青葉賞(G2・芝2400m)攻略【2017】

青葉賞の主な有力馬

青葉賞攻略(2017)

アドミラブル 牡3(栗・音無)
アドマイヤウィナー 牡3(栗・須貝)
トリコロールブルー 牡3(栗・友道)
マイネルスフェーン 牡3(美・手塚)
ベストアプローチ 牡3(栗・藤原英)

クラシック第一弾皐月賞も終わってさらに混沌さが増してきた今年のクラシック戦線。
今年はかねてから混戦模様の様相を呈していましたが、皐月賞が終わって、さらにその混沌さが増した印象すら見受けられます。
この青葉賞からも本番のダービーでも通用する馬がいそうな雰囲気がプンプンと感じられます。
過去にはペルーサやウインバリアシオンがこのレースを勝って本番のダービーでも好走。
今年はどの馬が本番の切符を掴むことができるのか。

それでは、データを参考に青葉賞をひも解いていきましょう。

過去10年のデータ

◆人気別

1番人気 (4-1-2-3)
2番人気 (1-1-1-7)
3番人気 (1-0-1-8)
4番人気 (1-2-1-6)
5番人気 (0-1-1-8)
6番人気 (3-5-4-110)
以下

1番人気4勝2着1回3着2回とまずまずの安定感となっていますね。
2桁人気も走ってはいますが、堅く収まるレースも多く、極端な人気薄を過度に狙うのは禁物でしょう。
ただ、上位人気よりも6、7番人気の中穴くらいの好走が多く狙いどころと言えるでしょうね。

◆所属別

美浦(4-6-3-76)
栗東(6-4-7-66)

関西馬が優勢となっています。
今年も上位人気は関西馬。
関東馬は人気的にも伏兵馬として抑えるが良さそうですね。

◆枠順

1枠(1-2-1-15)
2枠(1-2-0-16)
3枠(2-1-1-15)
4枠(2-1-1-16)
5枠(1-2-2-15)
6枠(2-2-0-16)
7枠(0-0-2-25)
8枠(1-0-3-24)

◆馬番

1番 (0-0-1-9)
2番 (1-2-0-7)
3番 (0-2-0-8)
4番 (1-1-0-8)
5番 (2-1-0-7)
6番 (1-0-1-8)
7番 (1-0-1-8)
8番 (1-0-0-9)
9番 (0-0-0-10)
10番(0-2-2-6)
11番(2-0-0-8)
12番(0-2-0-8)
13番(0-0-1-8)
14番(0-0-2-8)
15番(0-0-0-9)
16番(0-0-1-8)
17番(1-0-1-6)
18番(0-0-0-7)
18番(0-0-0-6)

内外で有利不利がある訳ではないですが、真ん中から内枠が好成績となっていますね。
直線は530mと長く、2400mで行われるクラシックディスタンスとしては世界的に見ても非常にタフなコースとなっているのが特徴です。
また、直線には高低差2mの坂もあって差し・追い込み馬が断然有利となっています。
逃げ馬にとっては鬼門となっていて、決め手のある差し馬を狙うのが良いでしょう。

◆前走別

重賞(5-1-1-37)
OP特別(1-1-1-19)
条件戦(4-7-8-76)
未勝利(0-1-0-10)

中心となるのは重賞組で良さそうですね。
毎日杯組が好成績となっていますが、今年は出走がありません。
次いで、弥生賞組(ベストアプローチ)。
あと、500万クラス組が4勝2着7回3着8回と馬券の軸としては、安定感があると言えそうですね。

◆間隔別

連闘(0-0-0-2)
2週 (0-0-0-13)
3週 (0-0-1-15)
4週 (3-3-3-32)
5週~9週(7-7-4-67)
10週~25週以上(0-0-2-13)

間隔の詰まっている馬はあまり結果が出ていません。
中4週以上ゆったりとしたローテーションの馬が好成績。
ここで結果を出した馬はダービーが待っていますから、100%の仕上げというよりは7、80%くらいのデキで結果を出せる素質馬を狙うのが良いのでしょう。
※今週はイブキ、ベストアプローチ、ポポカテペトルの追い切りが良かったです。

◆種牡馬別

ディープインパクト(29-17-16-108)
ステイゴールド(17-12-14-109)
キングカメハメハ(11-6-10-84)
ハーツクライ(10-10-9-74)
ゼンノロブロイ(7-5-9-46)
ハービンジャー(7-1-3-29)
シンボリクリスエス(4-8-6-53)
ネオユニヴァース(4-8-4-43)
ジャングルポケット(3-7-6-68)
ダンスインザダーク(3-4-6-44)

過去5年の東京芝2400mの種牡馬成績になります。
ディープ(アドミラブル)、ステイ(ダノンキングダム、トリコロールブルー)、のSS系が好成績です。
あとは母系にグレイソヴリン系(タガノアシュラ)を持つ馬が直線の長い東京コースが合っているので狙ってみても面白そうです。

◆騎手別

蛯名正義(16-11-5-55)
戸崎圭太(15-10-10-43)
内田博幸(12-9-6-57)
北村宏司(11-6-8-54)
田辺裕信(7-11-4-51)
柴田大知(6-4-10-69)
三浦皇成(5-4-4-51)
横山典弘(5-3-4-49)
岩田康誠(5-2-0-23)
吉田豊(4-4-5-63)

過去5年の東京芝2400mの騎手成績になります。
蛯名騎手、戸崎騎手(トリコロールブルー)が好成績ですね。
あと、複勝率3割を超えている内田博騎手(ダノンキングダム)、北村宏騎手(タガノアシュラ)、田辺騎手(イブキ)も抑えておいて損はないでしょうね。

まとめ

ここ数年はなかなかの好メンバーが揃うのがこの青葉賞となっています。
しかし、この青葉賞から未だにダービー馬は誕生していないのは競馬会のジンクスのひとつでもあります。
ゼンノロブロイ、シンボリクリスエス、フェノーメノという後の名馬も青葉賞を勝ってダービーでは2着に惜敗。
他にも、エアダブリン、ウインバリアシオン、アドマイヤメインが2着に敗れています。
今年は噂のアドミラルが遅れてきた大物として注目されていますが、ここをしっかりと勝つようであれば、間違いなく本番でも注目の一頭に挙げられることになるでしょう。
果たしてどんな走りを見せてくれるのか。

ちなみに、現在注目しているのは人気ブログランキングです。

それでは、今週も上記データが皆様のお役に立つことができれば幸いです。

京大式最強の馬券セミナー [ 久保和功 ]

   

 - 寝ないで考えたレース見解