青葉賞(G2・芝2400m)攻略【2018】

青葉賞の主な有力馬

青葉賞攻略【2018】

エタリオウ 牡3(栗・友道)
オブセッション 牡3(美・藤澤)
サトノソルタス  牡3(美・堀)
スーパーフェザー 牡3(栗・友道)
ディープインラヴ 牡3(栗・矢作)

昨年の青葉賞はアドミラブルがここを勝って本番のダービーでは1番人気に支持されました。
3着には敗れたものの能力の高さを見せてくれましたね。
今年もダービーに駒を進めるべく素質馬が集結。
上位2頭までの優先出走権はどの馬が勝ち取るのか。

それでは、データを参考に青葉賞をひも解いていきましょう。

過去10年のデータ

◆人気別

1番人気 (5-1-2-2)
2番人気 (1-1-1-7)
3番人気 (0-0-1-9)
4番人気 (1-3-1-5)
5番人気 (0-1-1-8)
6番人気 (3-4-4-105)
以下

1番人気5勝2着1回3着2回と活躍していますね。
ただし、2、3、5番人気がやや不振で6番人気以下が3勝2着4回3着4回と好成績。
配当的には堅いレースと波乱のレースが極端で今年はどういった結果になるのか全くわかりませんね。

◆所属別

美浦(4-5-3-68)
栗東(6-5-7-68)

関西馬がやや優勢となっていますね。
ただ、今年は関東馬が上位人気になりそうで、関西馬がどれだけ意地を見せてくれるのか見ものですね。

◆枠順

1枠(1-2-0-15)
2枠(1-2-0-15)
3枠(2-1-1-14)
4枠(2-1-1-15)
5枠(1-1-3-15)
6枠(1-2-0-17)
7枠(1-1-2-22)
8枠(1-0-3-23)

◆馬番

1番 (0-0-0-10)
2番 (1-2-0-7)
3番 (0-2-0-8)
4番 (1-1-0-8)
5番 (2-1-0-7)
6番 (1-0-2-7)
7番 (1-0-1-8)
8番 (1-0-0-9)
9番 (0-1-0-9)
10番(1-1-2-6)
11番(1-0-0-9)
12番(0-2-0-8)
13番(0-0-2-7)
14番(0-0-1-7)
15番(0-0-0-8)
16番(0-0-1-7)
17番(1-0-1-5)
18番(0-0-0-6)

内外で有利不利がある訳ではないですが、真ん中から内枠が好成績となっていますね。
直線は530mと長く、2400mで行われるクラシックディスタンスとしては世界的に見ても非常にタフなコースとなっているのが特徴です。
また、直線には高低差2mの坂もあって差し・追い込み馬が断然有利となっています。
逃げ馬にとっては鬼門となっていて、決め手のある差し馬を狙うのが良いでしょう。

◆前走別

G1(0-0-0-2)
G2(2-2-0-20)
G3(2-0-1-14)
OP特別(1-1-1-18)
条件戦(5-7-8-71)
未勝利(0-0-0-11)

実績のある重賞組は軽視できませんね。
毎日杯組(ノストラダムス)と弥生賞組(トラストケンシン、オブセッション)に注目しています。
また、500万組が5勝2着7回3着8回と非常に好成績。
特にアザレア賞(スーパーフェザー)の勝ち馬はここ3年連続で青葉賞で結果を出しています。
※今週はサトノソルタス、エタリオウ 、カフジバンガードの追い切りが良かったです。

◆種牡馬別

ディープインパクト(28-17-19-115)
ステイゴールド(20-15-16-140)
キングカメハメハ(13-10-7-79)
ハーツクライ(10-9-9-87)
ハービンジャー(7-3-5-45)
ジャングルポケット(4-7-7-65)
ネオユニヴァース(4-7-2-41)
タニノギムレット(4-4-5-29)
ゼンノロブロイ(4-3-6-41)
シンボリクリスエス(3-5-6-44)

過去5年の東京芝2400mの種牡馬成績になります。
今年不調のディープ産駒(オブセッション、サトノソルタス、シルヴァンシャー、スーパーフェザー、スズカテイオー、ダノンマジェスティ、ディープインラヴ、ミッキーポジション)と同じSS系のステイゴールド産駒(エタリオウ)、が好成績となっていますね。
あとは母系にナスルーラ系を持っているディープインラヴに注目しています。
同馬はダービー馬ディープブリランテの全弟で、今年がデビュー年となる1口馬主クラブのフクキタルの所属馬。
ここで結果を出してなんとかダービーに向かいたいところでしょうね。

◆騎手別

戸崎圭太(19-15-10-56)
蛯名正義(12-8-4-56)
内田博幸(8-8-9-62)
吉田豊(8-5-5-63)
ルメール(8-4-5-20)
田辺裕信(7-8-5-49)
北村宏司(7-6-6-60)
デムーロ(6-3-7-14)
柴田大知(5-5-10-79)
横山典弘(5-2-3-48)

過去5年の東京芝2400mの騎手成績になります。
戸崎騎手(ダブルフラット)がダントツで好成績となっていますね。
蛯名騎手(ゴーフォザサミット)も成績は悪くないのですが、ここ最近の騎乗馬の質を見ると数字ほどの信頼感はなさそうな気がします。
あとは、複勝率の高い内田博騎手(ダノンマジェスティ)、北村宏騎手(モンテグロッソ)も抑えておいて損はないでしょうね。

まとめ

ここ数年、ここを勝ってダービーでも好走している馬が増えてきた印象がありますね。
以前はクラシックの第一弾である皐月賞組が強く、本番のダービーで別路線組は相手にならないことが多々ありました。
しかし、近年は皐月賞を嫌って青葉賞もしくはNHKマイルCからダービーへというローテーションを選択する馬が増えてきたことも、別路線組の台頭が目立つ一因なのでしょうね。
過去に青葉賞からダービーでも好走した馬に通じる条件として、勝ち時計はもちろんのこと、レースの上り3Fで最速のタイムを叩き出している事。
今年の東京競馬場の馬場は大変すばらしいですし、ここで好タイムかつ上り最速で勝つようであれば、本番のダービーでもおもしろい存在になることは間違いありませんね。
今年はどんなレースとなるのか。

ちなみに、現段階で注目しているのは人気ブログランキングです。

それでは、上記データが皆様のお役に立つことができれば幸いです。

   

 - 寝ないで考えたレース見解 , , , , ,