皐月賞(G1・中山芝2000m)攻略【2018】

皐月賞の主な有力馬

皐月賞攻略【2018】

オウケンムーン  牡3(美・国枝)
ジャンダルム 牡3(栗・池江)
ステルヴィオ 牡3(美・木村哲)
タイムフライヤー 牡3(栗・松田国)
ワグネリアン 牡3(栗・友道)

昨年の2歳王者ダノンプレミアムがザ石で回避。
それでも、弥生賞2着で昨年東スポ杯2歳Sの勝ち馬ワグネリアン。
スプリングS勝ち馬ステルヴィオに2着馬エポカドーロ。
昨年のホープフルS勝ち馬タイムフライヤーに2着馬ジャンダルム。
共同通信杯勝ち馬オウケンムーン。
京成杯勝ち馬ジェネラーレウーノ。
何かと物議を醸しているケイティクレバー。
そして地方馬出身ダブルシャープとダノンプレミアムがいなくても本当にそうそうたるメンバーが揃いましたね。
果してクラシック第一弾皐月賞を勝つのはどの馬か!?

それでは、データを参考に皐月賞をひも解いていきましょう。

過去10年のデータ

◆人気別

1番人気 (2-1-2-5)
2番人気 (1-3-1-5)
3番人気 (2-1-2-5)
4番人気 (1-1-2-6)
5番人気 (0-0-0-10)
6番人気 (4-4-3-116)
以下

1番人気で勝ったのは13年のロゴタイプと10年のヴィクトワールピサだけとなっています。
G1で1番人気がここまで勝ってないのも珍しいのではないでしょうか。
今年も最有力のダノンプレミアムが回避となり一転して混戦模様。
波乱のにおいがプンプンしますね。

◆所属別
美浦(4-2-2-56)
栗東(6-8-8-91)

関東馬は4勝と頑張っていますね。
ただ、連対率、複勝率を含めると関西馬に有利なのは間違いありません。

◆枠番別

1枠(1-1-1-16)
2枠(1-2-0-17)
3枠(1-1-1-17)
4枠(1-1-1-17)
5枠(0-2-2-16)
6枠(1-0-3-16)
7枠(2-1-1-25)
8枠(3-2-1-23)

◆馬番別

1番 (0-1-1-8)
2番 (2-0-0-8)
3番 (0-1-0-9)
4番 (0-1-0-9)
5番 (0-1-0-9)
6番 (1-0-1-8)
7番 (1-1-1-7)
8番 (0-0-0-10)
9番 (0-2-1-7)
10番(1-0-2-7)
11番(0-0-1-9)
12番(1-0-0-9)
13番(1-1-0-8)
14番(1-1-0-8)
15番(0-0-1-9)
16番(1-1-0-7)
17番(1-1-0-7)
18番(1-0-1-7)

スタートは4角入口あたりから。
すぐに直線の急坂があるため非常にタフなコースとなっていますね。
ただ、内回りでスピードのある前に行った馬が圧倒的に有利。
逆に、コーナー4つで終始外々を回される外枠は圧倒的に不利となっています。
器用さのあるタイプの馬が総じて好走する確率が高くなっていますね。

◆前走別

G1(0-0-0-0)
G2(4-6-6-79)
G3(5-1-3-37)
OP特別(1-3-1-24)
500万下(0-0-0-7)

共同通信杯(オウケンムーン)からの直行組が最も多く4勝を挙げていますね。
ただ、弥生賞組(ワグネリアン、ジャンダルム)は2勝2着4回3着4回と最も馬券になっています。
※ステルヴィオ、タイムフライヤー、エポカドーロの追い切りが良かったです。

◆種牡馬別

ディープインパクト(34-21-25-144)
ステイゴールド(19-19-28-195)
ハーツクライ(17-16-22-134)
キングカメハメハ(17-15-19-107)
ハービンジャー(14-12-7-96)
ゼンノロブロイ(13-9-9-8)
シンボリクリスエス(11-7-6-91)
メイショウサムソン(8-7-6-47)
マンハッタンカフェ(6-9-4-78)
ヴィクトワールピサ(6-2-1-38)

過去5年の中山芝2000mの成績になります。
ディープ産駒(キタノコマンドール、ワグネリアン)は2年連続勝利中、3年連続連対中と好成績を残していますね。
また、パワータイプのキンカメ産駒(他にルーラーシップとロードカナロアがキンカメ産駒)も相性良く、軽視は禁物です。
ほかではステイゴールド産駒も相性良く、昨年の新種牡馬オルフェーヴル産駒(エポガドーロ)にも注目しましょう。

◆騎手別

戸崎圭太(23-20-15-100)
田辺裕信(19-21-14-89)
内田博幸(16-10-8-98)
蛯名正義(15-11-12-103)
吉田豊(14-6-3-92)
ルメール(12-6-5-14)
柴山雄一(11-7-9-67)
北村宏司(8-10-19-90)
田中勝春(8-7-9-73)
三浦皇成(8-6-9-87)

過去5年の中山芝2000mの成績になります。
戸崎騎手(エポガドーロ)がトップ成績。
ついで、今年絶好調の田辺騎手(ジェネラルウーノ)にも注目です。
また、先週アーモンドアイで桜花賞を制したルメール騎手はステルヴィオで同一年の桜花賞皐月賞ダブル制覇を狙っています。

まとめ

先週の桜花賞はアーモンドアイという可愛い名前の子が物凄い強い勝ち方で勝利しましたね。
ルメール騎手もトリプルクラウンを狙えると言っていましたし、次のオークスでの走りも非常に楽しみになりました

さて、今週の皐月賞は断然の主役候補ダノンプレミアムがまさかの回避。
ここまで本当に強いレースを見せてくれていましたし、同馬の回避は本当に残念でしたね。
昨年の朝日杯FSの再戦となるステルヴィオとの争いも楽しみだっただけに落胆されたファンの方も多かったことでしょう。
ただし、3冠馬を目指せるのはゲートに入った馬だけ。
レースに出れなければその権利を得ることもできません。
それだけに、ダノンプレミアムは多少運がなかったとも言えるでしょう。
3冠馬を目指せるのはゲートに入った馬だけ。
レースに出れなければその権利を得ることもできません。
果たしてどの馬が最初の一冠目を手にすることができるのか。

ちなみに、現段階で注目しているのは人気ブログランキングです。

それでは、上記データが皆様のお役に立つことができれば幸いです。

   

 - 寝ないで考えたレース見解 , , , , ,