NHKマイルC(G1・東京芝1600m)攻略【2018】

NHKマイルCの主な有力馬

NHKマイルC攻略【2018】

カツジ 牡3(栗・池添兼)
ギベオン 牡3(美・菊沢)
ケイアイノーテック 牝3(栗・松下)
タワーオブロンドン 牡3(美・藤沢和)
テトラドラクマ 牝3(美・小西)

今週は3歳のマイル王決定戦NHKマイルCが行われます。
例年、クラシック路線組VSマイル短距離路線組の図式となるのが、今年の出走馬の大半はマイル短距離路線を歩んできた馬たちとなっています。
昨年の朝日杯FS3着タワーオブロンドンを筆頭に素質馬が終結しました。
今年はどの馬が3歳マイル王に輝くのか。

それでは、データを参考にNHKマイルCをひも解いていきます。

過去10年のデータ

◆人気別

1番人気 (6-0-0-4)
2番人気 (1-2-1-6)
3番人気 (1-2-1-6)
4番人気 (0-1-1-8)
5番人気 (0-2-0-8)
6番人気 (2-3-7-118)
以下

1番人気が6勝とまずまず。
ただし、高配当を狙うのであれば、バッサリ切ってみるのも手かと(笑)。
また、6番人気以下の2勝2着3回3着7回と勝利は全て二桁人気馬となっています。
馬券に絡んだ12頭中10頭が二桁人気馬で波乱があるとすれば穴馬の激走なのは間違いなさそうですね。

◆枠順

1枠(0-2-2-16)
2枠(2-0-1-17)
3枠(1-2-1-16)
4枠(2-0-0-18)
5枠(2-2-1-16)
6枠(0-0-3-17)
7枠(2-2-1-25)
8枠(1-3-1-25)

◆馬番

1番 (0-1-2-7)
2番 (0-1-0-9)
3番 (1-0-1-8)
4番 (1-0-0-9)
5番 (1-2-0-7)
6番 (0-0-1-9)
7番 (1-0-0-9)
8番 (1-0-0-9)
9番 (1-1-0-8)
10番(1-0-1-8)
11番(0-0-0-10)
12番(0-0-3-7)
13番(2-1-0-7)
14番(0-1-1-8)
15番(0-0-0-10)
16番(1-0-0-9)
17番(0-3-0-7)
18番(0-0-1-9)

最初のコーナーまでが550m長く、枠順による有利不利はなさそうですね。
ただ、条件的に真ん中枠が好成績。外枠はやや割り引きが必要でしょう。
さらには、東京のマイル戦は距離以上にスタミナを要し、タフさが求められるのが特徴。
やはり、3コーナーの下り坂が、息つく暇を与えてくれないのが要因なのでしょう。
基本的には差し・追い込み馬が有利ですが、逃げ馬は4頭が馬券になっていて軽視は禁物ですね。

◆所属別
美浦(3-6-3-64)
栗東(7-4-7-86)

関西馬が7勝と優勢となっていますね。
データ的にも関西馬が有利となっていて、関東馬のタワーオブロンドンは勝ち負けの期待がありますが、プリモシーン、テトラドラクマ、デルタバローズ、トーセンブレス、ルーカス、ロックディスタウンらがどこまで上位に食い込めるかと言ったところでしょうね。

◆性別

牡・セ(8-8-9-132)
牝馬 (2-2-1-18)

数は多くありませんが牝馬の好走がひかっています。
今年もアンコールプリュ、トーセンブレス、プリモシーンといった桜花賞組と同条件のクイーンCを勝っているテトラドラクマの走りから目が離せませんね。

◆前走別

G1(3-2-2-27)
G2(4-3-6-61)
G3(3-3-1-24)
OP特別(0-2-1-33)
条件戦(0-0-0-5)

重賞組が断然でニュージーランドT(カシアス、カツジ、ケイアイノーテック、デルタバローズ、リョーノテソーロ)が4勝とトップ成績。桜花賞(アンコールプリュ、トーセンブレス、プリモシーン)も2勝と、クラシックに駒を進めた実績のある馬が好成績となっていますね。
ただし、今年からトライアルとなったアーリントンC(タワーオブロンドン、ダノンスマッシュ、パクスアメリカーナ、レッドヴェイロン)の取捨をどうするか…。
難しいところではあります。
※今週はモンドキャンノ、アエロリット、タイムトリップの追い切りが良かったです。

◆種牡馬別

ディープインパクト(68-53-40-289)
ダイワメジャー(29-21-25-190)
ハーツクライ(23-14-8-162)
キングカメハメハ(17-20-12-177)
ステイゴールド(16-12-22-135)
クロフネ(12-8-4-65)
ネオユニヴァース(10-10-13-108)
シンボリクリスエス(9-10-11-101)
ハービンジャー(8-4-12-54)
メイショウサムソン(7-7-3-48)

過去5年の東京芝1600mの種牡馬成績になります。
この条件はパワーとスタミナを合わせ持つノーザンダンサー系を持つ馬が好成績となっています。
ただ、今年はSS×ノーザンダンサー系の組み合わせが多く、選ぶのが難しくなっていますね。
その中では、ディープ×ノーザンダンサー系のカツジ、ギベオン、トーセンブレス、プリモシーンに注目しています。
あと、個人的にはゴリゴリの米血統であるScat Daddy産駒のミスターメロディがどこまでやれるかと言ったところでしょうか。

◆騎手別

戸崎圭太(39-26-19-159)
ルメール(28-19-10-46)
北村宏司(26-23-18-160)
横山典弘(24-12-16-142)
三浦皇成(22-17-7-108)
蛯名正義(21-14-19-149)
内田博幸(20-18-17-172)
田辺裕信(14-20-30-151)
柴田善臣(12-11-10-136)
福永祐一(11-8-8-55)

過去5年の東京芝1600mの騎手成績になります。
成績上位の戸崎騎手はプリモシーンで桜花賞からの巻き返しを期待します。
また、上位人気が予想される田辺騎手(テトラドラクマ)と福永騎手(ミスターメロディ)の手綱さばきや好調川田騎手(パクスアメリカーナ)も侮れませんね。

まとめ

冒頭でもお伝えしましたが皐月賞組VS桜花賞組VSマイル路線組の図式が成り立つレースとなっていますが、今年は皐月賞からの転戦馬はなく、桜花賞からアンコールプリュ、トーセンブレス、プリモシーンが参戦するにとどまっていますね。
ただ、今年はファルコンS覇者ミスターメロディ。
ニュージーランドT覇者カツジ。
アーリントンCタワーオブロンドンと各前哨戦を制した馬たちが勢ぞろいしていて、非常におもしいメンバーが揃ったと言えるでしょうね。
それだけに、非常に難解な一戦になってもいるのですが(笑)。
個人的に、例年以上のレベルだった桜花賞組の3頭に頑張ってもらいたいものですね。
はたして、今年はどんなレースになるのか。
レース当日を今から楽しみに待ちたいと思います。

ちなみに、現段階で注目しているのは人気ブログランキングです。

それでは、上記データが皆様のお役に立つことができれば幸いです。

   

 - 寝ないで考えたレース見解 , , , , ,