阪神牝馬S(G3・阪神芝1600m)攻略【2017】

阪神牝馬Sの主な有力馬

阪神牝馬ステークス攻略(2017)

ミッキークイーン 牝5(栗・池江)
クイーンズリング 牝5(栗・吉村)
マキシマムドパリ 牝6(栗・松元)
アドマイヤリード 牝5(栗・須貝)
ジュールポレール 牝6(栗・西園)

ヴィクトリアマイルの前哨戦。
ここを勝って本番でも考えている陣営もいることでしょう。
昨年のエリザベス女王杯を勝ったクイーンズリングと一昨年の2冠牝馬ミッキークイーンに注目が集まっています。
昨年からマイル戦になって今年が2回目。
あまりデータはありませんので、これまでの条件でのデータも参照に、少しでも良い情報をお届けできればと考えています。

それでは、データを参考に阪神牝馬Sをひも解いていきましょう。

過去10年のデータ

◆人気

1番人気 (2-2-1-5)
2番人気 (2-1-0-7)
3番人気 (0-3-2-5)
4番人気 (1-1-2-6)
5番人気 (2-1-1-6)
6番人気 (3-2-4-96)
以下

1番人気から5番人気まで上位人気は比較的どの人気からも勝ち馬が出ていますね。
基本的には上位人気の中の組み合わせからの決着。
2桁人気の激走もありますが、極端な穴狙いは控えたほうが無難かもしれません。

※データが少ないため、今回の枠番別、馬番別データは割愛させていただきます。

外回りコースを使用し、474mの長い直線と1.8mのキツイ勾配の急坂が特徴となっています。
その為、差し・追い込みが断然有利となっていますね。
特に枠順による有利不利はなさそうですが、06年の改装以降は馬場の良い外側を選んで走れる外枠が好成績となっています。
この傾向は特に顕著なデータとなっています。

◆年齢別

4歳 (6-6-3-52)
5歳 (1-3-4-43)
6歳 (2-1-3-18)
7歳上(1-0-0-12)

4歳馬(クロコスミア、ジュールポレール、デンコウアンジュ)が好成績となっていますね。
逆に、年齢を重ねるごとに成績は下がっています。
今年で5歳となるミッキークイーンはどこまでやれるでしょうか。

◆所属別
美浦(4-3-0-36)
栗東(6-7-10-87)

関西馬が数では勝っていますが、割り合い的には関東馬が有利となっていますね。
ただ、今年の上位人気は関西馬ばかり。
関東馬がどこまでやれるかに注目したいと思っています。

◆前走別

重賞(2-7-8-64)
OP特別(3-2-1-29)
条件戦(5-1-1-33)

重賞組は勝率は低くなっていますが2着7回3着8回としっかりと馬券圏内に入っていますね。
逆に勝率が高いのは1600万条件を勝った馬が一番で、次いでOP特別組。
人気的にも妙味のありそうな条件戦組(アドマイヤリード、ジュールポレール)を狙ってみるのも面白そうですね。
※ジュールポレール、トーセンビクトリー、ミッキークイーンの追い切りが良かったです。

◆種牡馬別

ディープインパクト(57-43-36-219)
ダイワメジャー(15-17-20-132)
キングカメハメハ(12-11-17-146)
ハーツクライ(12-10-10-102)
ステイゴールド(11-13-10-88)
マンハッタンカフェ(11-6-6-65)
アドマイヤムーン(7-4-6-62)
ネオユニヴァース(6-11-6-100)
ゼンノロブロイ(6-8-11-70)
ハービンジャー(6-7-4-39)

過去5年の阪神芝1600mの種牡馬成績になります。
SS系で母系にノーザンダンサー系を持つ馬(クイーンズリング、クリノラホール、ジュールポレール、タッチングスピーチ、ミッキークイーン)が好成績となっているのが特徴ですね。
今年もその傾向は続きそうですね。

◆騎手別

浜中俊(25-25-11-88)
川田将雅(24-9-17-82)
デムーロ(17-14-2-39)
福永祐一(16-11-17-69)
岩田康誠(11-13-16-73)
小牧太(11-7-6-80)
武豊(8-12-7-89)
池添謙一(8-11-5-82)
ルメール(8-7-4-25)
幸英明(7-6-6-123)

阪神芝1600mの騎手成績になります。
浜中騎手(ミッキークイーン)、デムーロ騎手(クイーンズリング)、ルメール騎手(アドマイヤリード)、福永騎手(アットザシーサイド)、小牧騎手(メイショウマンボ)、武豊騎手(トーセンビクトリー)、幸騎手(ジュールポレール)とランクインしている騎手は揃いも揃って、勝ち負けの期待がかかる馬に騎乗予定。
このなかから勝ち馬が出る可能性は十分にありそうですね。

まとめ

15年のオークスと秋華賞を勝ったミッキークイーンも今年で5歳となります。
仕上がりが早く、牡馬に比べて活躍する時期の短い牝馬としては息の長い活躍と言えそうですね。
ただ、現役としてレースに出るのも今年が最後になるでしょう。
だとすれば春の女王決定戦である、ヴィクトリアマイルは何が何でも勝ちたいところでしょうね。
落馬や騎乗停止などでなかなか流れに乗れない浜中騎手も、この馬と一緒にリズムを掴んでいきたいと考えているはずです。
まずは前哨戦。この馬と騎手がどんな競馬をするのか注目していきましょう。

ちなみに、現在注目しているのは人気ブログランキングです。

それでは、今週も上記データが皆様のお役に立つことができれば幸いです。

王様・田端到の「マジか! 」の血統馬券術

   

 - 寝ないで考えたレース見解 , , , , ,