高松宮記念(G1・中京芝1200m)攻略【2017】

高松宮記念の主な有力馬

高松宮記念攻略(2017)

シュウジ 牡4(栗・須貝)
ソルヴェイグ 牝4(栗・鮫島)
メラグラーナ  牝5(栗・池添学)
レッツゴードンキ 牝6(栗・梅田)
レッドファルクス 牡6(美・尾関)

今週は春のGI第一弾、高松宮記念が行われますね。
秋のスプリンターズSを勝ったレッドファルクスが昨冬の香港スプリントC以来となる実戦でスプリントGI2勝目を狙っています。
他には年末の阪神Cを勝ったシュウジ。
スプリンターズS3着のソルヴェイグ。
前走京都牝馬Sで復活の勝利を挙げた15年桜花賞馬レッツゴードンキ。
オーシャンSで重賞初制覇の勢いに乗るメラグラーナなどが出走を予定。
昨年のこのレース勝ち馬、ビッグアーサーは脚部不安で回避となってしまいましたが、今年はどの馬がスプリント王者の栄冠に輝くのか。

それでは、データを参考に高松宮記念をひも解いていきましょう。

過去10年のデータ

1番人気 (4-1-3-2)
2番人気 (1-2-1-6)
3番人気 (3-1-3-3)
4番人気 (2-1-0-7)
5番人気 (0-1-0-9)
6番人気 (0-4-3-8)
以下

1番人気4勝。
2番人気1勝。
3番人気3勝。
4番人気2勝と勝ち馬は全て上位人気から出ていますね。
ただ、荒れるときはなかなかの高配当が飛び出しているように波乱含みな一戦でもあります。
そのあたりは力関係をしっかりと見極める必要があるでしょう。
今年は果たして。

◆枠番別

1枠(0-0-3-17)
2枠(3-1-0-16)
3枠(2-1-0-17)
4枠(1-0-1-18)
5枠(1-1-1-17)
6枠(2-1-1-16)
7枠(1-2-2-24)
8枠(0-4-2-24)

◆馬番別

1番 (0-0-2-8)
2番 (0-0-1-9)
3番 (0-0-0-10)
4番 (3-1-0-6)
5番 (1-0-0-9)
6番 (1-1-0-8)
7番 (0-0-0-10)
8番 (1-0-1-8)
9番 (0-0-1-9)
10番(1-1-0-8)
11番(2-0-1-7)
12番(0-1-0-9)
13番(1-0-2-7)
14番(0-1-0-9)
15番(0-1-0-9)
16番(0-0-2-8)
17番(0-4-0-6)
18番(0-0-0-9)

この中京競馬場の3コーナーは外に膨らんだ特殊なコース形態となっているのが特徴ですね。
そのため、内枠の馬はコーナーの入りがきつく、外の馬から被されやすくなってしまい、スムーズに行ける外枠が圧倒的に有利となっています。
ただ、データ的には真ん中から内が好成績。
外枠は抑えまでの成績となっています。
あとは逃げ・先行馬にとって鬼門となる直線の急坂がポイントになりますが、この坂をスムーズに乗り越えられた馬は最後まですんなりと行ってしまうので軽視は禁物です。

◆年齢別

4歳 (1-0-4-29)
5歳 (6-5-2-36)
6歳 (0-5-1-36)
7歳上(3-0-3-46)

5歳馬(メラグラーナ、レッツゴードンキ)が好成績となっていますね。
トータルで見るとそうでもないですが、勝ち数では2番目の7歳馬(ティーハーフ、トーキングドラム)と高齢馬が頑張っていますね。
あとは、4歳馬は思ったほど結果が出ていない点に着目。
シュウジ、ソルヴェイグは割り引きが必要でしょう。

◆所属別

美浦(2-4-3-44)
栗東(7-6-7-103)

数では圧倒的に関西が勝ち越しています。
ただ、出走頭数の違いこそあっても、割り合い的には東西の差はないと言えます。
今年の上位人気も東西5分5分ですから、どちらが優勢ということはなさそうですね。

◆前走別

阪急杯(5-4-4-38)
オーシャンS(3-2-3-62)
シルクロードS(1-1-3-15)
中山記念(0-1-0-1)
スプリンターズS(0-1-0-1)
阪神牝馬S(0-1-0-0)
フェブラリーS(0-0-0-7)
海外G1(1-0-0-3)
OP特別(0-0-0-6)
条件戦(0-0-0-3)

重賞を使っていた馬が圧倒的有利です。
阪急杯(トーキングドラム)、オーシャンS(メラグラーナ)の前哨戦組が好成績ですね。
海外GI(レッドファルクス)帰りも悪くはなさそうです。

◆間隔別

連闘(0-0-0-0)
2週 (0-0-0-4)
3週 (3-2-3-61)
4週 (4-6-4-41)
5週~9週(3-1-3-27)
10週~以上(0-1-0-14)

前哨戦を使ってきた馬の成績が良いですね。
中3、中4週となるオーシャンS、阪急杯が中心になることは確かでしょう。
10週以上の休み明けはあまり結果が出ていませんが、レッドファルクスはどうでしょうか。
※レッツゴードンキ、シュウジ、ヒルノデイバローの追い切りが良かったです。

◆種牡馬別

サクラバクシンオー(13-7-8-80)
キングカメハメハ(8-3-7-41)
ディープインパクト(6-8-3-40)
ダイワメジャー(6-6-5-78)
タイキシャトル(6-2-3-48)
アドマイヤムーン(5-5-5-39)
アグネスタキオン(4-3-1-29)
フジキセキ(4-1-7-28)
アドマイヤコジーン(4-1-0-25)
シンボリクリスエス(3-2-0-16)

過去5年の中京芝1200mの種牡馬成績になります。
サクラバクシンオーがトップですが、同馬は亡くなっていて参考まで。
それ以下は正直どっこどっこいの成績ですが、勝率、連対率、複勝率でサクラバクシンオーを上回っているキングカメハメハ(レッツゴードンキ、トーキングドラム)はさすがですね。
あとは単勝回収率と複勝回収率で高い数字のを残しているアドマイヤムーン(ワンスナイスムーン)は要注意でしょう。
ナスルーラ系(クリスマス、スノードラゴン、セイウンコウセイ、ソルヴェイグ、トウショウピスト)の大がけがあっても驚けません。

◆騎手別

藤岡康太(10-6-5-30)
福永祐一(9-2-5-16)
浜中俊(6-4-4-16)
北村友一(5-2-0-34)
川田将雅(4-1-2-17)
古川吉洋(4-1-1-24)
吉田隼人(4-1-0-33)
武豊(4-0-1-31)
松山弘平(3-10-4-56)
酒井学(3-5-4-34)

過去5年の中京芝1200mの騎手成績になります。
名立たるリーディング騎手を抑えてトップの成績は藤岡康太騎手(トーキングドラム)です。
ただ、リーディング上位の福永騎手(ドバイ遠征)は勝率、連対率、複勝率どれを取っても高い数字を残しているのはさすがです。
逆に、同じくリーディング上位の川田騎手(シュウジ)が数字を落としているのは気になります。

まとめ

ミッキーアイルが引退して、ビッグアーサー、ダンスディレクターは故障で回避。
メラグラーナのような昇り馬もいますが、今年の高松宮記念はなんとも寂しいメンバー構成となってしまいましたね。
口の悪い関係者は「これGIのメンバーじゃないな」なんてぼやいている方もいらっしゃいました。
しかし、逆に言えば、例年より楽な条件でGI馬の称号が得られるチャンスがあるということ。
このレースにイレ込んでいる関係者も少なくはないでしょう。
とはいえ、春のスプリントチャンピオンを決める重要な一戦。
どんな結果になるのか。楽しみに待ちましょう。

ちなみに、現在注目しているのは人気ブログランキングです。

それでは、今週も上記データが皆様のお役に立つことができれば幸いです。

絶対軸馬 競馬を投資に変える、名古屋式『競馬ブック』スピード指数活用法 (競馬王新書)

<

   

 - 寝ないで考えたレース見解 , , , , ,