阪神牝馬S(G3・阪神芝1600m)攻略【2018】

阪神牝馬Sの主な有力馬

阪神牝馬S攻略【2018】

アドマイヤリード 牝5(栗・須貝)
ソウルスターリング 牝4(美・藤沢和)
ミスパンテール 牝4(栗・昆)
ラビットラン 牝4(栗・角居)
リスグラシュー 牝4(栗・矢作)

ヴィクトリアマイルの前哨戦、阪神牝馬Sは昨年のクラシックを沸かせた4歳馬が大集結しましたね。
正直、桜花賞の出走メンバーと比べても決してヒケを取らないメンバー構成となっていることは間違いありません。
ここを勝って本番でも主役となりうるのはどの馬か。
各陣営、本番を見据たうえでここでも負けられないと思うのは当然のこと。
勝って本番を迎えることができるのはどの馬になるのでしょうかね。

それでは、データを参考に阪神牝馬Sをひも解いていきましょう。

過去10年のデータ

◆人気別

1番人気 (3-2-0-5)
2番人気 (2-1-0-7)
3番人気 (0-3-2-5)
4番人気 (1-1-3-5)
5番人気 (1-1-1-7)
6番人気 (3-2-4-102)
以下

1番人気から二桁人気の伏兵馬までどの人気からも勝ち馬が出ていて難解な一戦となっていることがうかがえますね。
特にこれといった傾向もなさそうで、人気馬のどれを軸にするかは本人のセンスが問われるでしょう(笑)。
確実に的中を狙うのか、一発逆転を狙うのか馬券の買い方によっても変わってきそうですね。

◆枠順

1枠(1-0-1-15)
2枠(2-0-2-14)
3枠(1-0-0-17)
4枠(2-3-2-13)
5枠(1-3-0-16)
6枠(1-1-2-16)
7枠(0-0-3-20)
8枠(2-3-0-20)

◆馬番

1番(1-0-1-8)
2番(0-0-0-10)
3番(1-0-0-9)
4番(2-0-2-6)
5番(0-0-0-10)
6番(1-2-0-7)
7番(2-2-1-5)
8番(0-1-1-8)
9番(0-0-1-9)
10番(0-1-1-8)
11番(0-1-0-9)
12番(1-0-1-8)
13番(0-0-1-9)
14番(0-0-0-8)
15番(1-1-1-5)
16番(1-2-0-4)
17番(0-0-0-5)
18番(0-0-0-3)

外回りコースを使用し、474mの長い直線と1.8mのキツイ勾配の急坂が特徴となっていますね。
その為、差し・追い込みが断然有利となっていますね。
特に枠順による有利不利はなさそうですが、06年の改装以降は馬場の良い外側を選んで走れる外枠が好成績となっています。
この傾向は特に顕著なデータとなっています。

◆年齢別

4歳 (6-7-4-53)
5歳 (2-3-3-43)
6歳 (1-0-3-20)
7歳上(1-0-0-15)

4歳馬(ソウルスターリング、ミスパンテール、ミリッサ、ラビットラン、リスグラシュー)が好成績となっていますね。
今年はこの4歳馬から買えば当たる気が・・・。

◆所属別
美浦(3-3-0-34)
栗東(7-7-10-95)

数では関西馬が圧倒していますが、関東馬も割り合い的には負けてはいません。
唯一の関東馬ソウルスターリングには期待したくなりますね。

◆前走別

G1(1-1-1-11)
G2(0-1-0-3)
G3(2-4-6-51)
OP特別(3-2-1-31)
条件戦(4-2-2-27)

条件戦やOP特別組が好成績となっていますが、今年は4歳勢が強そうなので例年の傾向とは変わってきそうな気がしますね。
ほとんどが重賞で走っていた馬達でミエノサクシード、ミリッサ、レッドアヴァンセ、ワントゥワンはどこまでやれるかといったところでしょうか。
※エテルナミノル、ミリッサ、ラビットランの追い切りが良かったです。

◆種牡馬別

ディープインパクト(55-49-39-247)
ダイワメジャー(16-18-18-136)
キングカメハメハ( 13-13-14-137)
ステイゴールド(12-9-12-103)
ハーツクライ(9-11-11-103)
マンハッタンカフェ(8-8-7-68)
アドマイヤムーン(8-4-5-51)
ゼンノロブロイ(7-9-11-75)
ハービンジャー(7-7-5-54)
クロフネ(4-3-4-59)

過去5年の阪神芝1600mの種牡馬成績になります。
SS系✕ノーザンダンサー系(ジュールポレール、ミリッサ、レッドアヴァンセ、ワントゥワン)が好成績となっているのが特徴ですね。
あとはミスプロ系✕SS系(エテルナミノル)も走っています。

◆騎手別

川田将雅(24-13-16-77)
浜中俊(23-18-12-81)
デムーロ(20-16-5-44)
福永祐一(16-10-22-71)
ルメール(14-13-8-29)
小牧太(10-5-7-73)
武豊(9-14-8-90)
岩田康誠(8-13-10-74)
池添謙一(7-15-6-86)
和田竜二(7-12-14-118)

阪神芝1600mの騎手成績になります。
川田騎手(ラビットラン)がトップの成績です。
また、デムーロ騎手(アドマイヤリード)、ルメール騎手(ソウルスターリング)、福永騎手(ミエノサクシード)、武豊騎手(リスグラシュー)も好成績で有力馬に騎乗予定。
ランクインしている騎手は揃いも揃って、勝ち負けの期待がかかるでしょう。
リーディング上位の手腕に注目ですね。

まとめ

復権を目指す昨年のヴィクトリアMの勝ち馬アドマイヤリードと昨秋は古馬を相手に結果を出せなかった昨年の桜花賞馬ソウルスターリング。
対するは、重賞2連勝中の昇り馬ミスパンテールと牡馬相手に東京新聞杯を勝った勢いのあるリスグラシュー。
この4頭がどういったレースをしてくれるのか注目ですね。
個人的には昨年のこのレースで3着したジュールポレールが得意のマイル戦に戻ってどんなレースを見せてくれるのか楽しみです。
また、日曜日の桜花賞と同条件で行われるだけにどんなレースになるのか、馬場傾向を掴むうえでも参考になるでしょう。
いろいろと注目要素が詰まっているヴィクトリアM前哨戦の阪神牝馬S。
どんなレースになるのか。
今週末のレースを楽しみに待ちましょう。

ちなみに、現段階で注目しているのは人気ブログランキングです。

それでは、上記データが皆様のお役に立つことができれば幸いです。

   

 - 寝ないで考えたレース見解 , , , , ,