阪神大賞典(G2・阪神芝3000m)攻略【2017】

阪神大賞典の主な有力馬

阪神大賞典攻略(2017)

サトノダイヤモンド 牡4(栗・池江)
シュヴァルグラン 牡5(栗・友道)
トーセンバジル 牡5(栗・藤原英)
レーヴミストラル 牡5(栗・高野)
ワンアンドオンリー 牡6(栗・橋口)

出走予定馬は10頭と少ないですが、昨年の菊花賞馬で有馬記念にも勝ったサトノダイヤモンドがこのレースから始動します。
シュヴァルグランやタンタアレグリアといった実力馬もいますが、サトノダイヤモンドがどういった勝ち方を見せてくれるのか。
焦点はその一点に尽きるでしょう。
正直、ここは負けられないというのが皆さんも思うところでしょう。
休み明けにはなりますが、強い馬に強い競馬を見せてもらいたいものですね。

それでは、データを参考に阪神大賞典をひも解いていきましょう。

過去10年のデータ

◆人気

1番人気 (4-3-2-1)
2番人気 (2-0-1-7)
3番人気 (2-1-3-4)
4番人気 (1-2-1-6)
5番人気 (1-2-2-5)
6番人気 (0-2-1-61)
以下

スプリングSも1番人気が強い結果となっていましたが、この阪神大賞典も負けじと1番人気が好結果となっていますね。
1番人気が馬券に絡まなかったのはたった1度だけ。
しかも6番人気以下は3頭だけと、スプリングS以上に堅いレースと言えるのではないでしょうか。
今週の日曜日の重賞は東西ともに堅いレースとなりそうですね。

◆枠番別

1枠(3-0-1-6)
2枠(0-4-2-4)
3枠(1-0-2-9)
4枠(0-1-0-12)
5枠(0-0-1-14)
6枠(1-3-2-11)
7枠(2-0-1-14)
8枠(3-2-1-14)

◆馬番別

1番 (3-0-1-6)
2番 (0-4-2-4)
3番 (1-0-2-7)
4番 (0-0-0-10)
5番 (0-0-0-10)
6番 (0-3-1-6)
7番 (2-0-1-7)
8番 (1-2-0-7)
9番 (0-0-0-10)
10番(1-0-1-6)
11番(1-0-2-3)
12番(0-1-0-4)
13番(1-0-0-2)
14番(0-0-0-2)
15番(0-0-0-0)
16番(0-0-0-0)

長距離戦なので特に枠順を気にする必要はないでしょうね。
レース的には、前半スローで流れて直線の切れ味勝負になることも多々あって、3000mを乗り切るスタミナはもちろんですが、最後の直線で一瞬の切れ味も必要になると言えそうです。

◆年齢別

4歳 (3-6-2-15)
5歳 (3-2-4-14)
6歳 (2-1-1-24)
7歳上(2-1-3-31)

明け4歳と5歳が好成績ですね。
これからリードしていくであろう世代がしっかりと結果を出していると言えます。
サトノダイヤモンド、グランシュヴァリエは不動の本命と言えそうです。

◆所属別

美浦(0-2-0-18)
栗東(10-8-10-65)

今年は関東馬はウインスペクトルが出走。
ただ、1000万下クラスを勝ったばかりでまだ荷が重そう。
過去のデータ、出走頭数の多さからも中心は関西馬で間違いありませんね。

◆前走別

重賞 (10-8-8-48)
OP特別 (0-1-0-3)
条件戦 (0-1-2-19)

重賞組が中心なのは間違いありません。
有馬記念組(サトノクラウン、シュヴァルグラン)は結果を出していますね。
あとはダイヤモンドS組のトウシンモステラが来たら配当的には面白そうですね。

◆間隔別

連闘(0-0-0-1)
2週 (0-0-0-2)
3週 (0-0-2-8)
4週 (2-3-2-30)
5週~9週(5-1-4-23)
10週以上(3-6-2-20)

有力馬の多くは年明け初戦として選ぶことから、間隔が空いていてもなんら問題ないですね。
むしろ中間どれだけ順調に来ているかが重要になりそうです。
※シュヴァルグラン、タマモベストプレイ、サトノクラウンの追い切りが良かったです。

◆種牡馬別

ステイゴールド(3-1-0-1)
ハーツクライ(2-1-0-3)
ディープインパクト(0-1-1-2)
ゼンノロブロイ(0-1-0-1)
ネオユニヴァース(0-1-0-0)
ダンスインザダーク(0-0-1-1)
ヤマニンセラフィム(0-0-1-0)
アドマイヤドン(0-0-1-0)
Authorized(0-0-1-0)
マンハッタンカフェ(0-0-0-2)

過去5年の阪神芝3000mの種牡馬成績になります。
当該条件のレースは阪神大賞典だけとあって、データは少ないですが、結果を出しているのは、SS系の中でもスタミナタイプのステイゴールドとハーツクライとなっていますね。
ただ、今年はディープ産駒として初めて菊花賞を勝ったサトノダイヤモンドがどんなレースを見せてくれるのか非常に期待が高まります。

◆騎手別

岩田康誠(2-0-1-0)
福永祐一(2-0-0-1)
内田博幸(1-0-0-0)
浜中俊(0-1-0-3)
武豊(0-1-0-2)
四位洋文(0-1-0-1)
池添謙一(0-1-0-0)
蛯名正義(0-1-0-0)
和田竜二(0-0-1-3)
シュタル(0-0-1-1)

過去5年の阪神芝3000mの騎手成績になります。
岩田騎手がゴールドシップで連覇していますね。
2勝している福永騎手も今年はシュヴァルグランで連覇の可能性が十分。
これにルメール騎手を加えた3人の争いに注目します。

まとめ

世界的にも、近年長距離レースの価値が下がりつつある中で、サトノダイヤモンドのような強い馬が出てくることは、今後の長距離レースで、サトノダイヤモンドに続けと言わんばかりの馬が出てくるきっかけになることは間違いないでしょうね。
阪神の長距離レースは日本の古き良き伝統でもあります。
少々、口うるさいおっさんみたいになってしまいましたが、サトノダイヤモンドには過去の名馬に負けないようなレースぶりを見せてもらいたいものですね。
個人的にはナリタブライアンがぶっちぎりで勝った阪神大賞典を思い出します。

ちなみに、現在注目しているのは人気ブログランキングです。

それでは、今週も上記データが皆様のお役に立つことができれば幸いです。

王様・田端到の「マジか! 」の血統馬券術

   

 - 寝ないで考えたレース見解 , , , , ,