阪神カップ(G2・阪神芝1400m)攻略【2016】

る阪神カップの主な有力馬

イスラボニータ  牡5(美・栗田博)
シュウジ 牡3(栗・須貝)
ダンスディレクター 牡6(栗・笹田)
ミッキーアイル 牡5(栗・音無)
ロサギガンティア 牡5(美・藤沢和)

連覇がかかるロサギガンティアは今ノリに乗っている藤沢厩舎。
リアルインパクト、サンカルロ、キンシャサノキセキが連覇を達成していて、ガルボが2年連続で2着とリピーターホースが活躍するのがこの阪神カップの特徴となっていますね。
ロサギガンティアをはじめ、昨年も出走していたのがサンライズメジャー、ダンスディレクターもスタンバイ。
果たしてどういったレースになるのか。
それでは、データを参考に阪神カップをひも解いていきましょう。

過去10年のデータ

1番人気 (2-1-1-6)
2番人気 (1-0-1-8)
3番人気 (2-1-0-7)
4番人気 (1-0-1-8)
5番人気 (0-3-2-5)
6番人気 (4-6-4-113)
以下

1、2、3番人気で5勝も6番人気以下は4勝2着6回3着4回と3連単は毎年のように10万、20万の6ケタ配当が飛び出していますね。
波乱含みでかなり難解な一戦になっていると言えます。
ただ、今年はマイルCSミッキーアイルがいるだけに、今年はどういった傾向になるのか。
堅くおさまるようにも思えますが果たして。

◆枠番別

1枠(1-0-1-17)
2枠(1-1-2-16)
3枠(0-0-0-20)
4枠(1-1-2-16)
5枠(2-1-0-17)
6枠(0-0-0-20)
7枠(4-4-3-17)
8枠(1-4-1-24)

◆馬番別

1番 (0-0-1-8)
2番 (1-0-0-9)
3番 (1-0-1-8)
4番 (0-1-1-8)
5番 (0-0-0-10)
6番 (0-0-0-10)
7番 (0-1-1-8)
8番 (1-0-1-8)
9番 (0-0-0-10)
10番(2-1-0-7)
11番(0-0-0-10)
12番(0-0-0-10)
13番(3-2-1-4)
14番(1-2-0-7)
15番(0-1-2-7)
16番(0-1-1-8)
17番(1-1-0-8)
18番(0-1-0-7)

内回りコースで行われますが、最初のコーナーまでの距離は長く、枠順による有利不利はあまりありませんね。
ただ、データ的には、真ん中から外の成績が良くなっています。
あと、内回りですし、基本的には逃げ・先行馬が有利。
しかし、阪神カップに限っては直線の急坂もあってか、ペース次第でゴール前で一気に形勢逆転するシーンを見られるのも、このレース特有の展開となっています。

◆年齢別

3歳 (1-3-2-26)
4歳 (2-2-4-27)
5歳 (3-2-2-39)
6歳 (3-3-1-35)
7歳上(1-1-0-20)

5、6歳馬の成績がやや良くなっていますが、年齢による差はあまり見られないように思います。
3歳シュウジ。トウショウドラフタ。
7歳フィエロ。
8歳スノードラゴンでも勝ち負けになって全く驚けませんね。

◆所属別
美浦(7-7-3-43)
栗東(3-4-6-103)

関東馬が断然有利となっていますね。
今年は皐月賞馬イスラボニータ、スプリンターズS勝ち馬スノードラゴン、トウショウドラフタ、ロサギガンティアら力のある馬が揃っているので、関東馬が上位を独占してもなんら驚けないのではないでしょうか。

◆前走別

重賞(8-10-7-98)
OP特別(2-0-2-40)
条件戦(0-0-0-8)

◆前走距離
1200m  (1-4-1-46)
1400m  (3-0-2-34)
1600m  (5-7-4-56)
1800m以上(1-0-2-11)

マイル戦からの参戦馬が圧倒有利となっています。
1200m戦からですと2着が4度とやや勝ち切れない印象も見受けられます。
ただ、全くダメというわけではありません。

◆間隔別

連闘(0-0-0-2)
2週 (0-0-1-13)
3週 (2-2-0-28)
4週 (3-4-3-42)
5週~9週(5-3-5-42)
10週以上(0-2-0-20)

重賞組かつ中5週となるマイルCSからの好走が目立っていますね。
勝ったミッキーアイルはもちろんですが、イスラボニータ、スノードラゴン、フィエロはプラス材料でしょうね。

※グランシルク、サンライズメジャー、ロサギガンティア、ミッキーアイルの追い切りが良かったです。

◆種牡馬別

ディープインパクト(13-20-15-92)
ダイワメジャー(10-14-8-98)
サクラバクシンオー(10-6-6-63)
フジキセキ(8-10-8-85)
アドマイヤムーン(7-10-9-59)
キングカメハメハ(7-6-12-93)
タニノギムレット(7-6-5-58)
シンボリクリスエス(7-5-5-52)
アグネスタキオン(7-4-1-48)
ネオユニヴァース(7-3-9-58)

過去5年の阪神芝1400mの種牡馬成績になります。

ディープインパクト産駒が好成績ですが、中距離路線に比べれば他の種牡馬とそこまでの差はないように思いますね。
ただ、今年の出走予定馬はほとんどがサンデーサイレンスの系統となっていて、種牡馬で極端に推せる材料がないのも正直なところです。
ちなみに、今月に入ってからの阪神1400mはノーザンダンサーの血を持つ馬が好結果。
おさえておいて損はないでしょうね。

◆騎手別

浜中俊(20-15-10-87)
福永祐一(18-13-7-63)
岩田康誠(17-12-12-66)
川田将雅(11-14-15-70)
武豊(10-12-11-67)
池添謙一(10-2-6-60)
M・デムーロ(9-8-3-20)
小牧太(9-5-7-83)
和田竜二(8-8-6-95)
幸英明(7-9-4-121)

過去5年の阪神芝1400mの騎手成績になります。

今週騎乗停止から明ける浜中騎手(ミッキーアイル)はこの条件トップの成績を残していますね。
福永騎手(グランシルク)も勝ち鞍ではわずかに及びませんでしたが、連対率、複勝率は負けていませんし、両騎手ともに回収率が高いのも特徴です。
あとは忘れてはならないのがM・デムーロ騎手(フィエロ)です。
連対率・複勝率ともにとてつもない数字で押さえておく必要がありそうですね。

まとめ

GIIとは言っても、非常に高レベルのメンバーが揃った今年の阪神C。
ここから来年の高松宮記念に向かう馬もいれば、マイル路線に行く馬もいるはずで、この中から来年GIで活躍する馬が出てきそうな気がしています。
目が離せない一戦になりそうなのは間違いないでしょう。

それでは、上記データが皆様のお役に立つことができれば幸いです。

   

 - 寝ないで考えたレース見解