、1番人気2勝、2番人気1勝、3番人気2勝、4番人気2勝で、最低でも昨年のディーマジェスティの8番人気が勝利。
2桁人気の激走も過去10年で2頭だけと極端な穴狙いは禁物でしょうね。
軸をどの人気の馬で選ぶのか。かなり重要になりそうですね。

◆所属別

美浦(4-2-2-54)
栗東(6-8-8-93)

関西馬がやや優勢ですが、昨年は関東馬のディーマジェスティが勝利していますね。
今年はどちらが勝ってもおかしくはないメンバー構成となっていますが、関東馬がやや優勢に思えるのは私だけでしょうか(笑)。

◆枠番別

1枠(1-1-1-14)
2枠(1-2-0-15)
3枠(1-1-1-15)
4枠(1-0-1-16)
5枠(0-2-1-15)
6枠(0-0-3-15)
7枠(2-1-1-22)
8枠(3-2-1-20)

◆馬番別

1番 (0-1-1-7)
2番 (2-0-0-7)
3番 (0-1-0-8)
4番 (0-1-0-8)
5番 (0-1-0-8)
6番 (1-0-1-7)
7番 (1-0-1-7)
8番 (0-0-0-9)
9番 (0-2-1-6)
10番(0-0-0-9)
11番(0-0-2-7)
12番(0-0-1-8)
13番(1-0-0-8)
14番(1-1-0-7)
15番(0-0-1-8)
16番(1-1-0-6)
17番(1-1-0-6)
18番(1-0-1-6)

スタートは4角入口あたりから。
すぐに直線の急坂があるため非常にタフなコースとなっています。
ただ、内回りでスピードのある前に行った馬が圧倒的に有利。
逆に、コーナー4つで終始外々を回される外枠は不利となっています。
ただ、近年の成績を見ると、外枠からの好走も多く、さらには内枠で脚をじっくり溜められる穴馬の好走には要注意です。

◆前走別

重賞(9-7-9-115)
OP特別(1-3-1-25)
500万下(0-0-0-7)

勝ち馬は共同通信杯(スワーヴリチャード )組とスプリングS(ウインブライト、アウトライアーズ、プラチナヴォイス)組がややリードしています。
2着は弥生賞(カデナ、マイスタイル、ダンビュライト)組が多くなっています。
若葉S(アダムバローズ)からも勝ち馬は出ていますが、重賞組と比べると割り引きが必要でしょうね。

◆間隔別

連闘(0-0-0-1)
2週 (0-0-0-9)
3週 (1-3-1-17)
4週 (0-0-1-16)
5週~9週(5-1-4-33)
10週~25週(4-5-4-21)
半年以上(0-1-0-0)

中4週、中5週~9週が好成績です。
逆に中3週以内と10週以上間隔が空いてしまうと結果が出ていませんね。
※アウトライアーズ、ファンディーナ、レイデオロの追い切りが良かったです。

◆種牡馬別

ディープインパクト(33-24-25-134)
キングカメハメハ(20-18-22-128)
ステイゴールド(16-16-20-179)
ゼンノロブロイ(16-9-9-93)
ハーツクライ(13-17-20-108)
シンボリクリスエス(12-9-10-94)
ハービンジャー(10-10-4-66)
メイショウサムソン(8-7-7-46)
ダイワメジャー(6-8-8-60)
マンハッタンカフェ(6-5-2-80)

過去5年の中山芝2000mの成績になります。
昨年はディープ産駒(アルアイン、サトノアレス、カデナ、ファンディーナ)が上位を独占。
今年もその可能性はありますが、過去勝ち馬の出ているステイゴールド(ウインブライト)はもちろん、キンカメ産駒(レイデオロ、ダンビュライト、キングズラッシュ)、マンハッタンカフェ産駒(アメリカズカズカップ)は注意が必要でしょう。
逆に好走馬の出ていないハーツ産駒(アダムズバローズ、スワーヴリチャード)は割り引いて考えたほうがいいかもしれません。

◆騎手別

戸崎圭太(21-14-12-80)
蛯名正義(20-18-11-96)
内田博幸(16-8-9-90)
田辺裕信(14-15-13-102)
吉田豊(14-6-4-97)
田中勝春(10-8-9-81)
三浦皇成(10-7-6-99)
柴山雄一(10-6-8-62)
北村宏司(9-17-21-94)
ルメール(9-5-4-14)

過去5年の中山芝2000mの成績になります。
100連敗近くした蛯名騎手は騎乗馬がありませんね。
今年絶好調の田辺騎手が選んだアウトライアーズはプラスになるでしょう。
逆に、スプリングSの敗北で評価を下げてしまったサトノアレスの戸崎騎手は気楽に乗れる怖さがあります。
桜花賞で良いところのなかったデムーロ、ルメールも怖い存在になりそうですね。

まとめ

牡馬クラシック第一弾。
三冠レース最初のレース皐月賞がいよいよに行われますね。
昨年はディーマジェスティがマカヒキとサトノダイヤモンドを下して勝利。
今年はディープ産駒不作の年と言われ続けていましたが、アルアイン、カデナ、サトノアレス、ファンディーナの1頭が出走を予定しています。
毎年のように注目を浴び続けるディープ産駒ですが、今年はこの中から勝ち馬が出てくるのか。
個人的にはなかなか面白いメンバーが揃ったと思っている今年の皐月賞。どういった結果が待っているのか。

ちなみに、現在注目しているのは人気ブログランキングです。

それでは、今週も上記データが皆様のお役に立つことができれば幸いです。

消去法シークレット・ファイル 2017-2018

   

 - 寝ないで考えたレース見解 , , , , , ,