福島牝馬S(G3・福島芝1800m)攻略【2017】

福島牝馬ステークスの主な有力馬

福島牝馬ステークス攻略(2017)

ウインファビラス 牝4(美・鹿戸)
クインズミラーグロ 牝5(美・和田道)
シュンドルボン 牝5(栗・角居)
クロコスミア 牝4(栗・西浦)
フロンテアクイーン 牝6(栗・松永幹)

ヴィクトリアマイルの前哨戦となりますが、メンバーを見渡すと中山牝馬Sの再戦といったムードが色濃いようにも思えます。
だからといって、結果が同じになるかというと、そうならないのが競馬の面白いところでもありますね。
今回は一体どんな結果になるのか。

それではいつものようにデータを参考に福島牝馬Sをひも解いていきましょう。

過去10年のデータ

◆人気別

1番人気 (2-1-1-6)
2番人気 (0-1-2-7)
3番人気 (2-1-2-5)
4番人気 (0-4-0-6)
5番人気 (2-1-0-7)
6番人気 (4-2-5-98)
以下

昨年は15番人気のマコトブリジャールが勝利しているように、6番人気以下が4勝2着2回3着5回と荒れるレースとなっていますね。
2桁人気が7頭も馬券に絡んでいて一筋縄でいかないことは確か。
4番人気は2着が4回もある点にも注目です。

◆年齢別

4歳 (3-4-3-63)
5歳 (5-6-3-44)
6歳 (1-0-3-14)
7歳上(1-0-1-8)

4歳、5歳馬(ウインファビラス、エテルナミノル、ギモーヴ、クインズミラーグロ、クロコスミア、デンコウアンジュ、フロンテアクイーン、ブリガアルタ、ロッカフラベイビー)が好成績となっていますね。
7歳以上(ウキヨノカゼ)も頭数は少ないですが、成績は悪くありません。
しかも、穴で絡んでいて、伏兵を狙うのであれば高齢馬と言えそうですね。

◆所属別

美浦(4-5-7-72)
栗東(6-5-3-57)

ほぼ互角ですが、昨年は関西馬が上位を独占しています。
ただ、今年は関東馬が人気していて、どこまで上位に食い込めるかといったところでしょうか。

◆枠順

1枠(1-2-1-13)
2枠(1-0-1-16)
3枠(2-0-2-14)
4枠(4-1-0-13)
5枠(0-1-2-15)
6枠(0-3-0-15)
7枠(1-0-2-15)
8枠(0-2-1-15)

◆馬番別

1番 (0-0-1-8)
2番 (1-2-0-6)
3番 (1-0-0-8)
4番 (0-0-1-8)
5番 (0-0-1-8)
6番 (3-0-1-5)
7番 (0-1-0-8)
8番 (3-0-0-6)
9番 (0-0-1-8)
10番(0-2-1-6)
11番(0-1-0-8)
12番(0-1-0-8)
13番(0-0-1-8)
14番(1-0-1-7)
15番(0-0-0-9)
16番(0-2-1-5)

枠順による有利不利はありませんが、小回りコースで、直線も短くある程度前目のポジションにつけられる馬が好成績。
そのため、ロスの少ない真ん中から内枠が好成績となっています。
外枠と追い込みは割り引きが必要でしょうね。

◆前走別

重賞(10-6-6-80)
OP特別(0-1-1-15)
条件戦(0-3-3-33)

中山牝馬S(ウキヨノカゼ、クインズミラーグロ、フロンテアクイーン)が中心になることは間違いないでしょうね。
条件戦(ギモーヴ、トウカイシェーン、ブリガアルタ、ロッカフラベイビー)からも馬券に絡んでいる馬がいて、全くの軽視は禁物です。

◆間隔別

連闘(0-0-0-2)
2週 (0-3-0-9)
3週 (0-0-1-22)
4週 (0-2-0-8)
5週~9週(7-3-7-46)
10週~25週(3-3-1-41)
半年以上(0-0-0-2)

特に間隔に関係なく、順調に使われている馬が良さそうですね。
ただ、休み明けは結果が出ていないので、割り引いて考えた方が良さそうですね。
※今週はクインズミラーグロ、ウキヨノカゼ、ロッカフラベイビーの追い切りが良かったです。

◆種牡馬別

ディープインパクト(17-8-13-63)
ステイゴールド(10-12-10-106)
ゼンノロブロイ(7-7-11-52)
マンハッタンカフェ(7-4-2-56)
キングカメハメハ(7-3-3-70)
ダイワメジャー(6-10-4-68)
マツリダゴッホ(6-3-1-28)
ハーツクライ(5-4-9-49)
スペシャルウィーク(5-3-1-28)
タニノギムレット(5-1-6-46)

過去5年の福島芝1800mの成績になります。。
ディープ産駒(ショウナンアデラ、リーサルウェポン)好成績もステイゴールド(クロコスミア)、センノロブロイ(ウエスタンレベッカ)、マンハッタンカフェ(クインズミラーグロ)とスタミナよりのSS系が好成績となっていますね。
あとはミスプロ系(エテルモノル、ロッカフラベイビー)も注目です。

◆騎手別

吉田隼人(10-7-5-41)
柴田大知(8-11-7-53)
蛯名正義(8-6-3-45)
戸崎圭太(7-8-4-35)
松岡正海(7-5-3-31)
田辺裕信(7-4-6-47)
内田博幸(7-4-5-42)
丸田恭介(6-3-4-45)
勝浦正樹(5-9-1-27)
石橋脩(5-7-9-53)

過去5年の福島芝1800mの成績になります。
ローカルらしくランクインしている騎手はいつものランクとは違う名前もありますが、注目は武豊騎手と戸崎騎手でしょう。
この二人の手綱さばきからは目が離せません。
あとは、やはり成績トップの吉田隼人騎手(ウキヨノカゼ)と勝浦騎手(ブルガアルタ)にも期待します。

まとめ

今年はなんといっても、武豊騎手の参戦が目玉になりそうですね。
もちろん、ヴィクトリアマイルに向けての前哨戦であることも確かなのですが(笑)。
その武豊騎手は12年の東日本大震災で再開されたとき以来の騎乗となるそうです。
どんな手綱さばきを見せてくれるのか。
楽しみにしたいと思っています。
期待しましょうね。

ちなみに、現在注目しているのは人気ブログランキングです。

それでは、今週も上記データが皆様のお役に立つことができれば幸いです。

書き込み式キャッシュバック究極の出目攻略 完全データ主義!2017年5月~12月ALL重賞レース対応

   

 - 寝ないで考えたレース見解 , , , , ,