阪神ジュベナイルF(G1・阪神芝1600m)攻略【2016】

阪神ジュベナイルフィリーズの主な有力馬

%e9%98%aa%e7%a5%9e%e3%82%b8%e3%83%a5%e3%83%99%e3%83%8a%e3%82%a4%e3%83%ab%e3%83%95%e3%82%a3%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%82%ba%e6%94%bb%e7%95%a5%ef%bc%882016%ef%bc%89

ジューヌエコール 牝2(栗・安田)
ソウルスターリング 牝2(美・藤沢和)
リスグラシュー 牝2(栗・矢作)
レーヌミノル 牝2(栗・本田)
ヴゼットジョリー 牝2(栗・中内田)

フランケル産駒の大物ミスエルテは来週の朝日杯FSに出走しますが、同馬を差し置いても非常にレベルの高い一戦となりそうな今年の阪神ジュベナイルF。
近年、牝馬戦線は本当にハイレベルになりましたね。
牡馬>牝馬の図式はもう当てはまらないのではないでしょうか。
さらに、このレースを勝つようであれば、2歳女王の座はもちろん来春のクラシックに向けても期待は高まるばかりでしょうね。
それでは、データを参考に阪神JFをひも解いていきましょう。

過去10年のデータ

◆人気別

1番人気 (3-2-1-4)
2番人気 (1-1-2-6)
3番人気 (1-1-1-7)
4番人気 (2-1-2-5)
5番人気 (3-1-0-6)
6番人気 (0-4-4-122)
以下

1番人気が揃って敗れたのは1度だけと、06年に改修されてからは実力馬が力通りに結果を出しているレースと言えるでしょうね。
大荒れの12年こそ3連単は300万馬券となりましたが、6番人気以下は1度も勝利がありませんし、極端な穴狙いは禁物でしょう。

◆枠順

1枠(3-1-0-16)
2枠(0-1-2-17)
3枠(0-1-1-18)
4枠(1-1-0-18)
5枠(0-3-3-14)
6枠(1-2-1-16)
7枠(3-1-1-25)
8枠(2-0-2-26)

◆馬番

1番 (1-0-0-9)
2番 (2-1-0-7)
3番 (0-0-1-9)
4番 (0-1-1-8)
5番 (0-0-0-10)
6番 (0-1-1-8)
7番 (0-1-0-9)
8番 (1-0-0-9)
9番 (0-2-1-7)
10番(0-1-2-7)
11番(1-2-1-6)
12番(0-0-0-10)
13番(2-1-0-7)
14番(0-0-0-10)
15番(1-0-1-8)
16番(1-0-0-9)
17番(0-0-0-10)
18番(1-0-2-7)

外回りコースを使用し、474mの長い直線と1.8mのキツイ勾配の急坂が特徴となっています。
その為、差し・追い込みが有利となっていますね。
特に枠順による有利不利はなさそうですが、馬場の良い外側を選んで走れる外枠が好成績となっています。

◆所属別

美浦(3-5-5-45)
栗東(7-5-5-105)

関西馬が7勝と勝ち越していますが、数字的にはほぼ5分と5分。
むしろ連対率、複勝率は関東馬が上回っていますね。
関東馬のソウルスターリングが上位争いする可能性はかなり高いと言えそうですね。

◆前走別

ファンタジーS(1-3-3-40)
アルテミスS(1-2-1-3)
デイリー杯2歳S(1-0-0-2)
京王杯2歳S(0-1-1-4)
新潟2歳S(0-1-0-2)
OP特別(0-0-1-21)
500万下(4-2-2-45)
未勝利(1-0-0-11)
新馬(1-1-2-12)

前走レースは特に気にする必要はなさそうですね。
むしろどのレースを使ったかよりも、前走2着以内に好走していた馬が多数好走しています。
となれば最低でも2着以内が条件と言えるでしょうね。

◆距離別

1200m以下(0-0-0-19)
1400m  (2-5-6-70)
1600m  (5-5-4-49)
1800m以上(3-0-0-12)

1200mを使ってきた馬は馬券ゼロ。
マイルを使ってきた馬が5勝2着5と好成績となっています。
1400mを使ってきた馬も勝ち数では見劣るものの、2着5回3着6回と押さえには必要な存在になりそうですね。

◆種牡馬別

ディープインパクト(52-37-37-195)
ダイワメジャー(14-18-18-110)
キングカメハメハ(11-13-16-140)
ステイゴールド(10-13-8-76)
ハーツクライ(10-9-7-85)
マンハッタンカフェ(10-5-5-67)
ネオユニヴァース(7-10-6-98)
スペシャルウィーク(7-1-2-34)
アグネスタキオン(6-10-13-101)
ゼンノロブロイ(6-8-9-72)

過去5年の阪神芝1600mの種牡馬成績になります。
ディープ産駒の52勝はケタ違いですね。
非常に驚かされます。
ただ、今年はディープ産駒の出走が1頭もありません。
そうなると、傾向が当てはまるかどうかは疑問が残るところでありますね。
あとは同じサンデーサイレンス系のダイワメジャー(レーヌミノル)、ディープインパクトの全兄ブラックタイド産駒(フェルトベルク、ブラックオニキス、ポンポン)も侮れません。
あとはノーザンダンサー系のフランケル産駒がどこまで阪神コースに対応できるのか。
気になるところでしょう。

◆騎手別

浜中俊(27-30-11-98)
川田将雅(24-7-14-77)
福永祐一(20-13-15-77)
岩田康誠(15-19-19-82)
M・デムーロ(13-9-3-24)
小牧太(12-8-6-84)
池添謙一(10-8-4-73)
幸英明(9-4-6-130)
武豊(8-13-7-88)
秋山真一(7-5-7-80)

阪神芝1600mの騎手成績になります。
デムーロ騎手は勝率20%越えで、複勝率は50%と非常に高い数字を残していますね。
ただ、今週は香港での騎乗となっていて、さらに成績上位騎手が揃って不在。
そんな中、先週1000勝を達成した池添騎手(サトノアリシア)、初来日で高い適応力を見せているV・シュミノー騎手(クインズサリナ)、A・シュタルケ騎手(ディーパワンサ)、ルメール騎手(ソウルスターリング)、M・バルザローナ騎手(ジューヌエコール)に注目したいと思っています。

まとめ

昨年のメジャーエンブレムは強い勝ち方をしましたが、今年のメンバーもそれに負けず劣らずの素質馬が多数揃っていますね。
素質の高さだけなら昨年以上と言っても過言ではないでしょう。
香港のレースも気になるところではありますが、どういったレースになるのか。
日曜日を楽しみに待ちたいと思いますね。
期待しましょう。

それでは、上記データが皆様のお役に立つことができれば幸いです。

      2016/12/09

 - 寝ないで考えたレース見解 , , , , ,