CBC賞(G2・中京芝1200m)攻略【2017】

CBC賞の主な有力馬

CBC賞攻略(2017)

アルティマブラッド 牝5(栗・音無)
エイシンスパルタン 牡6(栗・藤岡)
シャイニングレイ 牡5(栗・高野)
トウショウドラフタ 牡4(美・萱野)
メラグラーナ 牝5(栗・池添学)

今週は、サマースプリントSの第2戦、CBC賞が行われますね。
注目は今年重賞初制覇を遂げて、高松宮記念にも出走したメラグラーナでしょう。
ここで結果を出して、夏のサマースプリント王者を狙うというのが陣営の思惑で、ここはなんとしても負けられないところ。
いったいどんなレースになるのか。

それでは、データを参考にCBC賞をひも解いていきましょう。

過去10年のデータ

1番人気 (2-1-1-6)
2番人気 (2-2-1-5)
3番人気 (1-1-4-4)
4番人気 (3-1-0-6)
5番人気 (0-1-0-9)
6番人気 (2-4-4-104)
以下

4番人気が3勝2着1回と目立つところですが、1番人気2勝、2番人気2勝、3番人気1勝と、上位人気が好成績となっていますね。
ただ、二桁人気が5頭も馬券に絡んでいて、一筋縄で行かないレースとも言えるでしょうね。
高配当が出ている過去のレースを見ても、難しい一戦になることは間違いないでしょうね。

◆枠番別

1枠 (1-0-1-16)
2枠 (0-1-0-17)
3枠 (3-1-2-13)
4枠 (0-2-3-15)
5枠 (0-1-0-18)
6枠 (3-1-1-15)
7枠 (1-2-2-20)
8枠 (2-2-1-20)

◆馬番別

1番 (0-0-1-9)
2番 (1-0-0-9)
3番 (0-1-0-9)
4番 (0-0-1-9)
5番 (1-1-1-7)
6番 (2-0-1-7)
7番 (0-2-0-8)
8番 (0-1-2-7)
9番 (0-0-0-10)
10番(0-0-0-10)
11番(3-1-0-6)
12番(1-1-1-7)
13番(0-0-1-9)
14番(1-0-0-8)
15番(0-2-1-5)
16番(1-0-1-6)
17番(0-1-0-4)
18番(0-0-0-2)

この中京競馬場の3コーナーは外に膨らんだ特殊なコース形態となっているのが特徴ですね。
そのため、内枠の馬はコーナーの入りがきつく、外の馬から被されやすくなってしまい、スムーズに行ける外枠が圧倒的に有利となっています。
データ的にも真ん中から外枠が好成績。
あとは逃げ・先行馬にとって鬼門となる直線の急坂がポイントになりますが、この坂をスムーズに乗り越えられた馬は最後まですんなりと行ってしまうので軽視は禁物です。

◆年齢別

3歳 (0-2-0-11)
4歳 (3-2-2-20)
5歳 (4-3-3-34)
6歳 (3-1-3-35)
7歳上(0-2-2-34)

4歳(トウショウドラフタ)、5歳、6歳が中心なのは間違いないでしょうね。
3歳(タイムトリップ)、7歳以上(スノードラゴン、ティーハーフ)は勝利がなく、抑えまでの評価となりそうです。

◆性別

牡・セン(7-7-7-97)
牝馬 (3-3-3-37)

3年連続で牝馬が連対中。
今年はアルティマブラッド、メラグラーナが人気になりそうですが、今年も牝馬が活躍しそうですね。

◆所属別

美浦(3-1-0-27)
栗東(7-9-10-107)

関西馬が優勢ですね。
ただ、関東馬はタイムトリップとトウショウドラフタの2頭ですが、決して侮れない存在になりそうですね。

◆斤量別

50キロ以下(0-1-0-5)
51キロ  (0-0-0-5)
52キロ  (0-2-0-13)
53キロ  (1-0-0-31)
54キロ  (0-2-3-23)
55キロ  (3-3-2-21)
55.5キロ (1-0-1-1)
56キロ  (2-0-2-17)
56.5キロ (0-0-0-0)
57キロ  (0-0-1-11)
57.5キロ (1-2-0-2)
58kgキロ(2-0-1-3)

好成績は55キロ。
51キロ以下は2着が一度あるだけで、あまり成績が良くありません。
極端な軽量馬は割り引きが必要でしょう。
逆に57.5キロ以上の実績馬は要注意でスノードラゴンの大駆けがあっても驚けませんね。

◆前走別

重賞(5-4-5-41)
OP特別(5-4-4-78)
条件戦(0-2-1-11)

重賞組とOP特別が5分5分。やはり、夏場は「格より調子が重視」なのでしょう。
※タイムトリップ、ティーハーフ、エイシンスパルタンの追い切りが良かったです。

◆種牡馬別

サクラバクシンオー(13-7-8-80)
キングカメハメハ(8-3-7-41)
ディープインパクト(6-8-3-40)
ダイワメジャー(6-6-5-78)
タイキシャトル(6-2-3-48)
アドマイヤムーン(5-5-5-39)
アグネスタキオン(4-3-1-29)
フジキセキ(4-1-7-28)
アドマイヤコジーン(4-1-0-25)
シンボリクリスエス(3-2-0-16)

過去5年の中京芝1200mの種牡馬成績になります。
サクラバクシンオーがトップですが、同馬は亡くなっていて参考まで。
スピードとパワーを合わせ持つキングカメハメハを筆頭にミスプロ系(エイシンスパルタン、セカンドテーブル、タイムトリップ、ティーハ-フ、ラインスピリット、ラヴァーズポイント)が好成績となっています。
あと気になるのはナスルーラ系。
今年もスノードラゴン、ナリタスターワン、ラインスピリット、ラヴァーズポイントが出走を予定していて、穴をあけるのであれば、この辺りではないでしょうか。

◆騎手別

藤岡康太(10-6-5-30)
福永祐一(9-2-5-16)
浜中俊(6-4-4-16)
北村友一(5-2-0-34)
川田将雅(4-1-2-17)
古川吉洋(4-1-1-24)
吉田隼人(4-1-0-33)
武豊(4-0-1-31)
松山弘平(3-10-4-56)
酒井学(3-5-4-34)

過去5年の中京芝1200mの騎手成績になります。
名立たるリーディング騎手を抑えてトップの成績は藤岡康太騎手です。
ただ、今回は騎乗がありませんね。
ただ、リーディング上位の福永騎手(アルティマブラッド)が勝率、連対率、複勝率どれを取っても高い数字を残しているのはさすがです。
あとは、注目は函館SSをジューヌエコールで制した北村友一騎手。
このCBC賞も有力馬の1頭シャイニングレイに騎乗予定で、ここも上位争いするようであれば、サマージョッキーSでの活躍が期待できそうですね。

まとめ

サマースプリントシリーズの2戦目ですが、ここを勝ってサマースプリント王者になった馬は06年シーイズトウショウのただ1頭だけ。
さらに、このレースを使ってスプリンターズSを勝ったのも08年のスリープレスナイトと昨年のレッドファルクスだけとなっています。
昨年のレッドファルクスのように、ここを勝ってスプリンターズSへと考えている陣営もいるはずです。
それがどの馬なのかはこの中間をしっかりと見て、見極めたいと思っています。
個人的にもなかなか面白いメンバーが揃った一戦だと思っています。
今週末を楽しみにしましょう。

ちなみに、現段階で注目しているのは人気ブログランキングです。

それでは、上記データが皆様のお役に立つことができれば幸いです。

競馬研究所2

   

 - 寝ないで考えたレース見解 , , , , ,