AJCC(G2・中山芝2200m)攻略【2017】

AJCCの主な有力馬

AJCC攻略(2017)

シングウィズジョイ 牝5(栗・友道)
ゼーヴィント 牡4(美・木村)
タンタアレグリア 牡5(美・国枝)
ミライヘノツバサ 牡4(美・伊藤大)
リアファル 牡5(栗・音無)

今年は明け4歳馬たちが大活躍しそうな予感ですね。
先日の日経新春杯でもミッキーロケットが勝利していますし、このレースも4歳勢が中心になることでしょう。
春の新設GI、産経大阪杯に向けてどの馬も負けられない戦いになるはず。
それでは、データを参考にAJCCをひも解いていきましょう。

過去10年のデータ

1番人気 (2-0-0-8)
2番人気 (4-2-2-2)
3番人気 (1-1-2-6)
4番人気 (2-0-1-7)
5番人気 (1-2-0-7)
6番人気 (0-5-5-75)
以下

1番人気は2勝止まりでやや不振ですね。
しかし、2番人気が4勝2着2回3着2回と馬券に絡まなかったのは2回だけと信頼の置ける存在と言えます。
さらには、6番人気以下も2着5回3着5回と伏兵の台頭も目立っていますし、組み合わせ次第では美味しい配当を手にしやすいレースとも言えそうですね。

◆枠番別

1枠(0-1-1-12)
2枠(1-0-2-11)
3枠(4-1-0-9)
4枠(0-1-2-13)
5枠(2-2-2-11)
6枠(3-3-0-13)
7枠(0-1-2-17)
8枠(0-1-1-19)

◆馬番別

1番 (0-0-1-9)
2番 (0-1-2-7)
3番 (4-1-0-5)
4番 (0-1-1-8)
5番 (2-1-0-7)
6番 (1-1-0-8)
7番 (0-1-3-6)
8番 (0-0-0-10)
9番 (1-0-2-7)
10番(1-0-0-9)
11番(0-2-0-7)
12番(1-0-0-6)
13番(0-1-0-5)
14番(0-1-0-3)
15番(0-0-0-4)
16番(0-0-1-3)
17番(0-0-0-1)
18番(0-0-0-0)

4角奥のポケットからスタートして、向こう正面は1600m戦と同じ外回りコースを使用します。
道中のペースが落ちにくく、直線の坂もあってスタミナと底力が要求されるレース条件と言えそうですね。
そのため、逃げ切りは難しく、先行・差し馬が有利。
なお、枠順による内外の有利不利はなさそうですが、データ的には外枠は結果が出ておらず、真ん中から内枠が狙い目となっています。

◆年齢別

4歳 (1-2-1-13)
5歳 (3-0-4-20)
6歳 (3-1-3-27)
7歳上(3-7-2-45)

明け4歳よりも5歳以上(タンタアレグリア、リアファル、ルミナスウォリアー、マイネルフロスト)の古馬が有利となっていますね。
7歳以上(クリールカイザー)も3勝2着7回3着2回と軽視は禁物でしょう。

◆所属別

美浦(7-8-6-62)
栗東(3-2-4-43)

関東馬(ゼーヴィント、タンタアレグリア)7勝と関西馬を圧倒していますね。
このレースに限っては素直に関東馬を中心にするので間違いはなさそうですね。
ただ、人気の関西馬(リアファル)は逆らってはいけません。

◆前走別

重賞(9-8-6-67)
OP特別(0-2-2-21)
(1-0-2-17)

前走は有馬記念(リアファル)、中山金杯(クラリティスカイ)、ディセンバーS(ルミナスウォリアー)組の順で好成績となっています。金鯱賞組も悪くはないですね。
条件戦からも勝ち馬は出ていますがじゃっかんの割り引きが必要そうですね。

◆間隔別

連闘(0-0-0-3)
2週(0-0-1-14)
3週(2-2-1-21)
4週(4-2-1-15)
5週~9週(4-3-7-30)
10週以上(0-3-0-22)

間隔が詰まっているのもよくありませんが、あまり開きすぎていてもよくありません。
年末か年始のレースを使ってここに向かうローテーションが好成績に繋がっていますね。
※今週はミライヘノツバサ、ナスノセイカン、リアファルの追い切りが良かったです。

◆種牡馬別

ステイゴールド (10-6-7-61)
ディープインパクト (9-5-3-38)
ネオユニヴァース (4-6-3-24)
ゼンノロブロイ (4-5-2-24)
ジャングルポケット (4-4-3-34)
ハーツクライ (3-4-6-36)
マンハッタンカフェ (3-4-2-26)
キングカメハメハ (3-3-6-38)
ゴールドヘイロー (3-0-0-0)
シンボリクリスエス (2-6-5-43)

過去5年の中山芝2200mの成績になります。
この条件はパワーとスタミナを兼備するタイプの種牡馬が好成績。
ディープはもちろんの事、ステイゴールド(ショウナンバッハ)産駒は注目でしょう。
あとは母系にパワー型のノーザンダンサー血統(ナスノセイカン、ホッコーブレーヴ、マイネルメダリスト)を持つ馬も注意が必要です。

◆騎手別

北村宏司 (7-12-5-28)
蛯名正義 (7-2-4-30)
田辺裕信 (5-5-3-34)
柴田大知 (5-2-5-37)
柴田善臣 (4-3-6-20)
戸崎圭太 (4-1-2-18)
横山典弘 (3-3-1-29)
内田博幸 (3-2-9-24)
三浦皇成 (3-2-6-34)
福永祐一 (3-0-0-5)

過去5年の中山芝2200mの成績になります。
北村、蛯名(タンタアレグリア)の両騎手が好成績。
さらに、今年は現在リーディング争いをしている田辺騎手(ワンアンドオンリー)も上位にランクインしていて、侮れない存在になることでしょう。

まとめ

先週の日経新春杯に引き続き、今週も古馬中距離路線からは目が離せません。
それもそのはずで、4月の産経大阪杯がGIになったことに他なりません。
ここからどの馬がGI戦線に殴り込みをかけることができるのか。

それでは、上記データが皆様のお役に立つことができれば幸いです。

   

 - 寝ないで考えたレース見解 , , , , ,