関屋記念(G3・芝1600m)攻略

参考レース(2015)

主な有力馬

ケントオー 牡4(栗・西橋)
ダノンリバティ 牡4(栗・音無)
ピークトラム 牡5(栗・橋口)
ラングレー 牡5(栗・矢作)
ロサギガンティア 牡5(美・藤澤和)

サマーマイルシリーズ第二戦となる関屋記念。
中京記念2着のピークトラムはチャンピオンに向けてここはなんとしても勝ちたいところ。
ただ、他にも一筋縄でいかないメンバーが多数…。
どんな結果が待っているのか?!それでは、データを参考に関屋記念をひも解いていきましょう。

過去10年のデータ

1番人気 (3-3-1-3)
2番人気 (2-2-0-6)
3番人気 (0-1-2-7)
4番人気 (3-0-0-7)
5番人気 (0-2-0-8)
6番人気 (2-1-7-99)
以下

1番人気は3勝2着3回3着1回と好成績。
比較的上位人気馬で決まる傾向にあって、2桁人気の穴馬の激走もありますが、多少抑える程度で十分でしょう。

枠番・馬番別

◆枠番別

1枠 (1-0-1-15)
2枠 (0-1-2-14)
3枠 (1-0-0-16)
4枠 (0-2-0-15)
5枠 (0-1-4-15)
6枠 (0-2-0-18)
7枠 (5-1-2-18)
8枠 (3-3-1-19)

◆馬番別

1番 (1-0-1-8)
2番 (0-0-0-10)
3番 (0-1-2-7)
4番 (0-1-0-9)
5番 (0-0-1-9)
6番 (1-0-1-8)
7番 (0-1-0-9)
8番 (0-0-0-10)
9番 (1-1-1-7)
10番(0-0-2-8)
11番(0-2-0-8)
12番(2-2-0-6)
13番(3-0-0-4)
14番(1-0-1-5)
15番(0-1-0-6)
16番(1-1-0-4)
17番(0-0-1-6)
18番(0-0-0-6)

日本一長い直線は659mです。
コーナーでペースが緩んで上がりの競馬になりやすいです。
必然的に差し馬有利になるので、逃げ切るのはよっぽど展開に恵まれない限りは厳しいですね。
さらに、過去新潟コースで実績のある馬は注意が必要。
馬場の良い外側を走れる外枠が圧倒的に有利となっています。

前走別

重賞 (8-8-4-72)
OP特別 (1-1-5-44)
条件戦 (1-1-1-12)

前走着順別

1着 (2-1-1-18)
2着 (0-3-1-6)
3着 (0-0-1-8)
4着 (0-2-1-7)
5着 (0-1-0-9)
6着 (8-3-6-82)
以下

重賞を使ってきた馬が有利となっていますが、前走大敗していた馬の巻き返しが多いのも特徴です。
今年は中京記念を使ってきた馬と安田記念で大敗した馬に注目です。
ただ、条件戦を勝って参戦のヤングマンパワーは、昨年3歳馬ながらに3着した実績の持ち主。
こちらも注目ですね。

間隔別

2週 (0-0-1-5)
3週 (2-1-1-29)
4週 (0-1-1-13)
5週~9週 (2-4-2-43)
10週以上(6-4-5-39)

暑い季節のレースだけあって、使い込んでいる馬よりもリフレッシュされた馬の方が成績は良いですね。
間隔を詰めて使うよりもある程度間隔が空いている方が良さそうです。

まとめ

栗東の友道厩舎から美浦の斎藤厩舎に転厩となった昨年のNHKマイルC勝ち馬クラリティスカイ。
父クロフネの影響もあって、前走ダートを使っての参戦になります。
ただ、データ的に良くはありませんが復活はあるのでしょうか。
モーリスの動向次第では混沌が予想されるマイル路線で各陣営も早々に結果を出しておきたいところです。
今年はどのような結果になるのか。
楽しみにしましょう。それでは、上記データが皆さまのお役に立つことができれば幸いです。

   

 - 寝ないで考えたレース見解 , , , , ,