目黒記念(G2・芝2500m)攻略【2018】

目黒記念の主な有力馬

目黒記念攻略【2018】

ゼーヴィント 牡4(美・木村哲)
チェスナットコート  牡4(栗・矢作)
パフォーマプロミス 牡6(栗・藤原英)
フェイムゲーム セ8(美・宗像)
ロードヴァンドール 牡5(栗・昆)

ダービーの余韻に浸りながら行われる伝統のG2目黒記念。
ダービーを当ててからになるのか、一発逆転を狙っての最終レースになるのかで、レースに臨む気持ちはだいぶ変わってきそうですね。
まぁ、多くの方は一発逆転を狙ってのレースになるのではないでしょうか(笑)。
ただ、誰しも思うのは最終レースは勝って終わりたいという事。
ハンデ重賞だけに難しいレースではありますが、ぜひ的中を手にして帰路につきたいものですね。

それでは、データを参考に目黒記念をひも解いていきます。

過去10のデータ

◆人気別

1番人気 (1-5-1-3)
2番人気 (0-1-1-8)
3番人気 (2-0-1-7)
4番人気 (1-1-1-7)
5番人気 (1-0-0-9)
6番人気 (5-3-5-107)
以下

1番人気は1勝も2着5回3着1回と馬券の軸にするには良さそうですね。
ただし3番人気が2勝しているものの、上位人気は不振で6番人気以下が5勝2着3回3着5回と伏兵馬の台頭が目立つレースとなっていますね。
昨年もそうでしたが、いかに伏兵馬を抑えておくかがカギになるでしょう。
それだけに一筋縄で行かないレースであり、難しいレースになることが予想されるでしょう。

◆年齢別

3歳 (0-0-0-1)
4歳 (3-2-4-25)
5歳 (2-7-2-30)
6歳 (2-1-1-33)
7歳上(3-0-3-52)

昨年もフェイムゲームが7歳で勝利しましたが高齢馬が馬券になっているのが特徴ですね。
ただ、世代別に大きな差はありません。
ただし、5歳馬が2勝2着7回3着2回と馬券の軸にするには良いのかもしれませんね。

◆所属別

美浦(2-4-5-55)
栗東(8-6-5-86)

関西馬有利となっていて、関東馬で馬券になっているのは多くは人気馬ばかりとなっています。
今年は上位人気も関西馬ですし、関西馬を中心に馬券を検討するのが良さそうですね。

◆枠順

1枠(1-2-3-13)
2枠(2-0-1-16)
3枠(1-2-0-16)
4枠(1-0-1-17)
5枠(0-2-2-16)
6枠(1-1-2-15)
7枠(3-0-0-25)
8枠(1-3-1-23)

◆馬番

1番 (1-0-3-6)
2番 (0-2-0-8)
3番 (0-0-1-9)
4番 (2-0-1-7)
5番 (1-1-0-8)
6番 (0-1-0-9)
7番 (0-0-0-10)
8番 (1-1-0-8)
9番 (0-2-1-7)
10番(0-0-1-9)
11番(0-0-1-8)
12番(2-0-1-7)
13番(0-0-0-9)
14番(2-0-0-7)
15番(1-0-0-8)
16番(0-1-1-7)
17番(0-2-0-6)
18番(0-0-0-8)

施行レース自体が少なく重賞はアルゼンチン共和国杯と目黒記念だけとなっていますね。
2400mのスタート地点から100mずらしたコースでとなっています。
スタートしてすぐに上り坂があって、ペースが極端に速くなることはあまりありません。東京のレースらしく、直線の切れ味勝負になりやすいのも特徴。
ただ、スタミナだけでなくスピードも必要とするので、単なるステイヤーではこなせません。
あと、枠順による有利不利はなさそうですね。

◆斤量別

50キロ以下(0-0-0-6)
51キロ  (1-1-0-3)
52キロ  (0-0-1-9)
53キロ  (0-0-1-6)
54キロ  (3-0-2-32)
55キロ  (1-2-2-23)
55.5キロ (0-0-0-0)
56キロ  (2-3-1-30)
56.5キロ (0-1-1-1)
57キロ  (2-2-1-10)
57.5キロ (0-0-0-14)
58キロ以上(1-1-1-7)

今年の出走はありませんが50キロ以下は馬券になっていません。
51キロから54キロで好走しているのは伏兵馬が多くなっていますね。
斤量の背負っている実績馬と軽ハンデ馬をうまく組み合わせた予想が、予想のカギとなりそうですね。

◆前走別

G1(2-2-3-24)
G2(0-2-0-26)
G3(3-0-2-15)
OP特別(4-4-4-55)
条件戦(1-2-1-19)

前走条件は特に気にしなくて良さそうですね。
重賞を使っていた馬、条件戦からの馬と様々なローテーションの馬が馬券になっています。
※今週はソールインパクト、サウンズオブアース、ゼーヴィントの追い切りが良かったです。

◆種牡馬別

ハーツクライ(4-2-0-17)
ジャングルポケット(2-3-1-14)
ゼンノロブロイ(2-2-2-18)
マヤノトップガン(2-1-0-10)
キングカメハメハ(2-0-3-14)
オペラハウス(2-0-0-2)
ディープインパクト(1-3-2-15)
グラスワンダー(1-1-1-5)
ステイゴールド(1-1-0-18)
アグネスタキオン(1-1-0-4)

過去5年の東京芝2500mの種牡馬成績になります。
非根幹レース(1600m、2000m、2400mで行われる主要レースとは違って中途半端な距離体系で行われるレースの事)で、施行自体が多くはありませんね。
重賞はこの目黒記念とアルゼンチン共和国杯の2つだけ。
数が少ないのでダービーのデータと合わせて参考いただければと思っています。
ただし、長距離実績のあるハーツクライ産駒(チェスナットコート、フェイムゲーム)は押さえておいたほうが良さそうですね。

◆騎手別

蛯名正義(3-3-0-13)
横山典弘(3-0-0-12)
福永祐一(2-1-0-5)
吉田隼人(2-1-0-4)
北村宏司(2-0-1-13)
戸崎圭太(1-2-3-4)
内田博幸(1-2-2-12)
吉田豊(1-2-0-12)
デム-ロ(1-1-1-2)
松岡正海(1-1-0-1)

過去5年の東京芝2500mの騎手成績になります。
上記種牡馬別同様に、ダービーのデータと合わせてご参考ください。
成績トップの蛯名騎手(チェスナットコート)と好成績の福永騎手(ソールインパクト)、戸崎騎手(ゼーヴィント)、デムーロ騎手(パフォーマプロミス)は注目でしょうね。

まとめ

伝統のG2レースと言われていますが、JRAが施行する重賞レースで最古となるのがこの目黒記念になります。
過去の勝ち馬を見てもマチカネタンホイザ、ナリタタイシンといったオールドファンには懐かしい名前がちらほらと見られますね。
また、あのステイゴールドが武豊騎手を背に、重賞初制覇を飾ったレースでもあります
そんな伝統あるG2レースですが今年はどんなドラマが待っているのでしょうか。
レースを楽しみに待ちたいと思います。

ちなみに、現段階で注目しているのは人気ブログランキングです。

それでは、上記データが皆様のお役に立つことができれば幸いです。

      2018/06/06

 - 寝ないで考えたレース見解