福島記念(G3・芝2000m)攻略【2017】

福島記念の主な有力馬

福島記念攻略【2017】

スズカデヴィアス 牡6(栗・橋田)
サンマルティン セ5(美・国枝)
フルーキー 牡6(栗・角居)
ツクバアズマオー 牡5(栗・堀井)
マイネルミラノ 牡7(美・相沢)

福島で行われる荒れるハンデ重賞。
10番人気の二桁人気馬が勝った年もあれば上位人気が全滅して3連単は49万馬券と大荒れになったこともある非常に難しいレースであります。
レースの難解さであればな夏の七夕賞の比ではありません。
今年もなかなか難しいメンバーが揃いましたが今年も大万馬券が飛び出すのでしょうか。

それでは、いつものようにデータを参考に福島記念をひも解いていきましょう。

過去10年のデータ

◆人気別

1番人気 (2-3-1-4)
2番人気 (1-1-1-7)
3番人気 (1-1-2-6)
4番人気 (0-0-1-9)
5番人気 (1-1-0-8)
6番人気 (5-4-5-86)
以下

6番人気以下が5勝2着4回3着5回と荒れる重賞であることは上記で触れたとおりです。
しかも、そのうち二桁人気が馬券に絡んだのは5頭と、非常に難解な一戦になることは間違いないでしょう。
しかし、的中させたら物凄く気持ちが良さそうですね(笑)。

◆年齢別

3歳 (3-2-2-10)
4歳 (3-1-2-14)
5歳 (1-4-2-36)
6歳 (2-2-2-35)
7歳上(1-1-2-35)

3、4歳馬が好成績ですね。
昨年も2、3着は3歳馬ですし、一昨年はヤマカツエースが3歳で勝利。
今年はウインブライト、マイネルスフェーンの3歳馬と4歳馬ジョルジュサンクに期待しましょう。

◆所属別

美浦(7-7-6-66)
栗東(3-3-4-64)

関東馬が好成績ですね。
ただ、数少ない関西馬のフルーキー、スズカデヴィアス、ベルーフ、ケイティープライドをノーマークにするのはちょっと勇気がいるような気がしますね。

◆枠順

1枠(2-3-2-10)
2枠(2-0-3-13)
3枠(4-0-0-14)
4枠(0-1-0-17)
5枠(1-2-0-15)
6枠(0-1-0-17)
7枠(0-2-1-15)
8枠(0-0-3-14)

◆馬番

1番 (2-2-1-4)
2番 (0-1-1-7)
3番 (1-0-1-7)
4番 (2-0-2-5)
5番 (1-0-0-8)
6番 (2-0-0-7)
7番 (0-0-0-9)
8番 (0-1-0-8)
9番 (1-2-0-6)
10番(0-0-0-9)
11番(0-1-0-8)
12番(0-0-0-9)
13番(0-2-1-6)
14番(0-0-1-8)
15番(0-0-0-9)
16番(0-0-2-5)

枠順による有利不利はありませんが、圧倒的に内枠が好成績ですね。
ゲートを出るとすぐに下り坂になっていて、なおかつ最初のコーナーまでの入りが500m。
そのため、テンが早くなり、前傾傾向のラップになりやすくなっています。
しかし、直線が平坦の為、先行してもなかなか止まらないのが特徴。
先行力があって、粘り強いタイプが狙い目ですね。

◆斤量別

50キロ以下(0-0-0-2)
51キロ  (2-1-0-8)
52キロ  (0-0-3-8)
53キロ  (0-1-1-14)
54キロ  (2-2-1-21)
55キロ  (1-3-2-22)
55.5キロ (0-0-0-0)
56キロ  (3-1-1-27)
56.5キロ (0-0-0-1)
57キロ  (1-0-1-19)
57.5キロ (1-1-1-5)
58キロ以上(0-1-0-3)

51キロで2勝していて勝ちがあるのは57.5キロまでとなっています。
ハンデ差関係なく走っている馬は走っているので検討する上では非常に難しくなっていると言えそうですね。

◆前走別

G1(3-1-2-5)
G2(1-2-2-32)
G3(5-1-4-42)
OP特別(0-4-2-40
条件戦(1-2-0-7)

前走重賞を使っていた馬が好成績ですね。
ただ、二桁着順からの巻き返しもあって成績は特に気にすることはなさそうですね。
※今週はフルーキー、スズカデヴィアス、ケイティープライドの追い切りが良かったです。

◆種牡馬別

ステイゴールド(12-2-6-90)
ジャングルポケット(7-3-6-58)
キングカメハメハ(7-2-4-64)
ハーツクライ(6-10-10-63)
ゼンノロブロイ(6-7-3-61)
ディープインパクト(5-18-10-93)
コンデュイット(5-4-4-19)
チチカステナンゴ(5-1-1-25)
シンボリクリスエス(4-4-8-61)
ダイワメジャー(4-1-2-25)

過去5年の福島芝2000mの種牡馬成績になります。
過去もデータであがっていたのはナスルーラ系(ウインブライト、ショウナンバッハ、フェルメッツァ、ブラックバゴ、マイネルディーン)の血の入った馬を狙えというものです。
あとは近年福島で結果を出しつつあるディープ産駒(ケイティープライド、ヒストリカル、フェルメッツァ)は人気にかかわらず狙ってみてもいいかもしれませんね。

◆騎手別

吉田隼人(14-12-9-34)
柴田大知(9-5-7-36)
蛯名正義(8-3-2-26)
丸山元気(7-4-4-36)
津村明秀(6-6-7-49)
大野拓弥(5-8-3-35)
丹内祐次(5-6-1-40)
内田博幸(5-2-3-22)
戸崎圭太(4-4-3-13)
北村宏司(4-3-2-22)

過去5年の福島芝2000mの騎手成績になります。
トップ成績の吉田隼人騎手(ジョルジュサンク)は素晴らしいです。
他では、関東の中堅騎手と言える松岡、津村、丹内は成績も悪くありませんし押さえておいたほうが良さそう。
あとは重賞で今年イマイチの成績の戸崎騎手がサンマルティンで果たして…。

まとめ

昨年の勝ち馬マルターズアポジーですが、今年はマイルCSに参戦予定となっています。
昨年のこのレースで重賞初勝利を挙げると今年に入って重賞2勝。
来週のマイルCSでも積極果敢な逃げで場内を沸かせてくれることでしょう。
話しは少し逸れましたが、今年の福島記念もマルターズアポジーに負けないようなレースになることを期待しましょう。

ちなみに、現段階で注目しているのは人気ブログランキングです。

それでは、上記データが皆様のお役に立つことができれば幸いです。

   

 - 寝ないで考えたレース見解 , , , , ,